« 伝説のイラストレーター | トップページ | 2009年 1月 更新記録 »

2009年1月31日 (土)

にゃんころりんとひばり組

しとしと雨が朝よりずっと、降り続いた昨日。


ひとりきり。

ただ、聞こえるのは、
ストーブの上のポットが放つ、蒸気の音のみ。

部屋の電気もつけず、少し薄暗い部屋で

私は、ひがな一日





漫画を読んで過ごした。

しかも、昔の漫画。

昨日(→伝説のイラストレーター

『にゃんころりん』
の文字をみたら
たまらなくなって、

実家に『にゃんころりん』の捜索に向かった。

あったよ、あった。
にゃんころりん。

かわいいんだなぁ~~

Rimg4350



ああん、たまんない。
体重500グラムのおませなこねこちゃんが

ひきおこす、かわいいいたづら。

ママの代わりのメリー(犬)、友達のねずみちゃん、
ことりちゃん、くろねこちゃん。

4コマ漫画なのだけど、
このウィット、このファンタジー

まさしくこれは、和製猫スヌーピー



今読むと、すごい名作だ~~

ぎゃわいいよぉ~~にゃんこ~~~



例えば、私の好きなエピソード

にゃんこは、いつも自分のお気に入りの
ほにゅう瓶でミルクを飲む。
公園でミルクを飲んでいると
乳母車の赤ちゃんが、欲しそうに見つめている。
      
にゃんこは、赤ちゃんに
自分のミルクを飲ませてあげる。
      
そこへ、赤ちゃんのお母さんがきて
『だめ、ぺっぺしなさい
 そんなの飲んだら、病気になります』と言う。
      
そしたら、にゃんこも、
ぺっぺと、
公園の水のみ場で、うがいを始めちゃうんだよ



なんて、かわいいにゃんこなんだろう。

Rimg4338

おねしょばかりしている、にゃんこ



(あってよかった~)と思うもつかの間

続きが読みたい・・・2巻までしかなかった。

にゃんこの最後はどうなるのだろう???


こうして、私は深みにはいってしまう。

(オクチェックしてみよ~)




『5年ひばり組』も探した。
3冊しかみつからなかった。 3 5 7 巻

Rimg4349




えぇ~~、自慢ではないが

(ワタクシとしては、ホントは、
 自慢のつもりかもしれないが
 世間的にみれば、決して自慢にはならないだろう)

私は、ひらがなが完璧にマスターできていない
幼稚園入学以前より、
マンガを購読していた。


(マンガが文化となった、
 現代の世の中なら、普通の事かもしれないけど??

 昔はマンガは悪と言われた、
 そして、その又それ以前の時代だ。)


そりゃあ、最初は、童話や名作話の本を
読んでいたことだろう。

しかし、あっと言う間に読んでしまい、
次の本、次の本、とせかすワタクシに
両親が、ついつい安価で手に入る、
マンガ週刊誌を与えてしまった。

(両親は家業で忙しいため、
 私の面倒を見ている暇はなかった。
 私をおとなしくさせるためには、
 本を与えておくしかない
。)


そうなると、もういけない。
普通の本も読んだであろうが、
漫画もそれ以上の関心をもって、
読みふけるようになってしまった。



(余談だが、そのように、小学校入学以前、
 まだ漫画の吹き出しが完璧に読破できない頃、
 『銭ゲバ』を読んだ。
 近所の床屋さんに置いてあった。
 

 あまり内容はわからなかったものの
 なんだか、とても怖く、
 私の中で、トラウマとなってしまった。
 全部読んだわけではない、
 おそらく1篇だけ。
 
 それでも、ものすごいインパクトだった。

 大人になり、『浮浪雲』で
 秋山ジョージが、流行っても
 とんでもない!
 とてつもなく、ジョージ秋山は恐ろしいと
 ジョージ秋山には、関わらないようにしてきた。


 そして、今回の『銭ゲバ』のドラマ化
 
 ドラマ化にあたり、『銭ゲバ』の文庫本が出ていたので、
 おそる、おそる、手にとってみたが、
 
 大人になった現在も、2話目で断念。

 これは、読んではいけない。。。ワタクシは
 とてつもなく、恐ろしいところに、
 もっていかれてしまう・・・・ 
 

 永井豪も、怖かった
 
 異色問題作
 『ススムちゃん大ショック』などの一連。
 (これも、すごいよ。)

 でも、永井豪のお話は一応、空想の世界のことだ。
 
 しかし、ジョージ秋山は、人間社会における
 どこにでもいそうな普通の人?
 (まぁ、あまり普通でない人)の心に住む闇を描いている。
 とてつもなく、陰惨で救いがない。
 
 逃げ場がなくなるという、感じだったのだろう。


 ドラマの『銭ゲバ』は、見ない。
 これは怖いからじゃなく、
 主人公の男の人がかっこよすぎて、
 本当の『銭ゲバ』ワールドにはならないだろうな
 
 と、勝手に思っちゃってるから )



という訳で、何が言いたいんだっけ??

そうそう、つづき、つづき。


この『5年ひばり組は、
とっても古い作品なので、
リアルタイムで読んでいたわけではないのだ。


小学校に入学した私は、
貸本屋さんも、利用するようになった。


(まだ、その貸し本屋さんは存在している
 さすがに、もう本は貸していないようだが)

その貸本屋さんの本棚に並んでおり、
何回も『5年ひばり組』は借りていたのだ。
でも、5巻しか置いてなかった。


私は、他の巻も読みたくなり、

忘れもしない、人生でこれが初めて!
本屋さんで『5年ひばり組』を全巻注文した。

ドキドキよ。


毎日、本屋さんに注文した品が届いてないか
チェックにいった。

店員さんのお手を煩わせず、
(それ以前より
 本屋さんには毎日行っていたので、
 本が入荷すれば
 レジの後ろ棚に並ぶことがわかっていた)
勝手に自ら、レジの棚をチェックしていた。


でも、いざその時がやってきて
品が届いてみると 

3巻からしか入荷してこなかった。

1~2巻はもうその時、絶版になっていた。。。



それなので、『ひばり組』のスタートもどんな感じなのか

わからない。


多分、巴里夫先生の他のパターンを見るに

シンカンセン(主人公の女の子の名前)は
転校生だったのじゃないだろうか??


シンカンセン、チビパパ、マンキチ、
ヨツメ、ハカセ

すごいあだ名のひばり組みメンバーが
 巻き起こす、ほのぼのムードのお話



いつもラストにきて

ホロリ と、涙をぬぐうと




登場人物たちは、固まりそのまま
銅像になってしまう。


Rimg4339_3

Rimg4340_3

Rimg4341_2

この表現は、ひばり組特有のものみたい。

他の巴 作品にはあんまり、見当たらない。


あぁ~、『ひばり組』も全部読みたいな。

巴先生は1932年生まれ。
今現在、どんな風にお暮らしなんでしょう。。。

ワタクシは、結構、巴本のコレクターですよ!!
   


と、本日は
ちょっとレトロな
ちょっとマニアックな記事になってしまったが、

いつの日か、同士がこのページを発見し
私に共感してくれることを望み、


リリースいたします。


『かび臭いにおいが詰まった瓶(記事)よ
 ウエブの波を漂い、
 いつの日か、遠い同士の岸にたどりつけ!』



どっちらけ (これまた、古そうな表現ですね)

だった、皆様、ごめんなさい。

  
ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

突然、順位がよくなって気をよくしています。
今日は、こんな記事ですが、
クリックして頂けたら、うれしいです~


追記

以前、古いマンガを週に1回は紹介しようとして
ずっと、中断していましたが、
また、少しづつ再開したいと思ってます。



|

« 伝説のイラストレーター | トップページ | 2009年 1月 更新記録 »

レトロ・懐かしbook」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

小さい頃から漫画を買ってもらえていたなんていいなぁ。うちは漫画購入は小学校の間は禁止でしたcrying

漫画って一度読みたくなったら全巻読みたいですよね~。私はドラゴンボール(40巻)を全巻買ってしまいました・・・
「ひばり組」再販するといいですねhappy01

投稿: アンパンママ | 2009年1月31日 (土) 14時37分

アンパンママさん、こんにちわ~

マンガは読めたものの、可哀相なワタクシ??だったのでございますよ。

1人っ子、ペットなし。
親は家業が忙しく、相手をしてくれない。
学校から帰って、お店が終わる午後8時頃までは、
毎日、ひとりでマンガを読んでました。
(って、やっぱり、羨ましい状態でしょうか?)


私は、ドラゴンボールは、色々な本屋さんで少しずつ、
全部立ち読みで読破しましたよ・・・
(ごめんなさい、本屋さん)

40巻すご~~

今もお持ちなんですか?

ラストはどうなるんだっけ?
全部、持ってると、すぐ判って便利ですね。

投稿: にゃにゃ | 2009年1月31日 (土) 14時59分

にゃにゃさん、
今、ドラゴンボールを見ようとしたら、42巻までありました\(;゚∇゚)/
で、最終回ですが、悪い魔人ブウを孫悟空が倒した後、10年後の天下一武道会があって、そこで、悪い魔人ブウの生まれ変わりの男の子のウーブを見つけて、また修行の旅をするという、まだ話続けられるやんかっ!っていう終わりでした。
かなり、はしょったので判りにくかったら、ごめんなさいsweat01

投稿: アンパンママ | 2009年1月31日 (土) 18時21分

最近レトロ続きですね。『わかんなぁいheart01』ふりをしようと思いましたがあのポップな食器たち見覚えが…。(ごめんなさい。前のお話です)
漫画本は覚えがないんだよねぇ。たぶん買ってもらえなかった?もしくはそう『悪』だったので『悪』には近寄らなかった。(^^;
なんて。年代が違うのかsmile趣味が違うのか、小学生の頃は『おはようスパンク』だっけ。と『ベルバラ』にはまった気が…。わかるかなぁ?

投稿: wakari | 2009年1月31日 (土) 19時33分

アンパンママさん、わざわざ確認して頂いて、
恐れ入りますです。

そういえばなんとなく、終わりの方に、
今までの出演者、
一家総出のコマがありませんでしか・・?

私は、アラレちゃんなら、何冊かもっているんだけどな。

今度はアラレちゃんでも読もうかな。

かめはめは~うんちゃ。

投稿: にゃにゃ | 2009年1月31日 (土) 19時47分

wakariさん、私もそうよぉ~

『スパンク』には、はまらなかったけど、
読んだような記憶があるよ。
そして、小学生のときに、
『ベルバラ』には、やられた口よ。
(でも、私は『ベルバラ』より『にゃんころりん』
多分同じ時代のマンガ。同じ雑誌に掲載)

本当に、ひらがなが全部読める前から
マンガ本、買ってたのよ。
だから、かなり昔のものも読んだ記憶があるよ。
その頃から、マニア臭のする子供だったのね。

投稿: にゃにゃ | 2009年1月31日 (土) 19時56分

追加
銭ゲバ。怖いけどみてるよ毎週。だってかっこいいんだもん。heart01
(どこまでもミーハー)smileそっかぁ一緒かあ~、じゃあさ『キャンディキャンディー』も?
いちご新聞てサンリオだよね?(またまたごめんなさい)。サンリオSHOPで買い物すると今もおまけを袋の上にシールと共に貼ってくれるんだよ~。懐かしい~…よね?!(^^;
おやすみなさい

投稿: wakari | 2009年1月31日 (土) 23時07分

wakariさん、昨日は、私も
「そういえば flairそうそう。」
銭ゲバだったので、見たよ。

マンガの銭ゲバとは、違うお話だと、思って見た。
だって、松山ケンイチくん、かっこよすぎる。
あんなかっこいい男の子なら、騙されても幸せかも。
マンガは、登場人物の描写からして、
ぞくぞくっと、させるほど気味が悪いから・・・

wakariさんは、『なかよし』派なのですね。
私はあんまり、なかよしのマンガは、
シンパシーを感じなかったみたい。。。
どちらかというと、『りぼん』派。
『なかよし』は、里中満知子のマンガを楽しみに見てたかな。

いちご新聞は、もちろんキティらが出ているサンリオの新聞のことです。

投稿: にゃにゃ | 2009年2月 1日 (日) 10時50分

私世代は「本」
漫画は赤胴鈴之介・鉄人28号・リボンの騎士・鉄腕アトム…などがあったかしら
月刊誌の連載だったような気がします
これらはストリーがコマから読み取れたのですが、そのうち「ンギャ」みたいな擬音が多い漫画が多くなったて、読まなくなったかな

娘たちは「まんが」世代
なかなかクオリティが高くなって
私は、借りて時々読んでいた気がします。
久しぶりに娘の小学生時代を思い出しました
なつかしい
にゃにゃさんありがとう(^_-)-☆

投稿: kkagawa | 2009年2月 2日 (月) 08時43分

おぉ、kkagawaさんは、本当に
マンガの創世記を体験なされたのですね~

私もマンガ好きを名乗るなら、
『リボンの騎士』くらい読んでおきたいところです。
『のら黒』なら、読んだことありますよ~
単行本として復刊されていたのを。
(これは、あまりに古過ぎますね)

お嬢さんはどんなマンガを読まれたのか
とっても興味があります~

投稿: にゃにゃ | 2009年2月 2日 (月) 12時24分

なんというか、かわいいhappy02にゃんこです。
こんなにゃんこがいたらいつも目がはなせないかもしれません。

投稿: ミヨチ、 | 2009年2月 4日 (水) 01時37分

ミヨチ、さんは、察するところ、
犬より猫好きなのですね~。

本当に、かわいい、にゃんころりん なのですよ。
続きが読みたいなぁ~ 

投稿: にゃにゃ | 2009年2月 4日 (水) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝説のイラストレーター | トップページ | 2009年 1月 更新記録 »