« 音衛門、まいったでござる。 | トップページ | ローズマリーの記憶 »

2008年4月 9日 (水)

ミハエルの誘惑

Photo

銀座は私にとって、まぁ安心できる街であった。
なぜなら、
お気に入りのブランドの服を扱うお店や
雑貨屋さんがないから、
散財を心配しないで、ゆっくりと歩けた。

(しかし、『ジャーナルスタンダードLessage』が
 open してしまった。
今やこの前の道は歩かないようにしている)

三越店内も、まぁ大丈夫であろう。
時間があったのでスィーツを見る前に、
店内をぶらぶら眺める。
そして、いつも何となく遠くから眺めるだけの
ミハエル ネグリン』 に近寄ってしまった。


ここは、イスラエルのデザイナーによる
コスチュームジュエリーのブランドであるのだが
いつもは、アクセサリーに目が行かず
ヴィクトリアン テイストのカードなどを眺めていた。
でも、銀座三越店内では、売り場面積が少なく
アクセサリーしか扱っていないようだ。
離れようとしたところ、店員の女の子が

「お客様の雰囲気だったら、
うちのお品は、お似合いになりますよぉ~」

と、声をかけてきた。

う、うそっ!)
セールスの常套句と採るとしても、
とても、そうは思えない。
今まで、ミハエルネグリンの輝きはきらびやかすぎて
誰が、こんな派手なものをつけるのだろう?
ドレスを着ないと似合わない感じだけど?
やっぱり、ゴージャスなスタイルの方々が愛用するのだろうか?
その割に、売り場は若い女の子がほとんどだけど・・・

と、ずっとその購買層を疑問に思ってきたのだ。
(お値段的には、本物のゴージャスな人は買わないであろう、
 買いやすいプライスである。)

わたしはその時、ゆるめのナチュラルスタイル??
(どんなスタイルだ。それ。
 ビュルデのブラウスに、SH-HIRAIの膝丈スカート、
 スパッツ、レペットを履いていた。)
どう考えても、この準ほっこりに
原色の輝きのアクセサリーは似合うと思えなかった。


「似合うわけ無いけどなぁ」と思いながら
ちょっと、覗いてみる。
試しにつけてみると、「うわっ、キラキラ」
着けているうちに「案外いいかも」と思い始める。
私の選んだものは、特に原色系でなく、
ベージュ系だったので、違和感も少ない。

そして、あっという間にハマってしまった。
欲しくなってしまった。
「みなさん、色をコーディネイトされて買われていきますよ」
というので、
ベージュ系で揃えてみるかと思い
いろいろなアイテムをみせてもらうが
やっぱり、ネックレス、ブレスレットとなると、
キラキラ具合が初心者にはついていけなかった。

まよった末、指輪と髪留めを購入。


勧めてくれた彼女を見ると、
パレッタ2つ、髪留め5本くらい、ネックレス2~3本にピアス
ブレス2~3個、指輪5~6個とつけているのが
とてもかわいい。
「すごく、かわいいね~。色も合ってるし、
 コーディネイトしているの?」
と、聞くとそうだという。
「じゃあ、他の色のバージョンとかもあるの?」と聞くと
もちろん、YES!
給料、ほとんどこれに、かけてますから」との事。


好きなものに、損得考えず、ドーンと投資する思い切りの良さ。
私は、こういう人が大好きである。
ジャンル問わず、こんな人の話が聞きたいし、
こんな人から買い物したい。

そんな人から買えて、ラッキーであった事を告げ
売り場を去る。

その後、家事をするのに邪魔になるので
夜なると、取り出してつけてみる。
「本当に、似合っているのかなぁ?」と口にだすものの
内心では案外、気に入っている。
「私も思い切って、全身ミハエルネグリンにしたいなぁ 」と
とんでもない欲望がむくむくと湧いてくる。
(そうなると、ファッションも変えねばならないだろう。
 大変な投資である。)

家の近所にも、
ミハエルネグリンを扱っているお店ができたみたいだし、
今日にもそのお店に行ってみたい勢いである。

やっぱり、デパートを舐めたらあかん。
なにかしら、欲しいものを用意して待っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ 1クリック、よろしくお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« 音衛門、まいったでござる。 | トップページ | ローズマリーの記憶 »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/12409913

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエルの誘惑:

« 音衛門、まいったでござる。 | トップページ | ローズマリーの記憶 »