« SPOON+FUL その3 | トップページ | こういうの好きな人! »

2009年1月26日 (月)

スーパー・ミラクル・ハイパー・栗エイター

Photo

2009年は明けた。

もう、いつまでも、過去にしがみついている時じゃない


建物の中に入ったら、
ほかほかに暖かくなったコートを
しぶしぶ脱がなくてはいけないように

寒い朝、ふとんから出るときに
充分に気合をためてから、えぃっと、起きだすように


思い切って、『2009年、モンブランへの旅』
をはじめることにした。





(関連記事
 モンブランを求めて
 イヤー・オブ・ザ・エーグル・ドゥース  
など )



誰が決めたんだ?
毎年、
イヤー・オブ・モンブランを探さなくてはいけないと・・・
(いや、それは多分自分自身)

なんとなく、今年もおいしいモンブランを求めて
日本(主に関東地方)を彷徨うことになるであろう。




まず、今年1番に食したのは、

私がモンブラン好きになった原点。
長野のモンブラン。

これを食べてから、モンブランにはまり、
おいしいモンブランをもっと食べたく
放浪を重ねてきたが、
またしても出発点に帰ってきたわけだ。


彷徨ううちに、
口が肥えてしまって、
おいしくなかったら、どうしょう???

と、思っていたが、とってもおいしかった。

(これについては、後日、ご紹介)



そして、昨日、今年2番目のノミネート

かの高木康弘のモンブラン(チョモランマ)を食してきた。



だかだかだかだか (ドラムスの音)


今日はとても長くなりそうな、予感です。
 おトイレに行くのなら、今です。

 お茶をいれてきてもいいかも・・・・・


 あるいは、残念ですが
 スィーツに興味ない方、
 ごめんなさい!!
 今日は、最後までスィーツの話です。)





かの高木康弘!


今の時代でスーパーパティシエは誰?

と、巷の人にインタヴューすれば

『トシ・ヨロイズカ』
『サダハル・アオキ』

と、返事が返ってくるのでしょうが

(関係ないけど、
 今スーパーで売っているチョコの中では
 トシ・ヨロイズカ監修のチョコが
 一番気に入っている)


パティシエが『スター』と呼ばれ始めたのは
私は、勝手にこの人達からだと思っている


(もう6~7年前の事になるのだろうか???)


『モンサンクレール』の辻口博啓

『ノリエット』の永井紀之

そして、
『ル・パティシエ・タカギ』の高木康弘



高木シェフは、
テレビ番組 『料理の鉄人』から、
『デリデリキッチン』などにも出演されているし、
何年か前には、高木康弘監修のキットカットなども
全国コンビニなどで販売された。

だから、結構知名度は高いのではないだろうか??



辻口シェフもすごいよ~~
一番すごいよ~~


外見、金髪(野郎ではない)

モンサンクレール以外にも、

自由が丘ロール(いつも行列)
ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ (チョコの店)
和楽紅屋 (和の素材を使ったお菓子の店)

などを、プロデュース


お菓子の本も、とってもたくさん出版されているし、

その他にも
辻口シェフの自伝、そして、
フランス語の本なども出版されていて、読んだことがあるが
なんと、CDまで発売されていた。

(自分のお店のサロンでかけている音楽のCDらしい)


ネットを使ってお菓子教室も開講するというし、


お菓子の世界で、くりひろげる
スーパーマルチ、ハイパークリエイト、マーケティングバイヤー
パティシエスト


と、でもいった肩書きでも、つけたいくらいの
ご活躍ぶりだ。



ちなみに、私は遠い昔(何年前だったか忘れた)
モンサンクレールに行ったことがある。


当時、衝撃的だった。


カシスを使ったお菓子など、とても大人の味わい。
酸味が強くて、
となりの席の人が全く食べられずに残していた

私は、これは、(いい意味で)すごいことだと思っている。


どこにでもあるお菓子ではなく、
(甘い、柔らかい、という風味だけでなく)
『酸味』という風味を表現したお菓子は当時
他にはなかったと思うから。

私はその時、なにかのケーキと
いちごショートとモンブランを頼んだと思う。

ここのモンブランもしばらく忘れられないくらい
おいしかったと思う。



去年は、和楽紅屋にも行った。
写真が残っていた。2007年の12月。

Photo_4

お醤油を使ったロールケーキを買った。



他には、和楽
(和の素材、醤油、味噌、ごま、ゆず ペーストのラスク)

どらやき、カステラ

などがあった。


箱を開けると、プーンとお醤油の香りが漂った。

Photo_6

生地とカスタードクリームに
濃い口醤油が使用されているらしい。


味の方は、言われてみれば
醤油かもね!

って感じだった。





さてさて、脱線となりましたが
その三雄のお一人。

(ノリエットは残念未体験です。)  

高木シェフもたくさんのお仕事をされている

高木シェフの真骨頂といったら、
チョコレートなのだが、
『ル・パティシエ・タカギ』のそばに
『ル・ショコラティエ・タカギ』をオープンさせた。

そして、カジュアル、ナチュラルなラインを狙って
カフェ系ぽいお店もプロデュース

(というか、今ちょっと調べてみたら、びっくり。
 このカフェ系のお店はサンリオがやっているらしい
 ママとお母さんのお洋服も扱っている)


私はずっと、名前は知っていても
世田谷にある、
『ル・パティシエ・タカギ』には、行ったことがなかった。

そして、このカフェ系のお店
『パティスリー・グラスティアラ』
埼玉県に出店したので、喜んで通っていた。



『これが、タカギの味、
 タカギのスポンジなのか~~~』


と、興奮したが、やっぱり、
『タカギの本気の味を知らないんだよね』と

ちょっと引け目を感じていた。

(埼玉のお店、残念、撤退してしまったようです)




(はぁああ~~長くなってごめんね。)


そして、昨日、青山に出かけた。

ここにシェフ高木康弘、渾身のお店がオープンしていた。

その名も『ラ・メゾン・ドゥ・タカギ』

Photo_8


このお店なら、

パティスリーのお菓子
ショコラティエのチョコレート
ラ・コンフィズリー・タカギのはちみつ

などなど、
『ザ・タカギ』ブランドのものが全て食せると言うのだ。

そして、シェフの夢であったであろう?
パン、テリーヌ、キッシュなどの軽食も食べれるのだ。



キットカットのお仕事をして、
テレビにも出て、
毎日お菓子もこつこつと作り、夢を叶えたんだね!
タカギシェフ!


と、勝手に感情移入して、
シェフの喜びを疑似体験しようとする、ワタクシであった。

それくらい、青山進出ってすごいと思う



さて、問題のモンブラン。


おいし~おいし~と、目をつぶりながら
飲み物も飲まずに一気に、食べてしまった。

Photo_3
マロンペーストだけで、ほどよく甘くて
それだけで、他には、何もいらない

と言う感じ。


中身は、生クリームに
カスタードのムースであろうか?


一番下はメレンゲでなく、スポンジ。

そして、そこにワタクシは
タカギシェフの心意気を見た


底に薄~くチョコレートが塗ってある!
それが、パリパリしていておいしい。

さすが、チョコレートの魔術師タカギシェフ。
タカギシェフの原点?を見た。


いちごショート (ショートショート)も
おいしかった。
Photo_7



それで、タカギシェフのモンブランは
昨年のモンブランを越えられたのか?????


ごめんなさい。
これは、超個人的感想です
そして、私はグルメに詳しいわけではありません



やっぱり、私的には、エーグルドゥースの勝ち。

タカギもおいしいけど、巨大になりすぎたって感じ。


エーグルドゥースのように、自店のみで
(常時どこかに出店していたら、私の勉強不足です。
 ごめんなさい。)

お菓子作りに、毎日オーナーシェフが携わっている
エーグルドゥースの方が、
『どこが?』と、はっきり言えるものではないのだが、
食べた後、すごく満足感があったのだ。



昨年末、行ったときは、
従業員が皆忙しく、手が離せないみたいで
オーナー自ら、テーブルの食器を下げていた。

(さすが、シェフ、感動です。)


今年のイヤー・オブ・ザ・モンブランは
早くも難攻しそうだ

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします

Antique Sampler トップページへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。
ずうずうしくも、1行でもコメント頂けるとうれしいです。

(おとといの記事にコメント頂いた、
 お馴染みの方々
 ご新規の方々、
 本当にありがとうございました
 とっても、勇気付けられました。 )



|

« SPOON+FUL その3 | トップページ | こういうの好きな人! »

お菓子」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、にゃにゃさん!
高木さんのよりエーグルドゥースのモンブランがおいしいと聞くと益々エーグルドゥースのモンブラン食べたくなりましたhappy02でも、長野までは遠いですわ・・・

投稿: アンパンママ | 2009年1月27日 (火) 10時48分

アンパンママさん、こんにちわ。

この無駄に長い文をお読み下さり、
コメントまで戴き、恐縮至極。bearing
ありがとうございます。

タカギもおいしいですよ~
私の個人的肩入れってだけで、
タカギの方がおいしいって、人も多いと思います。

アンパンママさんも、関東在住ですか?


投稿: にゃにゃ | 2009年1月27日 (火) 11時34分

こんにちは。
「2009年モンブランの旅」はじまりましたね!! やったー。

高木シェフのお店もエーグルドゥースも行ったことないので、できれば今年はぜひ行きたいです。
個人的に、高木シェフのモンブランの、メレンゲではなくスポンジ、というのにすごーく惹かれます。メレンゲがちょっぴり苦手なので。切れなくて最後に残っちゃったりしません? がさっと割れて総崩れになったり。
なぜモンブランはたいていメレンゲが敷かれているのかといつも疑問で。

またおいしいモンブランがあったら教えてください~。

投稿: なお | 2009年1月27日 (火) 11時55分

なおさん、こんにちわ~

いつの間にか、定期的にモンブランを食べずにはおれない、体となってしまいました。

超細かいところですが、
タカギは、フォークだけで食べるため、
苺ショートが(中に挟まれた苺がついてきてしまって)
上手に食べれなかったんですよ。
エーグルは、ナイフもサーブしてくれるので、
メレンゲも楽にに食べられるの。

こんなちょっとの差で、
エーグルに軍配が上がったって感じかな。

なおさんも行かれたら、是非感想を教えてくださいね。

投稿: にゃにゃ | 2009年1月27日 (火) 13時07分

いえいえ、バリバリの関西人なんですcoldsweats01
高木さんのお店、行った事はありませんが、東京へ遊びに行ったら、青山で素敵なカフェでお茶したいなぁって、にゃにゃさんのブログを読んで妄想していますhappy01

投稿: アンパンママ | 2009年1月27日 (火) 15時58分

アンパンママさんは、関西の方なんですか~!
私は、逆に関西が憧れで、いつも
『HANAKO WEST』 (情報誌関西バージョン)を眺めては、
その場所に行った気分に浸ってます。

関西のカフェやスィーツっておいしそうだなぁ~。
うどんもラーメンも関東よりおいしそうです。
あっ、もちろん、お好み焼き関係も食べたいな。
湯豆腐も・・・・

ちょっと、ケーキからは脱線ですね。


投稿: にゃにゃ | 2009年1月27日 (火) 17時00分

日本のケーキはレベルが高い!
モンブランは私も大好きなので、ご一緒に巡りたいくらいです。
そういえば私の職業はパティシエみたいなんですが(笑)、カナダはまだまだ発展途上国で、料理でもお菓子作りでもいい材料が手に入りにくいです。
それを工夫しておいしくするのがお前の仕事だろーと言われたらそうなんですが、結構くじけます。
栗を食べる習慣もないので、初めてモンブランもどきを作ったときの反応も薄いものでした。
今では栗ペーストにチョコを溶かして混ぜてバナナのフィナンシェと合わせたり、とごまかし気味なケーキにしています。
長々と失礼しました~。
日本に行ったら絶対にゃにゃさんのお好きなモンブランを食べに行くぞ!

投稿: AKI | 2009年1月28日 (水) 03時26分

えぇ~~、AKIさんはパティシエさんなんですか?

プロの方に対して、ケーキの腕前を褒めてしまった、私・・・恥ずかしいです。

すごいな~
憧れのパティシエさんか~ lovely

AKIさんのページにいって、そのような記述がないか、
ざっと拝見させて頂いたのですが、見当たらない・・・

でも、(勝手に想像させて頂き)
AKIさんが、 『ブタ好き』 『ガラス好き』 『鍵好き』
『ハードな質感の部品好き』ということが、
よくわかりました。

モンブランもいいですが、音衛門もいいですよ。
焼き菓子なのですが、要チェックです。
以前、紹介させていただいた記事です。
よかったら、お読みくださいね。

http://old-new.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_b89f.html

投稿: にゃにゃ | 2009年1月28日 (水) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SPOON+FUL その3 | トップページ | こういうの好きな人! »