« 旅籠の中から眺めた青空 | トップページ | 大きくなった我が家の秘密 »

2009年4月 7日 (火)

私の好きな棚

Photo



『棚の本』が出ました~。



校正の時に、出版社の方から、

棚のディスプレイで参考になるお店。
素敵な棚が買えるお店。


を、挙げてくださいと言われたのだが、

私には、浮かばなかった・・・





早く言ってくれれば、
そういう目で
雑貨屋さんを見てまわったのに~~

いつも、品物だけに目が行くので
ディスプレイだけ、しみじみ眺めたことがない。

(そもそも、あまり都内の雑貨屋さんになど
 行かない。
 行けない・・・・)



なんとか、よいお店をあげたくて
考えたのだが、

(強いていえば、
 サンクの棚がかわいかったなぁ~

って、ことぐらいしか浮かばなかった)


素敵な棚が買えるお店も
私が家具を買ったのは、結婚当時。

(まぁ、そりゃ、大体の人がそうだろう。)

みな、残念閉店してしまっていた。




雑誌向きのお答えはできなかったけど、

それから、私はずっと、
好きな棚を考えたよ。



とりあえず、3つ浮かんだよ。


Photo_3







一つ目は、エーグル・ドゥースの棚。

(お菓子屋サンです →
 イヤー・オブ・ザ・エーグル・ドゥース )



アンティークの菓子型が
ショーケースの後ろの棚に飾ってある。


私も、もちろん欲しいけど、
本当に持つべき人、
それを持つのに、相応しい人の下に
あの品たちはあるのだ!


と、仕方ない、と、諦めることができるのだ。


私は勝手に

オーナーは、渡仏、修行時代に
蚤の市に行っては、
少しずつ、お菓子の型を集めて
いつか、自分の店をもったら、飾ろう

なんて、夢を抱いてたのかなぁ~

と、妄想しては、楽しんでいる。


色々、ケーキ屋さんへ行きましたが、
什器に、アンティークシルバーを使っているのは
いまのところ、
このお店だけですよ。

それだけで、ワタクシは、ふんわりと、
贅沢な気分になれるのです。


(もちろん、肝心のケーキがおいしくなければ
 文句を言うところだけど。)



ふたつめは、

これが、国内だったら、
まさしく出版社が求めていたお答えだったでしょう。


私のアンティークバイブル
ロンドンアンティーク物語』に紹介されていた
お店。

エンジェルにある
ご夫婦で、時計とアクセサリーのお店
をやっていて
特筆すべきは、
天井近く、部屋の四方に棚が渡されているのだけれど、

そこに、ずらずら、ずらと、
奥さんが集めたテディベアが並んでいるのだ

(最初の写真みたいに、(真似してみた)
 それが全ての壁に並んでいる)


ひとりひとりに名前がついているらしい。

(よく、覚えていられるもんだ)


すごく、見ごたえあった。
でも、天井近くじゃ、だっこできないじゃ~~ん。


私が、この店のことが書かれたその本を
見せると、

『是非、譲って欲しい。』

そして、
『英訳して欲しい』 と、お願いされた・・・・

(そしたら、マケテクレルって・・・)


すんごい、いい加減英訳。
日本語、英語、両方分かる人があの店に
なるべく行かないことを願う。

でも、両国語わかる人によって、
バージョンアップされていたら、
それはそれで、素晴らしい!!

(でも、お年寄りのご夫婦だったから、
 寂しいけど、もう無いかもしれないな・・・)


この時、買ったロレックス

出してみた。
まだ、動いているよ。

(この時の、ワタクシはOL
 まだまだ、海外ブランド品に関しては
 枯れちゃおらん。
 熱い気持ちを持っていた。
 
 今は、全然欲しいと思わないけど。
 熱く、熱狂した時代を過ぎたからこそ
 言える事。

 
 時代は、あえて、
 アンティーク・ロレックスを持つことが
 ステイタスだったと、思う??

 いちばん安い、ビンテージロレックスを買う)




そして、3つめは、
本の町、神保町にある
アートブックスの本棚。

(手芸関係の洋書を扱うお店)


なんだ、かんだいっても、
私が心ときめくのは、『本 棚』 (の中の本)

本が並んでいる、本棚にはすぐに吸い寄せられる。

3つめが本棚じゃ、なんかずるいかなぁ~?



今度、町へ行ったら、
棚を眺めてみよう。

すてきな棚に出会えるかな・・・・


まずは、この本の中 『棚のある暮らし』で、
すてきな棚に出会えます。


私ももっと、棚を意識してれば、よかったなぁ~


でも、最近好きな棚は、何も載っていない棚。

究極の贅沢だと思うのは、
貧乏症の表われでしょうか・・・?


ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

昨日は、たくさんクリックしていただいて
ありがとうございました。

Antique Sampler トップページへ

|

« 旅籠の中から眺めた青空 | トップページ | 大きくなった我が家の秘密 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テディベアの乗ってる棚かわいいですね♪
いい棚売ってるところっていってもぱっと思い浮かばないですよね。
逆に何件もぱぱっとでてきたらスゴイような・・・。
棚、前に手作りの棚ばっかりをヤフオクで出している人ので可愛いのがあったような。
うろ覚えでブックマークしてなかったのって、後から探すと見つからないんですよね。

投稿: 1/5 | 2009年4月 7日 (火) 15時42分

ブログを拝見しながら
我が家を見回したら
棚がなかった
キッチンの家事コーナーの上に
少しだけ
それも 「実用」になっている
棚は家具の中にあるものだけ
どうして 我が家には棚がないのだろう
しばし 考えてみた
わからない???

投稿: kagawa | 2009年4月 7日 (火) 16時36分

もぉ~!まだ「棚の本」見れてないんよぉ~!
早く見たいんだけど、今日もちょっと引きこもってた
んで、木曜日は出かける用事もあるし、絶対
探して見るぞ!!(笑)

でもそうだよねぇ~。
お店に入っても、商品は見るけど棚まで丹念に見るって
事はないよねぇ~。
っつっても、私は特にそうなんだろうけど
にゃにゃさんは「ない」って言いながらやっぱり
色々見とるんだね!

(* ̄m ̄)プッ 確かに、棚があったら絶対私も
何か乗せたくなるから、何も乗ってない棚ってのは
贅沢の極みかも!(笑)

投稿: もも | 2009年4月 7日 (火) 18時59分

1/5さん、こんばんわ。

我が家のベアを総動員しても、
2つ目の壁で、終わっちゃいそうだなぁ。
4方を埋めるには、相当な数のベアが
必要だということがわかりました。

ベアの載っている棚は、だんな手作りです。
棚の上に、猫なんか寝てたら、最高ですね~ cat

投稿: にゃにゃ | 2009年4月 7日 (火) 20時27分

kagawaさん、お仕事の調子は、もう戻られましたか?

「棚がない」それは、
kagawaさんのお宅がとっても広いか、
きちんと収納が整っている現われではないでしょうか・・・

棚って、気づけば、乗せっぱなしになりがちですよね。
これからは、もっと棚を意識して
暮らしたいと思いま~す

投稿: にゃにゃ | 2009年4月 7日 (火) 20時31分

ももさん、こんばんち。

そんな急いで見なくてもいいよ~
そして、見たら全ての事を、大目にみてよ~
お願いよ~

そして、ももさんちの棚には、アトムちゃんを乗せちゃえ~

怖がっちゃうかな・・・

余談なんだけどさ、
私、昔、テレビでも紹介されたことのある、
木の上に住む犬を偶然、
旅行中発見することができたよ。

木の幹に板を渡して、犬小屋を置くスペースを作ってある。
わんちゃんは木を上ったり、降りたりして暮らしている。
山口県の萩市よ。
ももさん、見たことある?
もう、20年くらい前の話なんだけどさ

って、ごめん。クダラナイ事、書いて

投稿: にゃにゃ | 2009年4月 7日 (火) 20時38分

えっ!!そんな犬おるの初めて知った!!
(ごめん、私も棚に関係ない事に異常に反応!)

犬って高いところがあんまり得意じゃないはずなんだけど
自分で上っていくって事は、怖がってないって事
だもんね!!

えええ!!それに萩くらいだったら広島からなら
簡単にいけるところなのにぃ~~っ!
その頃知ってれば絶対見に行ったのになぁ~!

それと本♪
もちろん大目に見るよ~♪(笑)
って、ウソ!
大目どころか、きっと益々尊敬しちゃうと
思うよ♪

投稿: もも | 2009年4月 7日 (火) 21時22分

ももさん!

そうかぁ~、広島と萩、
近いから知ってるかなぁと、思ったんだけど。

『ズームイン!朝』で紹介されて

萩に旅行に行ったとき、道にまよって
ボーっと歩いてたら、屋根の上に犬が!!
普通に歩いて、のんびりしている。

エっと、思ったら、庭の木の真ん中に
犬小屋が建っていた。

「これは、これは、あのテレビのわんちゃんだ~~」と、
ひとり興奮したよ。

犬は高いところ、苦手なんだね。

そんなところも改めて気づく猫派のワタクシでした。

投稿: にゃにゃ | 2009年4月 7日 (火) 21時34分

棚に くま がたくさん飾ってあるとかわいいhappy02ですね!

投稿: ミヨチ | 2009年4月 8日 (水) 21時02分

そうですねぇ~、ミヨチさん。

いっぺんに、たくさんのクマの顔が
眺められて、贅沢ですね lovely

投稿: にゃにゃ | 2009年4月 8日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅籠の中から眺めた青空 | トップページ | 大きくなった我が家の秘密 »