« スィーツ博にむけて | トップページ | しばらくおさらば、軽井沢 »

2008年7月22日 (火)

ル・ポミエでアントワネットになった

Photo_11

いいんですか、本当に?

オソルオソル
へっぴり腰で撮る。


写真撮影OK
ショーウィンドウまでとっても良いと
仰るのだ。
ものすごい、太っ腹。

「ブログに書きたいのですが
 いいのですか?」
又もずうずうしく尋ねてみると

「ありがとうございます。光栄です」と
お礼をいわれてしまう。

いいんですか、本当に?
わたくしのような、しょぼいカメラとブログで。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

なんだか、緊張してしまって
自分で頼んだくせに、
一刻も早く、終わらせたくて
慌ててシャッターをきるので、
中途半場な写真になってしまった。
お店の人、ごめんなさい。

先日、書いたつづき、( → スィーツ博にむけて )
ル・ポミエ にてである。



Photo_15

従業員は女の子ばかりで楽しそうな雰囲気。
そして、とっても親切。

先週、『エーグルデュース』にでかけ
重厚な雰囲気の中、少々緊張気味に
お菓子を召し上がらせて頂いたばかりなので
あまりのギャップに少し戸惑う。

このお店はフレンチパティシエなので
華やかで楽しい感じなのかな
お店のデザインもオレンジを基調として
親しみやすい感じ。


お店の方、いちおしの
『ヨーヨー・オ・フレーズ』を頼む。


まさしく、これは
マリーアントワネットのマカロン!


とってもきれい。
自分が特別な女の子のように思えてくる
お菓子。

足を投げ出し、
ペティキュアなんかしてもらいたくなっちゃう。
(でも、実際は、もちろん
 わたしはペティキュアなんかするガラではない)

中の色も鮮やか。
木苺のムースがはいっている。
きれい。きれい。
(そして、
 このムースはバラの香りがするらしい。
 食べるのに夢中で
 においを嗅ぐのを忘れた。
 でも、まさしく無駄に贅沢なのが
 王妃気分を盛り上げてくれることだろう)

ここで、なんとしたことか!!
(肝心なときに)
デジカメの電池が終わってしまう。
こんなときに限って~~


仕方なく、携帯で撮影。

Photo_16

だんなが頼んだのは、
これまたお店のひと、おすすめの
『ミルフィーユ』

たぶん、期間限定。
間に木苺がはさまれていた。
カスタードはとても濃厚なのに
木苺の酸味がとてもきいていた。

こんなに酸味のきいたお菓子は
ひさしぶりだった。

(自由が丘のモンサンクレールで味わって以来)

マカロンといい、
木苺の酸味といいい
やっぱり、日本人パティシエの作るものとは
違うなぁと、思った。
フレンチらしいお菓子がとてもフレンチらしかった
(当たり前なのだけどね。)

満足した。


しかし、その後がまずかった。

ついつい、生クリームが食べたくて
苺のフレジェを頼んだ。
(これ以外はみな、ムースだった)

・・・

これは、ヤハリ
日本人の苺ショート好きにあわせて
むりやり作ったものではないか?

表面の赤が朱色に近くて
(写真5枚目、右)
「なぜ、こんな色が出せるの?
 さすが、色彩感覚豊か」と、
思って、食べてみたら、
jamの下にホワイトチョコレートが敷いてあった。
生クリームも
ぼとっ、と固まりでおちるほど固い。

・・・

(好きな人には、たまらないかもしれないが)
私は、超日本人舌なので
これは苦手だった。

やっぱり、フレンチパティシエの店では
『フランス洋菓子以外頼むのは邪道』
この原則を
(あくまでも、自分で作った原則です)
忘れていた、私が悪いんです


でも、すごくかわいく、楽しい
お菓子を作っているお店でした。
店名にもなっている
りんご関係のお菓子を食べてこなかったのが
残念。
秋になったら、また行ってみようと思う。

オーナーシェフ
フレデリック・マドレーヌ

なんて、可愛い名。
お菓子を作る人にぴったり。
お菓子作りの本もだしてます。
ダロワイヨのシェフパティシエを
やっていた方です。


でも、スィーツ博にむけての下見は
充分という気になりました。
あとは、でたとこ勝負だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

.

Antique Sampler トップページへ

|

« スィーツ博にむけて | トップページ | しばらくおさらば、軽井沢 »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

親切で気持ちよさそうなお店ですね。
私も行ってみたいです。

投稿: ミヨチ | 2008年7月23日 (水) 23時11分

明るい雰囲気で良いお店でしたよ。
売り切れになっていたけれど、
お花のケーキがとてもかわいいです!!
行かれることがあったら、ミヨチさん、そちらを是非!!
(感想も聞かせてね)

投稿: にゃにゃ | 2008年7月23日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/22285400

この記事へのトラックバック一覧です: ル・ポミエでアントワネットになった:

« スィーツ博にむけて | トップページ | しばらくおさらば、軽井沢 »