« 「リンネル」買った? | トップページ | 今度はsi-si-si 風 »

2008年3月30日 (日)

「早矢仕ライス」名前だったのか。

Photo

アンティークの講習会があり、
東京フォーラムまで出かけた。(有楽町)
桜の木は無かったが
チューリップの花がたくさん咲いていて、写真を撮っている人が多い。
わたしも1枚。ぱちり。

講習終了後は、
「ターシャ・テューダー展」に行こうと思っていたが
講師の方にお茶に誘われ、とても光栄に思い
ターシャは、あっさりと諦めた。
女性同士のおしゃべりは思ったよりも(想定内?)長くなり、
時刻も6時を過ぎてしまったので、東京駅周辺で遊んで帰ることにする。
(だんなを、長く待たせてしまってあせったが、
 ひとりでのびのび遊んでいたようだ。)


まず、本好きとして1度は行って見たかった
丸の内 オアゾ』へ行く。(丸善が入っている。)
お腹がすいているため、早速レストランを探す。
選んだのは、「M&C cafe」
丸善名物のハヤシライス、早矢仕ライスが食べれるお店である。

「早矢仕ライスとは、丸善創始者の早矢仕有的(はやしゆうてき)
が幕末の頃に生み出した料理だと言う。
更に、早矢仕有的は福沢諭吉の弟子であった」という、いわれがある。
(お店のパンフにそのようなことが書いてあった)
いわれは、どうあれおいしいのであろうか?
少々不安を感じ、1つはカレーにする。

Photo_3 

「季節の野菜カレー」
盛り付け方が、きれいだったので
参考にしようと、写真を撮る。
肝心の早矢仕ライスは、
色が濃いためコールタールのように写ってしまう。
白いものは、チーズ。
果たして、食してみると

Photo_4



早矢仕ライス、おいしかった~~

カレーももちろん、おいしいのだが、
やっぱり、早矢仕ライスは他で味わえないおいしいさ。
1つをカレーにした事を、すごく後悔する。

早矢仕ライスのソースは、少し甘かった。
どこかで、この甘さは感じたことがある。と、しばし考えたところ、
「ナポリタンのケチャップの甘さに似ている」と
個人的見解は落ち着いた。
写真を見ると、思い出して又食べたくなる。
東京(東京の東京駅)に行ったときは、又必ずここに寄ろうと思う。



お腹がいっぱいになり、オアゾにいるのだから即、
本売り場に行けばいいものの、
今度は食後に甘いものが食べたくなる。
甘いものは苦手なくせに、
せっかく、東京に来たのだから
 世界に名だたる『TOKYO SWEETS』を食べて行かなければ」

と、欲が働くのである。

でも、オアゾには、気に入ったsweetsがなかった。
そして、又以前より行ってみたかった
『フェアリーケーキフェア』を目指すことにする。

フェアリーケーキフェア に続く


Antique Sampler トップページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ よかったら、1クリックお願いします。

|

« 「リンネル」買った? | トップページ | 今度はsi-si-si 風 »

おでかけ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/12010663

この記事へのトラックバック一覧です: 「早矢仕ライス」名前だったのか。:

« 「リンネル」買った? | トップページ | 今度はsi-si-si 風 »