« いちご祭り 二日目 | トップページ | 第7回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~未知との遭遇~ »

2008年5月28日 (水)

乙女の文通

Photo_6 

実家を片付けていたときに、
出てきた手紙の束。
50通くらいあった。

消印は大体、
昭和28年から32年
(なんと、最古のものは55年経っている。)

もう、孫がいる叔母が
お嫁にいくなんて、まだまだ先。
まだ、若かりし高校生の頃、
文通していた人からきた手紙だ。

文通、この響きだけで
  なんて、乙女なの。きゅんとくる。)


手紙の中身をみることは、はばかれるので
封筒やハガキだけ眺める。

山口縣都濃郡都濃町
山口縣下松市花岡大黒町
高知県中村市
和歌山県有田郡箕島町

地名だけで、うっとり
もう、現在では残っていないような地名。
(現存しておりましたら、すみません)
同じ日本ではなく、物語に出てくる町みたい。


男の人とも文通していて、
まぁ、なんておませな叔母 !
と、思うものの、
暑中見舞いのハガキの内容は

思うように勉強がはがどりません。
 お互いにこの夏休みを健康で明るく過ごしましょう


との事。
あぁ、これはこれでたまらないな。
清く、正しく、美しく

切手はみな、同じ。
ワントーンなのが、とってもレトロ。
そして、封筒の宛名は、万年筆で縦書き。
サイズはとても小さなものもある。
そして今では考えられないほど、かわいい

Photo_7

Photo_8

こんなかわいいものが
本当に日本で
普通に流通していたのでしょうか?

(雑貨屋さんなど、もちろん無い時代。
 町の文房具屋さんで売っていたんだよね?)


乙女な女子に健全な男子が暮らす国。
あぁ、行ってみたいなそんな国。
(特に、山口縣花岡大黒町あたり)

これから、夢見心地に妄想にふけります。

遠い空の皆様、御機嫌よう。
左様奈良

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ よろしかったら、1クリックお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« いちご祭り 二日目 | トップページ | 第7回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~未知との遭遇~ »

Post card」カテゴリの記事

レトロ・懐かしグッズ」カテゴリの記事

コメント

昭和の旧き時代をひしひしと感じてしまいました。 手紙に貼ってある切手、古いですね。私は以前切手を集めていたことがあるので興味を持ってしまいました。今度調べてみます。

投稿: ミヨチ | 2008年5月28日 (水) 13時37分

ミヨチさん、こんにちわ~~。
是非切手のこと、分かったら教えてくださいね。
消印がついていても、価値があるんですかねぇ~?
表示代金はなんと10円でした。

投稿: にゃにゃ | 2008年5月28日 (水) 14時38分

遅くなりましてごめんなさい。この手紙の切手、カタログで見つけてみました。使用済みの評価価格は四十円でした。もう少しよいのではないかと思ったのですが。古い切手結構好きです。

投稿: ミヨチ | 2008年6月 2日 (月) 11時29分

ミヨチさん、こんにちわ。
調べてくださってありがとうございます~heart04
40円ですか。
本当に、もうちょっと高いかと思いましたね。
実は母方の祖父が郵便局員だったため、
古い切手、結構たくさん持っているんですよ。
「月に雁」「見返り美人」とかもあるのですが、
あまり期待できないかもしれないですね。

投稿: にゃにゃ | 2008年6月 2日 (月) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/21002121

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女の文通:

« いちご祭り 二日目 | トップページ | 第7回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~未知との遭遇~ »