« 実物スースースーだけど。 | トップページ | 第2回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~ダンボールの思い出~ »

2008年4月 2日 (水)

『りぼん』のお花見セット

Photo

実家の書類を整理していたら、
めずらしいものが出てきた。
昔の「りぼん」の付録である。
ちょっと、ググってみたら、1970年代後半から
1980年代初めの頃のものみたいだ。

りぼん乙女チック3羽ガラスといわれた
陸奥A子』『田淵由美子』『太刀掛秀子』のものは
使ってしまい、ボロボロだがそれでも、まだ取ってあるものがある。
(恐ろしく、物持ちがいい)
この時は、多分4コマ漫画家とギャグ漫画の方たちによる
異色の付録セットだったのだろう。
(待てよ、セットであったかどうかは不明)

みを まことの『キノコ・キノコ』のイラストがあるものは、
(左上)昔、新幹線などで使われていた
広げて使うタイプの紙コップである。
右上はみよしららの『マホーランドのマジョリカ』
紙のおてふきが入っている。(のであろう)
下の2つは土田よしこのコースターである。

(多分セットであったなら、ピクニックセットとか名前がついてそう。)

Photo_2
(裏はこんな感じ)
Photo_3


季節柄、お花見も兼ねてちょうどいい。
使ってみようか




など太っ腹なことは到底思えない。
ここのところブログで、
洋服についての愛を語ってしまったが、
一番、愛情を注げるのは、昔の漫画であろう。
(現在の漫画も、もちろん好きです。)
(いや、お洋服とマンガは別物です。)

これを発見してしまったことで、煩悩が生まれた。
今まで忘れていたくせに
『マホーランドのマジョリカ』が読みたくなってしまった。
(『キノコ・キノコ』は、この間復刊されていたので
 いつでも読めるだろうという、驕りがある。)
『マジョリカ』は、入手困難だろうな・・
遠い目になる。

4年ほど前に、私は大きな夢をほぼ達成した。
それは、漫画家の山岸凉子の作品を全部所有することである。
(あと、1冊だけ入手できないものがある。
 これは、もう無理かもしれない。イラスト集は集めていない)

家周辺の古本屋さんのみならず、神保町もモチロン、
旅に出かければ、必ず現地の古本屋さんもチェックした。
オークションであまりの高値に諦めたり、競り勝ったり。
そうして、集め終わった時には、
うれしさよりも寂しさが勝ってしまった。
「あぁ~、これでもうお凉様の昔の作品には出会えないんだ~」
喪失感に打ちのめされた。

でも、まだまだ他に読んでみたいものはあった。
今度は『マジョリカ』か。
どんな形でめぐり合えるのか、楽しみである。



(マンガ好きの方、よかったらたまに
本好きのスターバックスマニア で、マンガのこと書いています。よろしくお願いします)


ブログランキング・にほんブログ村へ  よろしかったら、1クリック1お願いします。



Antique Sampler トップページヘ

|

« 実物スースースーだけど。 | トップページ | 第2回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~ダンボールの思い出~ »

レトロ・懐かしグッズ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/12138725

この記事へのトラックバック一覧です: 『りぼん』のお花見セット:

« 実物スースースーだけど。 | トップページ | 第2回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~ダンボールの思い出~ »