« いつもありがとうございます。そしてよろしく。 | トップページ | 最高にかわいいほっこりさん(第9回ビフォーアフター) »

2008年6月25日 (水)

第8回私の古民家ビフォーアフター実例~再度ゴミ処理場~

Photo

不用品大量処理計画 第2回目

第7回 私の古民家ビフォーアフター実例 ~未知との遭遇~
より、つづく


外の物置にあったものを処分。
なんだってこんなものが
 (取ってあるのか)」と
思わずうなる品々が次々と発掘される。

おかまは、思わずとっておきたくなったが
1つを残して、処分(ばっちい)

(写真は
 ゴミ処理場に並べられた我が家のゴミ)


雑誌等は、
イマドキのちり紙交換の人は
持っていってくれない。
(雑誌はリサイクルできないらしい)
ゴミ処理場にもっていこうと
まとめていると、
どこからともなく近所の人がやってきた。

そして、「自分でひきとる」と言い出すのだ。
以前にも何度か、雑誌をまとめていると
どこからともなく現れては、
持っていってくれた。
Photo_4

しかし、今回は人間の心理として?
ゴミの総重量がどこまでいくか
高い数字をあげてみたいのだ。

本の重さにはかなり、期待していたのに。

そして、その中には
今回は学生時代のノートとかも
混ざっているため
私としては、一刻も早く
焼却処理をしたかったのだが、
押し切られてしまった。
近所のおじさんは、台車も用意し
全て持ち去ってしまった



(そんなことは無いと思うが)
万が一、今でも私のそのノートが現存し
クダラナイ書き込みなどあり、
それが
人目に触れるかもしれないと、考えると
とてつもなく、憂鬱になる・・・

Photo_5

写真は、生ゴミの穴。
前回の不燃物の穴よりも
はるか果てしない世界が広がっていた。
間違っても、この中には落ちたくない。

今回の結果。
健康診断の数値を見るようで、ドキドキする。


Photo_6   

結果は330kg。

この数値だけでも、
1件の家が出す量としてはすごいと思うのだが
私はまだ、
「本があればなぁ~」
「本があれば400キロはいったのになぁ~
」と
いつまで経ってもあきらめられなかった。

(つづく)

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

以前の記事、及びこの続きは
カテゴリー 『古民家ビフォーアフター』で読めます

最高にかわいいほっこりさん(第9回ビフォーアフター)
につづく

Antique Sampler トップページへ

|

« いつもありがとうございます。そしてよろしく。 | トップページ | 最高にかわいいほっこりさん(第9回ビフォーアフター) »

古民家ビフォーアフター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/21879953

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回私の古民家ビフォーアフター実例~再度ゴミ処理場~:

« いつもありがとうございます。そしてよろしく。 | トップページ | 最高にかわいいほっこりさん(第9回ビフォーアフター) »