« だらだら日記 (クリスマスのおまけあり) | トップページ | おかげさま 2008 »

2008年12月31日 (水)

母の年 (ビフォーアフター第10回)

今年も終わってしまう・・・

母の年が終わってしまう・・・・

今年の半ばまではまだ、母は生きていた。

これで年が明けたら、母のいない年になってしまう・・・

どんどん母が遠くにいってしまう・・・



ここ2~3日、そんなことを考えていた。

結構、私って感傷的なんだな・・・

でも、仕方ないか

母には悪いが、正直言って
母が亡くなってからは、
母のことをゆっくり考えていられる時間は
ほとんど無かった。


母のことより、
親戚付き合い、近所付き合い
父の母の死のショックによる、
豹変振りのほうが
私にはとてつもなく、重く感じた半年だった。




1ヶ月ほど前、ようやく母の夢を見た。


母は、白いレースのストールを巻き、
ベージュっぽいセーター、スカートをはいていた。
にこにこしていた。

自分のバックを見ると、母の名前で
135,000?円、金額がつつまれた封筒があった。

「あぁ、まだお母さん、呆けてるんだな」って思った。


目が覚めたとき、あまり悲しくならなかった。




初めて母の夢をみたのは、その3日くらい前。
父と母と3人で夢の中にいた。

母が何か話すが、何を言っているか全くわからなかった。

多分、介護施設にいる夢だったと思う。


夢の中で

「あぁ、お母さんのパジャマを買わなきゃ」

と、思っていた。



また、このあと、穏やかに目がさめて
母のことを少し、頭によぎったあと、

しばらくして、

「あぁ、お母さん、死んじゃったんだっけ」


って、思った。

悲しい気持ちではなく、
ちょっと、単純にその重要なことを忘れたいたのが
びっくりした。


目がしっかり覚めてから後も、
母の夢をみたということより、
母が死んだことを忘れていたことが、
自分の中では、心に残る出来事だった。

(そんな大事なこと、
 一瞬でも忘れてしまってまぁ、私ったら)

って、感じかな。


母が夢にでてきたら、泣いてしまうかと思った。

でも、なんでかな??悲しくはならなかった。 


(今の方がなんだか、
 母が遠くにいってしまうようで悲しい・・・
 そんなものなのだろうか)


母ともう、何年も会話をかわしていない。

夢の中でいいから、
話がしたかったのになぁと、思った。

あの世へ行けば、病気、痴呆も治って
若かった母に戻るかと思ったら、
介護施設にいた時の、母か。。。


考えてみれば、痴呆が進行したのも
急ではなく、徐々になのだから
あの世でも、もとに戻るのは、
多少時間がかかるのかもしれないなぁ

と、思って寝たら、また、
夢にでてきてくれた。(前述の夢)

前回の母より、だいぶボケが直ってきていた。



白っぽい服を着た母とでかけたのは、
叔母さんのお葬式

「まったくもぉ~~、そんな白っぽい服着てきちゃって
 香典もまぁ、
 介護施設に払う金額だと思っているのだろうか?」
 (実際は、そんなにかからないが)


でも、他の人も、白っぽい服を着ている人がいたので
まぁ、よかった。
外はしとしとこぬか雨が降っていた。



  *******


おばさんのお葬式。
お母さんも出たかったのかな。

ずっと、『ビフォーアフター』を書こうと思いつつ
書けなかった。

考えると、苦しかった。

今思うと、ナンバー9は、自分で読むのを避けていた。
最初の写真を見ただけで、心臓がズキっとして
すぐページを閉じてしまった。

よく、あの時はこんなことを書けたものだと思う。


自分の気持ちを整理するために
必死で書いたのだろうか???


実家の片づけを書くつもりの話が、
どんどん話が進むと共に、
父母の話にもなってきてしまった。
自分では予想もしなかった流れだった。



現実の世界で
母のお葬式のあと、私は、
(母も夢の中で一緒に行った)
叔母のお葬式に出た。

こんなことって、あるんだな

って、思いながらも、あまり不思議に思わなかった。

母のお兄さんのお嫁さん。
母にとっては、義理のお姉さんが
母のお葬式の日に亡くなった。

私は4日連続で、お経を聞くことになった。



亡くなったのは、母が先なので
叔母を連れて行ったようで、
本当は申し訳ないのだが

叔母さんと「ふたりで行こうよ」と約束していたんだな

と、私には偶然とは、思わえなかった。


あまりにも私たちのスケジュールにあった
とても段取りいい
日にちに母は亡くなったので
計画的だったのでは、ないかと、
後で思ったくらいだった。



でも、もちろん当時はそんなことは
考えられなかった。

何が何だかわからない朦朧とした頭で
叔母のお葬式に行った。

叔母には悪いが、疲れて
早く体を休めたい気持ちでいっぱいだった。



でも、母の葬儀時にはもちろん
何も考える余裕などなかったのだが
(次の段取りのことで頭がいっぱい)

叔母の供養に出てようやく自分の気持ちも
癒されるような気がした。

そして、そこでとても良い話を聞いた。



仏様(叔母、母)には2つの家族がある

今現在、泣いて別れを悔やんでいる家族と
あの世で待っている、叔母、母の
両親、兄弟の家族があるというのだ。

母はようやく会いたかった、
母のお母さんに会えるのだから
引き止めてはいけないというのだ。


そうか、そうか。
母は一人ではないんだ。
私がこんなに、母に会いたい気持ちと同じように
母もおばあちゃんに会いたかったんだな。

それなら仕方ない。
しばらくの間、我慢しようと思えた。


叔母は綿帽子の衣装を着せてもらっていた。
母は、私がほっこりさんにした。

ふたりで、かわいい衣装をみせあいながら
行ったのかなと、思ったら
母の逝く日は、ずっと前から
あの日に
決められていたことなのかもしれないなぁ
と、思えていった。



でも、私にとっては、
それからの日々の方が辛かった。

父のことが、押しつぶされるように
私にのしかかってきた。

父のこと、近所のこと、親戚のコト
それを考えると、
わたしは実家に住むことが困難に思えてきた。

何のしがらみのないところに行きたい。
実家に住み、昔からの風習、つきあいを
持続していくことは、
私には、無理だと感じた。


そして、片付けなければと、思いつつ
実家からは自然と足が遠のいていった。
(父とは、外や私の家で会った)

母が亡くなってから、
たったひとりの人がいなくなったら
自分を取り巻く環境は、急に変化してしまった



そして、来年はその変化に対応するために
環境も変化させていかなけらば
ならない状況になった。

母のことは、これで区切りをつけよう

そういう思いで今年中に
ブログに気持ちを書こうと思った。


来年は、今の問題を乗り越えられ
よい年になるといいな。


それでも、実家は無くなってしまうわけではないので

めんどうな私がやれやれと
腰をあげたら、
実家の片付けの再開は
始まると思います。


そして、新たに引越し、改装」日記も
始まるかと思います。


こうご期待。


来年の自分にも期待。

やってくれるといいけど、来年の自分・・・・



年の瀬に
この長い、辛気臭い文章を
読んでくださった皆様、
ありがとうございます。

皆様におかれましては、よいお年を
是非、お迎えくださいませ。
祈っております。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。



以前の記事、及びこの続きは
カテゴリー 『古民家ビフォーアフター』で読めます

Antique Sampler トップページへ

|

« だらだら日記 (クリスマスのおまけあり) | トップページ | おかげさま 2008 »

古民家ビフォーアフター」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃにゃさん、今年は大変な事が色々あった年
だったんですね・・・。
私なんかアトムの事一つでグズグズしちゃったのが
恥しいくらい・・・。

でも、きっと来年はにゃにゃさんにとってステキな年に
なると思いますよ☆
そうなるよう私も祈ってます☆

にゃにゃさんとは、まだちょこっとしかお話し
できてないから、来年はたんまり相手してくださいね♪(笑)

それでは、よいお年を♪

投稿: もも | 2008年12月31日 (水) 19時40分

ももさん、こんばんわ~~

ももさんとは、お知り合いになったばかりだけど、
私は勝手に(気があう人だなぁ~)と
感じています。
笑いのつぼも近いみたいで?
来年、たくさんお話するのを楽しみにしています。
どうぞ、よろしく~~

来年のアトムちゃんの手術、上手くいくよう祈ってます。
心配な気持ちよくわかります。

私もその後、何匹か猫を飼ったものの
10年以上前に亡くなった
にゃにゃのことが忘れられません。
にゃにゃは、姉であり、妹でありました。
今だ、一日に2~3回は
「にゃにゃ~~cat 」とつぶやいてます。(あやしい??)


アトムちゃんと楽しく、
良いお年をお迎えくださいね。

投稿: にゃにゃ | 2008年12月31日 (水) 20時53分

昨年は楽しませていただきあるがとうございまシタ。年の切り替わりめ、ひとつ過ぎてまた次へ、今年も寄らせてください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿: ミヨチ、 | 2009年1月 1日 (木) 16時21分

ミヨチ、さんこんにちわ。
良いお正月を迎えられましたでしょうか。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

これからも変わらず、お話にいらしていただけると、
うれしいです。
お身体にお気をつけお過ごしくださいね。

投稿: にゃにゃ | 2009年1月 1日 (木) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だらだら日記 (クリスマスのおまけあり) | トップページ | おかげさま 2008 »