« りすは仕方ない (10分の大体2) | トップページ | 私がほっこりに見えない理由。(10分の3が欠ける) »

2008年11月14日 (金)

2代目、応援してまっせ。

ふぅううう~~△△△○○○(表記不可能)

みぎゃぁあ~~×××(表記不可能)



うららかな午後のひととき
いきなり、一種、私の感覚を最も鋭くさせる
音声が、とびこんできた。

すかさず、ガラッと戸を開け、
音のするほうに目をむける。




いたいた。見えるところにいた。

が2匹けんかをしていた。 cat vs  cat


おやっ、一匹はシロクロちゃんじゃないか。

『シロクロちゃん、
 いつかはこうなるんじゃないかって思ってたよ。
 がんばれ~~~』

(もう一匹は、赤トラの猫。)

シロクロちゃんは、顔見知りの猫。
そして、
(実際には、近づくと逃げられてしまうので)
何もできないが、後見人として、
見届けることを決意した ノラネコちゃんである



クロちゃん、安心して???

これからは、シロクロちゃんを遠くから応援するよ。

そう、私が勝手に頭の中で
ストーリーを作っているのだが、

シロクロちゃんがうちの周りに現れる前には
およそ、5~6年前から
黒猫(通称、クロちゃん、ヤマト)が
この家の周りを支配していた。



クロちゃんは、いつも夏になると
人通りの少なくなった夜を見計らって
道路の真ん中に、寝ているので
車に惹かれやしないかと、

いつもひやひやしていた。


クロちゃんがいるときには、
車をゆっくりと走らせ、
「クロちゃん、あぶないよぁ~」と車中から
道を立ち退くように声をかけるのだが、
逃げもしない肝の据わった猫であった。


そして、寒くなった冬は、いつも
うちの前の畑でひなたぼっこをしていた。


でも、いつもいつもクロちゃんに会えるわけではない。


しばらく、クロちゃんに会えないと、
(どうしているかなぁ~) と、心配になるけど
心配になった頃、また姿を表したりするので
『クロちゃん、まだ生きてたね、よかったね』と
だんなと語りあったりしていた。


でも、ここのところ、考えてみると
しばらく、クロちゃんの姿をみかけなくなっていた。

クロちゃんを、みかけるようになってから
5~6年経っている、最初から立派な成人猫の姿だった。

「年だからなぁ~ クロちゃん、
 死んじゃったのかなぁ?
 でも、ひょっこり、また姿を表すかもしれないね。」


といっていたら、
今年の夏、ひさしぶりに同じ場所。
道の真ん中で寝ている猫に
出会った。


でも、クロちゃんじゃなかった。
それが、シロクロちゃんだった。


黒地に白ぶち、(もしくは白地に黒ぶち)
模様の猫

「あぁ~~、そうかぁ~~
 クロちゃんの子供だね。
 クロちゃんからこの土地、縄張りを受け継いだんだね」

私は、寂しかったが、うれしくなった。


そして、冬になり、
思ったとおり、このシロクロちゃんも
クロちゃんと同じ場所で、ひなたぼっこをしているので

これは、絶対世代交代が行われたのだ。

クロちゃんが、シロクロちゃんに
このようにして、この土地を守れ~~


と、教え込んだのかと思うと、
自然と2代目を応援しよう!!という気になっていた。



でも、この間、クロちゃんの縄張りでないはずの
ところで、シロクロちゃんを見た。

シロクロちゃん、大丈夫なの~~?
と、思っていたら、
本日のけんか。

まさに、シロクロちゃんの縄張りをほんのちょっと
越えたところで、
戦いが行われようとしていた。



私は、猫のケンカがどのように
終着するのか、見たことがなかった。



本当の『にゃにゃ』がいた時には、
わがにゃんこ、かわいさに加勢したりした。
(バケツの水をかけてやった)

いよいよ、真実がわかる。
期待をふくらませ、成り行きを見守る。


途中、だんなにも、電話をかけ
実況を聞かせてやった。

かなり、猫との距離はあったのだが、
無事聞こえたそうだ。

10分くらい、見ていた。


笑っちゃうことに、途中で
そっぽをむいて、休憩が入るのはなぜだろう???

だから、猫って好き。(ばかっぽい)

でも、それをみている人間の方が
よっぽどバカっぽいのは、自分でもわかっていた。




そのうち、ちょっと飽きてきた。

「状況は変わらないみたいだし、お茶でもいれてくるか」と、

ほんの1分くらい席をはずした。


一際高らかに
「ふぎゃああ~~~」と声が響いた。

やっとる、やっとる。



さあ、シロクロちゃんは勝てるのかなぁ~

と、もどったら、2匹は跡形もなく消えていた。。。。




しまった、
さっきのおたけびが、雌雄を決した瞬間だったのか

あぁあああああ


猫の勝負がどのように、決まり終結するのか、
知るのにまたとないチャンスだったのに。


ばかだ、わたし。

いつも寝てばかりいる猫なので
のんびりやさんかと、思ったが
考えてみれば、猫時間のほうが短い。

あっという間に、シロクロ つけてしまったのだ

残念だった。



わたしは、シロクロちゃんが
この土地を制覇し、
親分になる日を楽しみにしているが
今日の勝負はどうなったのかなぁ。。。。


サッカーの録画が途中で終わっていた時より
残念だった。




追記

Photo
この何が、写っているかわからぬ写真が
最後に見たクロちゃんの姿となってしまった。

窓の外をみたら、クロちゃんがいたので
急いで、写真をとったのだ。
日付は今年の2月20日だった。



追 追記


私のクダラヌ神様。 は、絶好調
(もとい、
 私のクダラナイお願い事ならすぐに叶えてくれる 
 ありがたい神様 heart

この記事を書いた、なんとその晩。
シロクロちゃんに会った。


シロクロちゃんに会えるのは、
1ヶ月に1度くらいなので、すごいタイミングだ!!


しかも、シロクロちゃんは、今までの
縄張りを越えていた。
シロクロちゃんは、勝負に勝ったということなのか!



シロクロちゃんをじっくり観察した。
うん。
毛並みツヤツヤ。
クロちゃんより、だいぶ若い。

これなら、大丈夫。
この地帯を制覇してくれるかもしれない。


しかも、うれしいことにシロクロちゃんは、
車からの私の
「シロクロちゃ~ん」との呼びかけに

「にゃー」と、返事を返してくれた。


もう一度、「シロクロちゃ~~ん」と呼んでも
また、
「にゃー」と、返してくれた。


うれしい、
私のクダラヌ神様を通じて
私の意志がシロクロちゃんに通じたのだ。




わたしは応援しているよ。シロクロちゃんを。

そして、昨日の勝負に勝てたのは、
わたしのサポーターとしての応援が
相手猫をひるませる一要因となったのが
わかったんだね。

と、又、私は勝手に妄想のストーリーを
作り出し、悦にいっていた。



その場を立ち去るのは、名残惜しかったが
車を走らせた。

(降りていくと、さすがにシロクロちゃんは逃げるだろう)

シロクロちゃんはまた
今度は弱く「にゃ~」と鳴いて見送ってくれた。

今度は、車中が臭くなろうが、
にぼしを常備しておこうと決心した。
ファンとしての、当然の気遣いだ。


神様、またクダラヌ、ミラクルをありがとう shine !







ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« りすは仕方ない (10分の大体2) | トップページ | 私がほっこりに見えない理由。(10分の3が欠ける) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃにゃさんとってもメジャーな方なのですね。雑誌に掲載されるなんって!!

ザッとブログ見させていただきました。思ったとおりの素敵な感性の持ち主でした。
若かりし頃憧れていた、インテリア・小物が見事にコーディネートされています。

おばさんにも参考になることがたくさんです。
またゆっくり見させていただきます。

素敵なブログをありがとう

投稿: 気ばかりヤング | 2008年11月15日 (土) 17時07分

気ばかりヤングさん、
いらして頂いてありがとうございます。
とっても、うれしいです。

お褒め頂きましたが、
全然メジャーでは、ありませんよ、ワタクシ。。。。
私から見ると、ヤングさんの方がとっても
メジャーです!!
あのように素敵な個展を開催されて、
本当に、尊敬してしまいます。

私も手作り好きですが、不器用なもので
なかなか、自分流というのが、出来ないんです。
何でも、教室に行ったりして、
やり方を教えて頂かないと、自信持てません。
自分で考えて、創作できる方は、
本当にすばらしいと思います。

私もまた、お邪魔させてくださいね~~。

投稿: にゃにゃ | 2008年11月15日 (土) 21時27分

ほへと千鳥さんへ heart

はじめまして~~
コメント頂きまして、ありがとうございました~。
とてもうれしく拝読させて頂きました。

特に、ebagosの部分には、
ぎゃあああああ~~~~でした。

(できることなら、ほへと千鳥さんのコメントを公開させていただいて、
他に拙ブログをお読み下さっている皆様にも、
「えぇええええええ」と、驚いていただきたいくらいです。
そして、今日はまさに、ebagosにフラフラになり、
帰宅したところに、ほへと千鳥さんから
コメントをいただいておりました。)

ほへと千鳥さんのブログにも、
早速伺わせていただいたのですが、
とっても編み物お上手なんですね。
私も、編み物が一番好きです。

なんだか、本当にスタバで?お会いしてもお話がはずみそうですね~

是非、また遊びにいらしてくださいね。
そして、ずうずうしいお願いですが、
ほへと千鳥さんともっとお話がしたいので、
また、コメントいただけるとうれしいです。
(いつもコメントは、メールのようになってしまうので、
どんな事を書いていただいても、構わないのですよ~)

わたしも、これからは、ほへと千鳥さんのところへ、
ちょくちょく、遊びに行かせて頂きますね。
どうぞ、今度とも、よろしくお願いしますです! wink

投稿: にゃにゃ | 2008年11月16日 (日) 23時08分

ネコって世襲性があるんですね。
あっ、こんばんは。
このネコの縄張り争奪戦の実況はたいへんおもしろいです。
お茶を飲みながらの観戦ができなかったのは残念に思います。

投稿: ミヨチ | 2008年11月18日 (火) 21時42分

ミヨチさん、こんばんわ~~heart
ミヨチさんも、猫好きですか?
猫って子供に縄張りを譲りますよ~

実家に来ていたノラ猫は、
(半分、うちで外で飼っていたようなものです。
いつもエサをあげていたので)
子供がある程度、大きくなったら、
自分は姿を消しましたよ。
それが、3~4世代続きました。
猫の世界にも、仁義と愛があるんですね~

また、シロクロちゃんに会いたいです。


投稿: にゃにゃ | 2008年11月18日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« りすは仕方ない (10分の大体2) | トップページ | 私がほっこりに見えない理由。(10分の3が欠ける) »