« こっちを選んだら | トップページ | 花を想う容す のカフェ »

2008年7月13日 (日)

お持ち帰りエーグル、これ又スバラシイ

Photo_9

さて、エーグルドゥースの焼き菓子部門。

新製品の『グレープフルーツの焼き菓子』にも
引かれたのだが
(試食があった。
 普通のカトルカーの味のあと、
 最後に
 グレープフルーツの酸味がやってきた。
 すごいな、どうしたらこんな風に
 ちゃんと風味をのこせるのだろう??)

見た目がかわいい、
基本のフルーツの焼き菓子にする。
『ケークオーフリュイ』
(お皿から、はみ出しちゃってるのはご愛嬌)


そして、ふと食べたくなって1つ。
『バナーヌココ』 (バナナのパイ)

Photo_10
これまた、大正解だった。


フォークを入れた瞬間

「おいしい!!」

と、思った。



こんなの初めてだった。
予知?

食べてもいないのに、
心の中で、おもわず「おいしい」という
言葉がこぼれた。


パイ生地、モチロンさくさく
パイ生地にも
バナナの風味が感じられるのは何故?
中には、フランべした?バナナが入っている。
紫色がとてもきれいに出ている。

お砂糖のつぶが少し甘かったけど
それは1つのアクセントとして
受け入れられた。
甘いけれど、甘さだけではないので
おいしく食べられた。


これひとつで1日満足。
またしても、パティシエの世界が(主張が)
(口の中に広がる)感じ。

本当に大人のための焼き菓子だ。
超絶的なパティシエ焼き菓子に圧倒された。

しかし、ケークオーフリュイも
もちろん、おいしかったのだが
バナーヌココのあとでは、平凡に感じられた。

(もちろん、とてもおいしいのですよ!!)

でも、やはり
(偶然選んだのだが)バナーヌココも
エーグルドゥースでは、名物菓子らしかった?
やはり、定番より
パティシエの渾身の作のほうがすばらしいのは
仕方のないことでしょう。

Photo_11

でも、日に日に口が肥えてゆく。
(身体も肥えたらやばい)

おいしい
カリスマパティシエのスィーツをを食べたら
それ以上のものが欲しくなる。
自分の住む、田舎の地では、
それらを
手に入れることはとても困難。

たまに思い出しては、
食べたくなって
苦しむのだろうな。


薄く、薄く、
買ってきた焼き菓子をカットしてはラップ。
(風味は落ちるが、背に腹は変えられぬ)

冷凍保存し、
その日に備える本日でした。



追記
前言、撤回。
この記事を書いてから、
数日経った本日。
冷凍したケークオーフリュイを食べたら
とても、おいしい。
やっぱり、とても・・・
あの日は、口が驕っていたな。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

.

Antique Sampler トップページへ

|

« こっちを選んだら | トップページ | 花を想う容す のカフェ »

お菓子」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

見てるだけで涎が出ちゃいます。
とてもフルーティーなケーキですcake
舌は一度美味しいものを食べたら更なるものを求めてしまいますね(怖)

投稿: ルイ | 2008年7月14日 (月) 08時20分

そうなんですよ、ルイさん。
最近、「もっと、もっと美味しいモノが
食べたい」という欲求に突き動かされています。
昨日も尾を引き、おいしいお菓子を探しに、
ふらふらと出かけてしまいました。(結果は後日)
ルイさんの住む場所は、おいしいスィーツには事欠かないのでしょうね~。
大人の男の人が、ひとりスィーツを食べていると、
「この人は、よっぽどの食通なのだな」と一目おいてしまいます。
ルイさんはいかがですか?

投稿: にゃにゃ | 2008年7月14日 (月) 09時39分

おいしそうですね。美味しさが伝わって来る感じがします。お皿もかわいいです。

投稿: ミヨチ | 2008年7月14日 (月) 10時05分

ミヨチさん upwardright
おいしいです!おいしいです。upwardright
やっぱり、本当においしいものは、
私のへなちょこカメラでも、おいしいそうに写りますね。

投稿: にゃにゃ | 2008年7月14日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/22173412

この記事へのトラックバック一覧です: お持ち帰りエーグル、これ又スバラシイ:

« こっちを選んだら | トップページ | 花を想う容す のカフェ »