« 無駄に長い夕食の記録。 | トップページ | ふらんすの風 »

2009年1月22日 (木)

SPOON+FUL その2

Photo_7

SPOONって、言葉も形もかわいいけど、
我が家はあまり使う機会がないみたい・・・


そういえば、『スプーン印のお砂糖』も
健康を考え買ったことないな。

(いつも、きび砂糖や甜菜糖だ)


でも、いくつかは、持ってたはず。


ちょうどいい機会だから、記録しとくことにしました。

Photo_8

お魚食べる専用、キャビア食べる専用とか
多分、用途ごとに、形が違うであろう
アンティークスプーン。


見てるのは、楽しいけど、
これは何に使うものなのかな???



やはり、数年前、
ある雑誌のインテリア大賞に応募した。
みごと、末席に入賞したはいいが、
いざ、取材のときに
『おもてなしのコーディネイトをしておいてくれ』
と言われた・・・・・

慌てたね


せともの好きなので、茶碗はいっぱいあっても
カトラリーは、現代ものしかなかった。


アンティークの雑誌だったので、
それはないだろ!


ということで、慌てて買いにいった。


でも、すばらしいカトラリー類に手を出す勇気はなく
値段だけで選んだ。
とりあえず、スプーンの形をしたもの。

1本、3000円前後くらいだったと思う。

使ったことはないけど、
今見るとしみじみ
その頃のことを思い出す思い出のスプーン。


しかし、おもてなしのテーブルの写真は
とても小さく、

カトラリー類もわからないくらいの大きさに
写っていたと思う?


(しかも、この日のために、
 泣く泣く、以前高くて諦めていた品も買った。


 だんなが、「せっかくだから、あのレアもの買っちゃえよ~」
 と、あおった。
 彼の頭の中には、代金を支払うということが抜けている。
 
 私は(私の価値観の中で)高いと思う、金額のものは、
 安物好きの誇りとして手を出したくなかったのに・・・・
 そのあとの支払いも結構大変だったな。
 

 その高いお皿もテーブルの上においておいたら
 カメラマンの人が、

 『たくさん、あってもごちゃごちゃするから、
 
 どかしてください』


 と言われ、写してもらえなかった・・・・


やっぱり、無理をしてはいけない
平常心、いつもの自分で勝負が一番だと、
つくづく感じた出来事。)




そうして、いざという時のために、
少しずつ、アンティークのカトラリーを集めておくかと、

開眼したワタクシ。


まずは、カップに添えるスプーンを買った。
Photo_9

でも、やっぱりこれもプチプライス。
6本で1万円くらいだったかな?


そして、我が家は飲み物にお砂糖はいれないので
使われることはない。


うちに来る人も、お砂糖を使う人はほとんど、いない。

ゆえに、あまり使われることがない。



Photo_11

紅茶を淹れるスプーン。

こんな小さな中で、茶葉がジャンピングするわけない。
邪道だ~~

と、思いつつ

(いつも書くことですが)めんどくさがり屋のわたくし。

わざわざ、ポットを出してきて、計量して
ティーをいれるのは、
よっぽどその動作をしたい時
(気取りたいときですな)
でないと、面倒。


『これなら、かまえず、紅茶が飲めるね~』

とも、考えた。

いちごのように見える形もかわいいでしょう?


淹れてみたら、結構おいしかったです。

ドイツ製




でも、これ以上、進まなかったんだね。

シルバーのスプーン集めは。。。。


改まったテーブルコーディネイトなんて
普段しないからさ。



でも、そういえば、
去年はこっち方面のスプーンを買ったよ
       
         ↓


Photo_10

北欧のビンテージ。

大きい方は???だが

小さなほうは、フィンランドのHACKMAN
(ハックマン)

やっぱり、使う機会に恵まれない。。。


そうだな~~~
今日は、プリンかアイスでも買ってくるか。




おまけだが、
一番活躍しているスプーン


一日に1度は必ず使う。

Photo_13


もう15年以上前になると思うが
近所の雑貨屋さんで買ったスプーン。


これで、私は毎日、顔のマッサージを行っている。

テレビで高橋ミカさんが
スプーンでマッサージをするといいと、言ってた。


ためしにやってみたら、とっても良かった。
それ以来、無駄な抵抗と知りつつ
せっせ、せっせと、このスプーンでマッサージ。

このしばらく後、スプーン・マッサージの本が出たね
高橋ミカさんの本でなかったけど。
買ったけど、まだ読んでないや
せっかくだから、それもこの機会に読もう。

 でも、その本はいくつもパターンが載っていて
 大変そうだな~

 やっぱり、覚えた1パターンだけを続けていくのが
 一番継続できるのかな。

 無理は禁物。
 自分の器を知ろう


 スプーンのことを考えても 
 自分にとって、色々ふか~い教訓があったね。

昨日、クリックしてくださった方、ありがとうございます。

ずうずうしくも、1行でもコメント頂けるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« 無駄に長い夕食の記録。 | トップページ | ふらんすの風 »

アンティーク」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

雑貨」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
それぞれの品々にそれぞれの思い出ってありますよね。頭の中で遠くを見つめてしまいそうです。

投稿: ミヨチ、 | 2009年1月22日 (木) 12時31分

ミヨチ、さん。こんにちわ

ミヨチ、ワールド全開のコメントありがとうございます。

品物を買うときは、結構じっくりと考えてしまう方なので、
買った時のことは、よく覚えています。
だから、なかなか処分できないんですよね・・・

投稿: にゃにゃ | 2009年1月22日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無駄に長い夕食の記録。 | トップページ | ふらんすの風 »