« 再び、ネストと温泉へ | トップページ | エーグル・ドゥースの世界 »

2008年7月10日 (木)

乙女至福の音楽会 ( naogoro ) 

Photo_15
ずっと、ずっと楽しみにしていた
イベントがあった。

でも、母の具合が悪かったので
「行けるだろうか?
 とりあえず、予約をしておくか」
と、思っていたイベントだった。

まさか、その間に
母のお葬式があるなんて、思っても見なかったが
お葬式のゴタゴタも済み、
ちょうど落ち着いてきた頃、その日はやってきた。

東京は自由学園で行われる
naomi & goro のライブである。


Photo_16

自由学園。明日館(みょうにちかん)と
言えば、
かの帝国ホテルを設計した
フランク・ロイド・ライトの設計

かならず、その手(どんな手?)の雑誌に
東京お散歩スポットとしては
はずせない場所として紹介されている。

そして、私はとりもなおさず、
古い建物マニアなのだ。

『江戸東京たてもの園』や
http://www.tatemonoen.jp/
『明治村』
 http://www.meijimura.com/
に行けば、
100枚200枚
「いいね~、いいね~」と写真をとりまくる。

もちろん、取るのは、建物のみ。
人物が入るなんて、トンデモナイ!
(デジカメが無かった時代、
 現像代は1万円近くいった)

そんな聖地で
CAFE musicのカリスマnaomi & goroが聞ける!
とっても、newsな出来事ではあるまいか。

ずっと、楽しみにしていた。
このライブにあわせて、お洋服も買おうとした。
(でも、時間がなかった。残念)


しかし、明日館は
結婚式のため、見学できなかった。
でも、遠くからでも
お嫁さんが見れたので、良しとしよう。

Photo_17

ライブが行われるのは、講堂。
こちらは、遠藤新設計なのだが
とても、素敵だった。

たまらん、たまらなくガーリー

Photo_18

2階席。

Photo_19

そろそろ、始まるよ。
下にもどろう。

Photo_20
会場には、tico moonの音が流れている。
やっぱり、ほっこり。

そして、naomi & goro 登場
goro さんは、
紺と白のボーダーTシャツに紺のカーディガン
そして、デニム

naomi さんは、グレーのカーディガン
花柄フレアスカートに
白い刺繍のついたデニム。

(やっぱり、ナチュラルファッション。)
(お客さんも観察したが、
 10人にひとりぐらいが、ほっこりさんだったようだ)


今年はボサノバ50周年ということで
ジョアン・ジルベルト&ジョビンの名曲を中心に
ライブは行われた。

「天使の歌声」と名高い
naomi さんの生声。
(話し声もとろけるほど、甘い)

目の前でシャボン玉が
パチンとはじけるような印象。

風で揺れる白いカーテンのすそ
シュワーとはじけるソーダ水。



よくある表現ながら、
そんな情景が次々と目の前に浮かぶ感じ。
夏になるのも、悪くないかな と、ふと思う。

(冬に聞いたなら、どんな感じだったろう? 
 きっと、表現するartistも
 今この時の気温、空の色を感じて
 表現しているはずだから
 きっと、違ったものになるはずだよね)


MCを聞くと、とても goroさんが
シャイで照れ屋さんだと、わかった。

naomi さんがリードして goro さんが
答えるのだが、
goro さんは、あがってしまって

「色々話したいけど、表現方法がわからない。
 ・・・
 暑いですね」と、答えるのみ。

goro さんは、
色々なartist のプロディースもしているので
(原田知世さんとかも)
偉ぶっている人かと、思っていたら
とんでもない。
愛すべきパーソナリティの持ち主だった
(これは一番の収穫だった)


そして、ライブが進むにつれて
恐れていたことが・・・

眠くなってきた。


目を閉じ、ボっ~としながら
nao goro を聞く。

とっても、とっても贅沢な時間だった。


外にでると、
目白方面からやってきたのだが
思いのほか、池袋の方に近かった。
『グリル 満点星』に寄って帰る。


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

.

Antique Sampler トップページへ

|

« 再び、ネストと温泉へ | トップページ | エーグル・ドゥースの世界 »

おでかけ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても良い時間を過ごされましたねhappy01
古い建物マニアだったのですねbuilding
心地好いと眠くなりますね。
ボサ大好きです。

投稿: ルイ | 2008年7月11日 (金) 00時11分

このLiVE、私の知り合いも行って来たと言っていました♪
そして、やっぱりgoroさんはシャイな方だと^^
こんなにもガーリーな雰囲気の中でのライブは、本当に至福の時でしたね。
シャボン玉とソーダ水のたとえがすごく素敵で、情景が目に浮かぶようです。
冬だったら・・・真っ白な雪と冷たく澄んだ空気かな?

naomi&goroの歌声をいつか私も目の前で聴いてみたいです。

投稿: mana | 2008年7月11日 (金) 01時08分

ルイさん、こんにちわ。
なんか、催促してしまったようで、
ごめんなさい coldsweats02
私も、ボサノバは気楽な感じが大好きです。
11月にジョアンジルベルトが来日するそうで
そちらも、行こうかどうか検討中です。
古い建物も大好き!骨董好きに繋がるのでしょうか?
ルイさんの住む町もとてもとても憧れの場所です。

投稿: にゃにゃ | 2008年7月11日 (金) 09時56分

manaさん、いいですねぇ~~。
冬の表現。
思わず、白く吐く息が目に浮かびました。
(私はnaogoroは、クリスマスのCDが一番好きです)
manaさんのお友達もこられたのですね!
naomi&goro に自由学園ときたら
ものすごくよい組み合わせで
たまりませんでした。
関西では、『法然院』『くるみの木』など
やはり絶妙な場所で行われたようです。

投稿: にゃにゃ | 2008年7月11日 (金) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540381/22130891

この記事へのトラックバック一覧です: 乙女至福の音楽会 ( naogoro ) :

« 再び、ネストと温泉へ | トップページ | エーグル・ドゥースの世界 »