« ほっこりの次は、これに決めた!! | トップページ | 頼もしいジャグ »

2008年7月29日 (火)

私のけわしいケモノ(キモノ)道

Photo


『kimono姫、ゆかた編』

表紙の蒼井優ちゃんのユカタ
すごくかわいかった。
クレジットを読むと、Tsumori chisato
ツモリチサト だ~~。

すぐに
「いいな、ツモリ~。」
憧れの世界に突入だ。

ほっこりの次は、これに決めた!!
 より、続き


でも、近所のショッピングモールを
覗くが、
SEIKO MATSUDAは、無論、
(松田聖子もユカタ、出してるんですね)
ツモリなんて、売ってませんでした。

帯だけ、ツモリを発見したので
あきらめてユカタは別のものを購入。


しかし、先日
都内の某デパートで食事をしようと、
エスカレーターで移動中、
運悪く?
催事場を通りかかった。
もちろん、今の季節
催事場は浴衣フェア

私はここなら、Tsumori のユカタを
拝めるかも。
(もちろん、もう買うことはしまい!)との
覚悟の上、ツモリ発見に勤しんだ。


あった!!
表紙の蒼井優ちゃんと、同じユカタ。
そうして、よせばいいのに、
店員さんにすすめられるまま、
フラフラ~と、あわせてみる。

と、遠くから
おば様たちが3人やってきて、
「いいわねぇ~。しぼり?」
「すてきねぇ~。やっぱり違うわねぇ~」
「遠くからでも、すぐ判ったわ~」
と、絶賛しはじめた。
そのユカタを。
(もちろん、サクラではなく、一般のお客さん)

私に向けられている賛辞ではない。
そして、モチロン
このユカタも私のものではない。
私は段々居たたまれなくなっていった


そして、店員さんに
「そんなにこれ、いいものなんですか?」と
トンチンカンな質問をすると、
しぼりのユカタは、格が高く
これなら、(浴衣イコール寝巻き)ではなく
普通の着物と同じ。
どこへ出ても恥ずかしくないというのだ。

あぁああ、(めまい)
このユカタなら、私の長年の憧れ。
ホテルで着物でお茶が実現できるのか

とたんに目が星になる。
(星になったように感じる)


しかし、値段もすごくネックだが
(やっぱ、他のものに比べて高い)
『蒼井優ちゃんが表紙で着ていた』
というのも、
私にはすごくハードルが高かった。


蒼井優ちゃんと一緒。
蒼井優ちゃんと一緒。

心の中で繰り返す。


100万人いても誰も
(あまりに違いすぎて)
私と蒼井優ちゃんを比べてみようなんて
人はいないかもしれないが、
とにかく、恐れ多い。


でも、『着物に同等する格』
という言葉に、負けてしまった。
買ってしまった。
分割払いで・・・

お店の人からも、
(対応してくれた店員さん以外の人)
「あれにしたんですね。」
「あれはいいものですよ~」
「ありがとうございます~」
など、と2~3人に声をかけられた。

やっぱり、あの値段の浴衣を買う人は
とんだ道楽モノなのだろうか??
かなり、ドキドキし
後悔しはじめるが、もう戻れない。

だんなにも、さすがに、おこられちゃったよ

「自分で着れるかどうか、わからないのに、
 2着も買ってどうするんだよ!」

って。

「着れるもん。着れるはず。」


私は遠い昔、日本舞踊も習っていた。
(半年だけ。根っからの稽古好きだ)
そのお稽古の時には、自分で浴衣を着たのだ。
形はどうあれ、
とりあえず着た!
この事実がある。




帰って、早速着てみるが

あれ、あれ??

すごく変。

練習すれば、どうにかなるかもしれないが
これで外出はできない。


ツモリの浴衣、
もう、着ないわけにはいかない。
私の中では
「洋服はワンシーズン、持っても5年くらいだけれど
 この浴衣なら、10年くらいは着れるだろうから
 お得だも~~ん。」
と、都合のいい言い訳を考え付いていたが
着れないことには、何にもならない。

そして、泣く泣く
更なる資金投入に踏み切ることにした。


そう、とうとう着物教室に通うことにした。
車で30分くらいのところに見つかった。
いつも、お稽古というと
都内まで片道2時間くらいかけて通っていたのだ。
車で30分なら、スタバに行くように気楽に通えるさ。
そう思い、通い始めた。


第一回目。
たたみに正座になり、教科書を読む
『縄文の時代から現在までの着物の歴史』

生徒は2人。
目を開けたまま、頭をからっぽにし
時が過ぎるのをひたすら待つ
眠くはならない。
正座した足が少し、痺れているから。

あぁあああ~、これを乗り越えないと
着物を着れるように、ならないんですね。

次回は、又又
半襟のつけ方。
お裁縫の時間になるようです

いつになったら、着物に袖を通せるのでしょうか?

今年の夏に、ツモリは間に合うのか、どうか?
こうご期待。


(早く、一緒に買った
 『いせ辰』の手拭も使いたいものです。)

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

. Antique Sampler トップページへ

|

« ほっこりの次は、これに決めた!! | トップページ | 頼もしいジャグ »

ほっこりファッション」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

もう、キモノ道へまっしぐら!ですね^^
にゃにゃさんなら、すぐにご自分で上手に着る事が出来るようになりそうだわ♪
いいものは飽きがこないと思うので、これから年を重ねても長く着る事が出来そうですね。
素敵な浴衣姿をぜひ拝見してみたいです。


着物にエバゴスやGASAって・・・すごく斬新ですね!
私も、そのコーディネートを見てみたかったです。

投稿: mana | 2008年7月30日 (水) 20時51分

なかなか着物を一人で上手に着付けるのには学びが必要なのですね。
自分で自在に着物を着れるとはなんて素晴らしきことでしょう!
がんばってください!
お洒落の世界がひろがりますね。

投稿: ミヨチ | 2008年7月30日 (水) 20時54分

manaさん、こんばんわ~。ありがとうございます。
でも、わたし右と左がとっさに分からないんですよ。
(お馬鹿)
右と左のあるものは、とても苦手。
特にヒモをちょっと変わった風に結ぶことなど、
いくら説明されても理解できません。
だから、ずっと着付けは避けてきたのだけれど・・・

『おせん』のHPまだ、ありますよ。
かわいいから、是非行って見てheart
http://www.ntv.co.jp/osen/fashion/01.html

投稿: にゃにゃ | 2008年7月30日 (水) 22時52分

ミヨチさ~ん、本当にそうですね。weep
頑張って、早くひとりで着られるようになりたいです。
でも、着物を着るには、案外広いスペースが必要なんですね。(まぁ、畳2畳くらいあれば、OKなのですが)
物が多い我が家は、まずは、場所作りからです。

投稿: にゃにゃ | 2008年7月30日 (水) 23時02分

早速教えて下さったサイトへ飛んでみたら・・・か、かわいいっ!
着物に、水玉の日傘やエバゴスがこんなにも合うなんて!
目の保養になりましたよ~^^

投稿: mana | 2008年7月31日 (木) 00時17分

manaさん早速、いってみてくれたんですね~
水玉日傘のコーディネイト、特にかわいいですよね。
私は、Fogのエプロンをしていたところも
感心しちゃいました。

投稿: にゃにゃ | 2008年7月31日 (木) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/22559602

この記事へのトラックバック一覧です: 私のけわしいケモノ(キモノ)道:

« ほっこりの次は、これに決めた!! | トップページ | 頼もしいジャグ »