« 京都西陣、妄想への味 | トップページ | GW世田谷CAFE巡り 2/3 »

2008年5月 6日 (火)

GW世田谷CAFE巡り 1/3

Photo_8

我が家のGWは毎年、
だんなの仕事の関係で全く無いに等しい。
結局、日曜日しかお休みにならなかった。

貴重な1日をどう過ごそうと考えた結果、
普段行きたくても、行けなかった
東京のCAFE巡りをしよう
という事になった。
(本当は軽井沢に行こうと思っていたのだが
あまりの混雑振りに断念した。)


世田谷はCAFEの宝庫だよ~~。

しかし、世田谷に普段用事はないし、
私鉄で移動しなければならないため、
なかなか出かけていくのに
めんどくさい土地であった。田舎モノにとっては。


今回、どうしても行ってみたかったのが
経堂の『ROBA ROBA CAFE』

「ロバロバカフェ」さんは

カフェ&ギャラリーで、
いつも作家さんの作品展示を行っているようだ。
そして、ミニブックが多数、置いてあるという。
今回の展示もなんと、古本市
(行ってみたいが、すぐには行けない関西のお店)
大阪の「ちょうちょぼっこ」さんも参加
されているという。
Shop_card_2 





 ←shop card たち









あぁ~~~、否が応でも期待がたかまる。
ドキドキ。
早足になるのを押さえながら、歩く。

途中、気になるお店もあり、
思わず足を止めてしまうが、先を急ぐ。
Photo_9

Photo_12 



あった!!





急ぎ、店に入り、
とりあえずは古本を物色する。

Photo_15   
 
 普段は展示スペースで
 あるで、あろう場所。
 
 ここに古本が
 並べられていた。
 











Photo_17  

 ミニブックのコーナー







ひと通り、興奮気味にながめ、物色したあと、お茶にする。

Photo_23 

コーヒーを頼む。
出てきたカップは、(多分作家モノで)
ロバロバカフェの名前入り。
コレがもし、販売されていたら、
私はきっと買って帰った。かわいかった。


しかし、ロバロバカフェさんは、
私にとっては、落ち着かない場所である。
音楽は好みのものが静かに流れ、
他のお客さんたちも、
とても静かに本を物色なされている。
それなのに・・・落ち着かないとは。

そう、席につくものの
1分も経つと、
また本を見てみたくなってなってしまうのだ。

大人しく、座っている暇などない。


そして何かの折に、
お隣の人の会話が鮮明に聞こえてくる。

「駅の向こうの、おじいさんとおばあさんが
 やっている古本屋さんが」

「もう1件、漫画専門の古本屋さんがあって」

「3件ありますね、駅の向こうには」


とても、興味深いセンテンスだ。


私は、私よりとなりの席に近い
だんなに合図を送る。

「聞け!」
「聞け!古本屋の場所を」

「耳をすませろ」


一生懸命、念じながら表情で訴えるが、
やっぱり、こういうところにくると、
普段以上にボーッとしてしまう、
だんなには通じなかった。
「何?どうしたの?」しか繰り返さない。

この男には無駄だった。

Photo_24

買ったのは、2冊。

三宅艶子の『ハイカラ食いしんぼう記』
(この本が手に入ると思わなかったよ。
 ラッキー!
 ずっと、欲しいと思っていた。)

森田たまの『ヨーロッパ随筆』
(これ又、すばらしい。
 例え、森田たまでなくても、
 ヨーロッパ旅行の古本はたまらないのに。
 「たま」とは。)


いかにも、古本好き乙女
(乙女でないのは、重々承知しているが
 古本の世界に関しては、乙女の表記で通したい)

が、選びそうなセレクトで少々気恥ずかしいが
私の中では、とてもベストな選択であった。
よかった!
わざわざ埼玉の田舎からやってきて
手ぶらじゃあ、寂しいことでした。


ロバロバカフェさん、とても気に入ってしまった。
お店の方も、笑顔が素敵な人だった。
また来てみたいなぁと、激しく思った。


GW 世田谷CAFE巡り 2/3 につづく

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ よろしかったら、1クリックどうぞ、お願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« 京都西陣、妄想への味 | トップページ | GW世田谷CAFE巡り 2/3 »

cafe&shop」カテゴリの記事

おでかけ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/20798362

この記事へのトラックバック一覧です: GW世田谷CAFE巡り 1/3:

« 京都西陣、妄想への味 | トップページ | GW世田谷CAFE巡り 2/3 »