« モンブランを求めて | トップページ | クダラヌ神様、大活躍。 »

2008年11月25日 (火)

なんてことない毎日でもクダラヌことは起きる。

Photo

3連休が終わり、やっとだんなが会社へ行った
やれやれだ。


なんてことないお休みだったけど、
それでも毎日、クダラナイコト、笑えることは
起きるものだ。

本日はその記録。

22日。土曜日。


近所のショッピングモールに出かける。
そして、早速、本屋さんへ一番に行く。

私はここのところ、毎日本屋さんに行くと
A、B、C、3種類の漫画を探していた。
だんなにも、探すよう頼んであった。


A (近々発売間近のまんが。)

B (途中の巻(5巻)から買ったので、その前が欲しい)

C (今雑誌連載中の漫画が面白い作家さんで
   その前作の漫画が欲しい)

でも、皆なかなか置いてあるところはなかった。


だんなは
「Cを探してくるね~」と、離れていった。
なぜなら、
Cの漫画の題名を知っているのは、だんなだけ。
だんなお勧めの漫画だったからだ。

ABCは、みな、同じ漫画雑誌に連載されている。
その漫画雑誌はだんなが、
読んでいる青年漫画雑誌なのだ。



だんなは「Cは、なかったよ~」といって戻ってきた。

「あっ、そう」
私は他の本に夢中だったので、
おざなりに返事を返しておいた。


その帰り道、また別の本屋さんに寄った。
なんとなくね、本屋さんの前は素通りできないから。

「Aの漫画、そろそろ発売日なのに、
 どこにも置いてないね~」


と、だんなに言ったら、あろうことか
だんなは、こともなげに

さっきの本屋に、いっぱいあった山積みになってた。」
と、告げるのだ

「えぇ~~~~」と驚く私に対して、

「Bの漫画も1巻からあった」

「えぇ~~~~。なんで~~
 私が買いたいって、探してるの知ってるじゃん
 どうして、言わないの~~?」


と、いったら

「俺は、コンピューターだから」とのたまう。


「はぁあああ~~~?
 コンピューターなら、記憶しなよ、なんで?」

「コンピューターだから、頼まれたことしかしない。
 Cを探してくるといったから、
 Cがあるか、どうかだけ、調べてきた。

 AとBはあったけど、Cはなかったから、そう言った
。」


というのだ。
あぁ~~、あきれる。つかれる。
どうして、こういう奴なんだろう。

少女マンガじゃないんだよ。
あんたの読んでる雑誌の漫画だよ。
覚えられるだろうが・・・・

どうして、こういう人と結婚してしまったのだろうと、
思うが、結婚してしまったのだから
しょうがない。
自分が悪いのかもしれない。



そして、ちょっと時間が飛ぶが、
その日はだんなの会社の飲み会の日だった。
酔っ払っただんなを迎えに行き、
お風呂に入れさせた。
(本日は、べろべろでなく、へろへろ程度だった)

ドッシ~~~~ン


風呂場ですごい音がしたので、行ってみた。

「あぁあ~~、またなんかやってるよ」と
思いつつ、風呂場のドアをあけたら、
だんながいすから落ちたままの姿勢でいた。

(足は浴槽にかけ、
 背中はドアに持たれかけさせたまま)

そして、その格好のまま

「なんか、ここ青山って感じ」

と、のたまう。

この、私の想像を遥か越えた、驚くべき言葉に
私は、口をあけたまま、
声もあげることもできず
ヒクヒクと、震えるほど、笑い転げてしまった。


これは、
これは。。。。

歴史的瞬間だ。

歴史の証人として、私がしなくてはいけないことは
これを正確に、記録に残すことだ。



と、思い、私は、我ながら、速やかに行動した。

そっ~とその場を離れ、
ノートとペンを持ってきて、だんなに、
「なんで、青山だと思うの~?」と優しく聞いた。



そうしたら、ようやく、いすに座りなおしていただんなは、

「このせまさ、東京感覚なんだよなぁ~」

だってさ。
ざけんなよ!!!

青山なら、せまくてもいいが、
こんな田舎で、青山並みに狭い浴室だというのか?

自分で自分を笑っていると思わんのか。

くそ~~~~。

腹立つ~~~。

記録するほどのことでは、なかった


(でも、いつもなら、もっと腹がたつであろう
 だんなの一連の行動が、
 ブログのお陰で、いいネタに変換でき
 どうにか、私の怒りは収まっている。)


翌日、酔いがさめただんなに
「だんな、こんなこと言ってたよ。
 この風呂場を青山みたいだといってたよ

と、告げたら、
恥ずかしがるかと思いきや、

「そうなんだよなぁ~。
 そういうイメージが浮かんだんだよなぁ~~
 俺、青山に本当に住めるかもしれない。
 住むんだったら、×××・・・・」

と、いつものクダラヌだんなのひとり語りが
始まったので、
(本当に、くだらなくて、時間がもったいない話)
私はその場を去った。


酔ってても、酔ってなくても、うちのだんなは同じ。

はぁあああ~~ほんとに、
なんで、こういう人だと気づかなかったのだろう。私よ。



さて、最初の写真は、『おいものモンブラン』

昨日の記事を モンブランを求めて 書いていたので
案の定、モンブランが食べたくなった。

モールからの帰り道、お菓子屋さんに飛び込む。



超、あぶないところだった
『おいものモンブラ』ンは1つだけ。
栗の『モンブラン』も通常のものは、売り切れ。

大体ケーキ2個分のお値段の
『贅沢モンブラン』も残りひとつという状態だった

私の前には、女の人、男の人あわせて二人待っていた。


あぁああ、どうしよう。

「モンブラン、買われてしまうのでしょうか?」
と、2人の顔を思わず、見つめる。


女の人は、
クリスマスケーキの予約にやってきたらしかった。
ひとまず、安心だが
いつ、「ついでに、買っていこう」と言い出すか、わからん。

早く、早く、

そして、問題は男の人だ
この人は、お父さんタイプでなく、
(子供のお土産にという感じではない)
独身でいかにも
自分用に買って行きそうなひと。

こういう男の人は、モンブランを選ぶ確率が高いのだ。
(私の長年の経験値による。)

頼むよ。
私は、男の人を知らず知らすのうちに凝視してしまう。

そして、とうとう、男の人の順番がきた。



「チョコレートケーキと・・・・」
(あぁ、やっぱり自分用のセレクトだ・・・神様~~)


はらはら、男の人の言葉に一喜一憂し
その宣託が終わるのを待つ。

そして、






Photo_2


無事、『贅沢モンブラン』『おいものモンブラン』
両方、私の手に渡ることになった。





だんなが飲み会で楽しくしている間。
かわいそうな留守番の私が楽しみに食べるのだ。

栗のペーストだけ、食べてしまって
残りをだんなにとっておけば、それで充分なのだ。


実際食べてみたら、半分で満足した。
やっぱり、これくらいのボリュームで
マロンペーストは乗っていなければ。

(何を食べても、吉祥寺のモンブランが離れない。)


『おいものモンブラン』の方が、
スィートポテトに生クリームといった感じで
甘さひかえめでよかった。




そして、私は久しぶりに思い出してしまった。

そういえば、私、
このケーキ屋さんの面接を受けたことが
あるんだっけ。



普通の会社員に疲れた私は、
『あぁ、自分でケーキ屋さんをやりたい』と、
ぼんやりと考え、
当時一番おいしいと思った
このケーキ屋さんの面接を受けた。

でも、
「お給料は、少ないですよ。
 他の従業員の人は、みな10代です。
 今のお仕事続けられた方がいいんじゃないですか」との
オーナーさんのお返事に、揺れてしまった。

まだ、遊びたいさかりのワタクシだった。
海外旅行にも、ブランドバックにも、未練があった。

あぁああ、ばかばか。


あの時、ケーキ屋さんへの道を選んだら、
今、こうしてクダラヌブログを書いていることも
なかっただろうに。

私の選ばなかった人生、どうなったのかな。。。。


そんな風に、
無くしてしまった人生に思いを馳せたあと、
帰って来ただんなの
「ここって、青山みたい」発言を聞いたので、
ますます、これでよかったのかなぁと、疑問は深まった。


でも、クダラナイことが大好きなので、
笑わせてもらえることだけは、
よかったかもしれないなぁと、思い直すことにした。




(23日、日曜日分につづく)


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« モンブランを求めて | トップページ | クダラヌ神様、大活躍。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あははははは!
私も笑わせてもらったよ~♪
ありがとう旦那さま♪
コンピューターな旦那さま♪(笑)

いや、にゃにゃさんはすばらしい旦那さまをちゃんと本能的に選んだんじゃない?(笑)
笑いのある生活って1番ステキなことよ♪(笑)

うちもさ~、前に旦那がベロンベロンになって酔って
帰ってきて、台所でシッコされそうになった時には
本気でひっぱたこうかと思ったね!
「青山って感じ」って言うあたり、オシャレ感もプラス
されとって、シッコとは大違いだわ!!

投稿: もも | 2008年11月25日 (火) 15時40分

あ、また消すの忘れてた!!(;´Д`)
ごめ~~ん!!!

で、それとこれも書き忘れてた!!
リンク貼らせてもらってもいい?

投稿: もも | 2008年11月25日 (火) 15時41分

ももさんは、やさしいなぁ~
もし、うちのだんなが、台所で粗相しそうになったら、
私はすかさず、叩く。そして、おしりを蹴り上げるね。
べろんべろんでなく、へろへろだったから
この時は、まだ良かったけどね。

青山、オシャレ感ありですか??

オシャレなところが同じならいいけど、
せまいところが青山と一緒って言うんだよ。
私は悲しくなったよ・・・ gawk

投稿: にゃにゃ | 2008年11月25日 (火) 16時27分

だいじょうぶ、ももさん。
消しておいたよ~

こっちこそ、すぐに気がつかなくて
ごめんね~
チェック不足は、私も悪いわ。ごめんなさい。

リンクの件、ももさんの方にお返事しておいたのだけれど、
お邪魔でしょうから、読んだら消しておいてね。

じゃあ、また~~

投稿: にゃにゃ | 2008年11月25日 (火) 16時31分

ももさん、一方的お返事。

ありがとね~~

投稿: にゃにゃ | 2008年11月25日 (火) 16時41分

だんなさんのお風呂シーンが、
マンガのように浮かんできて・・・
にやにやしちゃった(^^)
にゃにゃさんの文章表現がお上手なのね♪

にゃにゃさんが、昔、ケーキ屋さんにあこがれていたなんて・・・
きっと、インテリアのセンス抜群の可愛い
ケーキ屋さんになっていたろうな~。
今からでもいけるかもよ。

北欧のお皿にのったモンブラン!
すご~く美味しそうっ。
この2、3日中にわたしもモンブラン食べるな。きっと。

投稿: エイボン | 2008年11月25日 (火) 18時23分

エイボンさん、こんばんわ。
私は今でも、ケーキ屋さんに憧れ続けてますよ。
でも、悲しいかな、技術が追いつかないんです。
皆さんが、このモンブランの写真をみて、食べたくなって、
自分のおすすめのお店を教えてくださったら、
うれしいなぁ~!

投稿: にゃにゃ | 2008年11月25日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンブランを求めて | トップページ | クダラヌ神様、大活躍。 »