« 私のインテリアとgraf | トップページ | モンブランの乙女 »

2009年6月 4日 (木)

シンボルツリーとシンボルタワー

Rimg4817_2

6月2日。

とうとう、我が家にシンボルツリーが植わった。



Photo

えんじの木


ネットで検索しても、
なかなか『えんじ』はでてこない。

それなので、どんな木なのかわからないが、

私はそのスラッとした枝、
かわいい葉っぱに惚れ込んだ。
そして、白い花が咲くという。

白い花の咲く木を植えたかったので、
すぐに決めた。



ホームセンターや園芸屋さんでなく、

田舎なので、ちょっと走ると
木を売る造園屋さんが、たくさん見つかる。

そんな中、
偶然みつけた造園屋さんで買うことにする。


造園屋のおばさんの話だと、

『えんじは、
 玄関の前に植えておくと、厄除けになる


というので、
ほんとうは、庭に植えたかったのだが、

玄関前に植えることにした。



(玄関前は、庭よりも広いスペースがある。
 (無駄だ~~)


 なんか、新しい家は、庭ばっかりある。
 (決して、自慢ではないですよ・・・)

 (今は寂れたが)商店街に生まれ、
 庭の無い家に育ち、
 アパートのベランダしか、経験したことのない私には、

 初めての庭は広すぎる。

 実際には、ものすんごく、広いわけではない。
 個人的感覚で、広すぎると感じている。


 自分で選んだとしたら、
 庭は今の広さの
 1/3くらいに決めたことだろう。

 (草むしり嫌だ。農作物も育てたいと思わない))



まぁ、そんな訳で、玄関のまん前に植えた。

なんか、いい感じ。

木を一本植えただけで、
初めて、自分の家なんだ~~~

と、じわじわと実感が湧いてきた。


(木を植えるのも、苦労でした。
 
 何しろ、玄関前にも、びっしりと
 小さな木が10本以上植わっていたのだから・・・

 松とか、なんかよくわからない木。
 しかも、グランドカバーには??熊笹がびっしり。

 だんなと日曜日のたび、こつこつと
 抜いていって、ようやくスペースを作った。)




いくら見てても飽きない。

可憐な繊細な枝ぶり。

自分の木は、初めてだものね。
これからは、守ってね。



と、ふと眺めていたら、またまた

おセンチな考えが浮かんできた。。。



前にも書いた(→ まじですか・・・・ )
私の大好きなアーティスト

彼も私と同じ年に、父親を亡くした。


父親への思いが全てではないが、

『失われていく命にも意味がある』
『思いは伝わる』

というような歌を作った。


そして、自分なら、

『全然関係ない場所ではなくて

 家族が見える場所の
 例えば、
 柿の木にでも生まれ変わりたい



って、何かのインタビューで言っていた。



(あぁ、その本が今手元にない。
 もっと、深いことを語っていたのに・・・

 私が書くと、軽薄だ
 意味が変わってしまっていたら、
 ごめんなさい ○○さま)



そのことがふっと、浮かんできた。
(何しろ、その歌は毎日聞いてるからね)


お母さんだ~~~

この木はお母さんだ~~~


背が小さくて、痩せてるかんじが似てるよ。

これからは、毎日、守ってもらえるよ。

何かあったら、この木に相談するよ。


思い込みが激しくてもいい。

私は、そう決めてしまった。



実は、ここのところ、10日ほど、
私はものすごく落ち込んでいた。

問題が起こり、
あまりのショックにその件に関して
すぐに対応を起こす気もなれず、
2~3日、横になったまま過ごしていた。


でも、気を取り直し、
問題解決に当たると、

その問題がおき、
思い切って解決に当たらないと


もっと、大変なことに
陥ってしまったであろうことが分かった




それが分かったときは、思わず、
天に手を合わせた。


本当に、守られている~~~~

と、感じた。


ありがとう。
でも、一体誰が守ってくれているのだろう・・・



それに気づく直前に
えんじを植えたので、
ますます守ってくれてる感が強くなった。



毎日、朝出かけようと、ドアを開けると
その木が目にはいる。

そうすると、
木がそこに居てくれていたことに
すごく、うれしくなる。



いってきます~

ただいま~

その木に向かって、声をかける。


どんどんこうして、自分の家になっていくのだと思う。





(でも、いつまでも、
 こんなセンチなことを書いていてもしかたないね。

 もう、1周忌だし、

 これからは、この木があるから、
 母の事は、なるべく書かないよ。


 でも、母は、身長140センチくらいだった。

 この木はどこまで大きくなる??

 そして、ごつくなってしまうのか?


 最後にお水もあまりあげられなかったから
 この木にはたっぷり
 お水をあげよう。

 枯らさない程度に・・・・ )







Rimg4819

だんな、たっての希望でブルーベリーの木も買った。



何年か前、
ちょっと、ボケちゃった母もつれて、
父と4人で、
ブルーベリー狩りに、よく行った。

だんなは、ブルベリー狩りに行くと、
メラメラと燃えてしまうのだ。



人の声は一切耳に入らず、
ひとり奥地まで、探索に行く。

そして、大粒のものをみつけてきては、自慢する。

でも、私は帰って来たときの
だんなの姿をみると、愕然とする


頭にはタオルをねじり鉢巻にし。
Tシャツびっしょり。
真っ赤な顔をし、汗をだらだら流しながら帰ってくる。
ズボンすそは、泥だらけ。

そこまで、やんなくても、いいんじゃないか。




母は、『小さいぶどうおいしいねぇ~』と言っていた。

(すごく、かわいい表現だね)


そうだ、忘れてたけど、
母にブルーベリーをお供えしたいと、思っていたんだ。

ちょうど、いいね~~

(これも、偶然ではないのだろうか???)




造園屋の親方が超まけてくれた

おばさんが、ぶつぶつ文句を言っていたが

おやっさんは、
最初から、この木は無かったと思えばいい』って


しびれたねぇ~~

私は惚れてしまった。
(といっても、枯れ専、ジジ専ではありません)


   



巨大○○家の目印オブジェ も

5月末解体されました。


巨大オブジェは、ブルー部分。
プラス、家の中に残っていた不用品

Photo_2 

私の実家の整理の時は、
自分たちでゴミ処理場にいったけど、

○○家のは、
ゴミ処理場で処分できないものが
多かったので、

ちり紙交換のおじさんに頼んだ。


(ゴミ処理業者にも見積もりをとったが、
 廃品回収のおじさんが、
 いつも営業にきてたので、そっちにした。
  
 4回くらいやってきたが、くるたび、
 安くなっていったので)




Photo_6

Rimg4709

オブジェ以外も、
(これは、庭側だが)

家にそってまわり全部に
ゴミが置かれ、
ゴミを1箇所に集めること自体、大変だった

(こんな写真と文章書いちゃって
 意地悪だね~わたし。

 でも、ビフォーアフターが分からないと、
 ネタにでもしないと、
  
 やってらんないよ!!)




Photo_4

せっかくなので、
台所の引き出しなども、思い切って
処分してしまった。

(油じみ、カビ、緑青もふいていた。)


もう、取り返しはつかない。




Photo_5

オブジェの土台になっていたのは、

スチール製物置の下に
古タイヤだった。

14年目にして、初めて知った事実。





今は、トイレと、
別の場所に抜いた木が残っているのみ。

(トイレも、黒ずみがとれないので、
 はずしてしまった。

 でも、これは、持っていってくれなかった

 まだ、新しいトイレを入れてないので、困っています。



 って、わざわざ2階のトイレに行きます。)



はぁああああ、すっきりですわ~~~


いよいよ、部屋の中を掃除して、
(これも、手ごわいが)

引越しに移ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« 私のインテリアとgraf | トップページ | モンブランの乙女 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

我が家にするまで」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも拝見しております。
あちらこちらをウロウロしているうち、「ナチュリラにやられた」にたどり着きました。
文章も読みやすく、とっても面白くて、また写真も上手に撮られているので、〝いい方のところへたどり着いたなあhappy01〟と一人喜んでいました。
きっと他の項目も同じように楽しいに違いない!!と気軽に読み始めた『あの家のこと』(いつか自分たちの家を手に入れたいと思っているので、家に関して興味がありました。)
で衝撃を受けました。
そこから一気に他の項目も拝見し、気がつけば徹夜状態でした。。
私は約1年前に義両親と間に決定的なことが起き、この人たちとは相容れないんだ、もう会いたくもないと考えるようになりました。
当時は隣に住んでいましたので、全く会わない訳にはいかなかったのですが、顔を見るたび、聞こえてくる声を聴くたび、体調が悪くなるような状態でした。
夫の失職→転職がきっかけで転居することになり、とりあえず義両親とは離れられましたので表面的には平穏を取り戻しました。
自分が辛いことに一生懸命で、でも人には言えずずっと心の中で(時には夫を責めwobbly)1年前のことを考え続けていたのですが、こんなにもご苦労されて、また一方では生活を楽しんでおられるんだと心が揺さぶられる思いで読ませていただきました。
今回の『シンボルツリー』のお話もとてもステキですねclover
えんじの木。私は初めてえんじという木があることを知ったのですが、枝ぶりや葉の形がなんともいえず、かわいらしく(愛嬌があって?)と素敵だなあと思いました。
またオブジェもその後どうなっていたのか気になっていたので、解体されたことを知り、よかった~と思ったのもつかの間、写真を見て驚きました!!
ゴミの量、想像をはるかに超えてます。。
自分とは関係のないこれらのものを処分するって。。とてつもない労力だと思いますdowndown
意地悪なんかじゃないです。
(このゴミを放置していくことを考えたら、意地悪ってなんのこと??という感じです)
お掃除&お引越し、まだまだお忙しいと思いますが、今後の更新もお待ちしています。
お体充分に大切になさってくださいね。
初めてのコメントなのに長文で失礼いたしました。


投稿: miu | 2009年6月 4日 (木) 16時05分

miuさん、こんにちわ。はじめまして。

コメントありがとうございます。
何度も何度も読ませていただきました。
涙がこぼれそうなくらいでした。

色々な記事もお読み下さってありがとうございます。
皆さん、人それぞれに、悩みはありますよね。
他の人の思いをそっくり理解することはできないけれど、
少しでも共感しあえると、
とってもうれしいですね。
miuさんも、miuさんなりの、
誰にもいえない思いがおありなのでしょうね。

私も最近、落ち込んだことは、
義父、義母も関係しておることもあり、
また、部屋の状態をみると、あまりの汚さに、
ついつい恨みがましく思ってしまうのですが

キレイごとでなく、人生は平等。

このことで悩まなかったら、
他の悩みが生まれてきたかもしれないな

と、思うことにしています。
(正直、今はへこんでる気持ちの方が強いかな~)

そして、いつまでも独身時代のような
気ままな気持ちでなく、
これからは、もっとしっかりしていかなくては、いけないなぁ~
と、また新しい家に引越しする前に
覚悟を迫られました。

そして、更に正直に言えば、
義父、義母の植えた木たちが憎かったです。
主人の家なのに、そんな感覚は無く、
(主人は大きくなったら、大変だから
抜いておけって言ってたのに)
なんで、
あんなに木を植えてしまったのか。。

悔しさをぶつけていたのでしょう。
毎日、木を抜くことと格闘していました。
その結果、無理をしてしまいましたが。。。
(ゴミも大変だったけど、木の方がもっと大変でした。)

miuさん、よかったら、又是非、
入らしてくださいね。
そして、又何かお話できたら、とてもうれしいです。
楽しみにしています。


投稿: にゃにゃ | 2009年6月 4日 (木) 17時21分

にゃにゃさんこんばんは♪

庭仕事おつかれさまです!

ところで、にゃにゃさんがなんだろう?と思っている「えんじの木」の正体はたぶんマメ科のエンジュ(槐)の木だと思われます。

Wikipedia-エンジュ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A5

白い花が咲くところや、にゃにゃさんの木の葉っぱの形も共通します。
私は高校に通っていたころ染色の授業でエンジュを使ったことがあります。
とてもやさしい、きれいな淡い黄色に染まるんですよ。

そしてエンジュはとても縁起の良い樹と言われています。
キットにゃにゃさんのお家にたくさんの良いことを運んでくれますよ^^
とってもステキなシンボルツリーすくすく大きくなるといいですね。

投稿: 1/5 | 2009年6月 4日 (木) 23時26分

うわぃ、1/5さん、
また教えてくれてありがとう。happy02

実はずっと、ニセアカシアと言う木が欲しかったのですが、だんながアカシアの木に反対で
(小さな頃、川原に群生しているのをみていて、
飽きてるとか・・・)

エンジュは似たような感じだったので、決めたのですが、
アカシアの別名もマメ科の○○エンジュらしいです。
すごく大きくなる木みたいです。

でも、エンジュは染色に使えるんですね~
面白そうですね~~
お花を使うのですか??

是非、お花が咲いたら試して見たいと思います。
いい事教えてくれて、本当にありがとうね!

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 5日 (金) 09時26分

たしかエンジュの花(蕾)を乾燥させて使ってたと思います。

でも葉っぱとか他の部分も使えるんじゃないかな?
私も染色はあんまり詳しくはないんですが、樹や草によってはたとえば葉の部分と皮の部分で出る色が違ったりするんですよ。

投稿: 1/5 | 2009年6月 5日 (金) 13時27分

1/5さん、ご親切にありがとうございます~

そうですよね~?
考えてみれば・・・
木の皮で染色してもいいんですよね。。
葉っぱで染めるのは、初耳でしたけど・・・

手芸に役にたつと思うと、よけいワクワクですね。

蕾もついたら、
記念にドライにしてみようかなと、思います。
ありがとう~~~

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 5日 (金) 17時01分

おおお~~♪
頑張ってるね♪

シンボルツリーもすごくいいよ♪
うちはこれといったシンボルツリーなるものはないけど
今年枝垂れ梅植えたから、早くそれが大きくなれば
いいなぁ~って思っとるよ♪
お互い立派に育てようね♪(笑)

で、私もブルーベリーはずっと植えたいと思いながら
未だに植えてないんだけど、いいなぁ~。
生のブルーベリーを食べた事がないから1回、
摘んだばかりのブルーベリー食べてみたくてね♪

でも、それにしてもホンマにすごいゴミだね・・・。
ホンマににゃにゃさん、よく頑張ってるわ!!

にゃにゃさんの事はお母さんもにゃにゃも、んで今度からはえんじの木も守ってくれるね♪
あ、もちろん旦那さんもね♪(笑)

投稿: もも | 2009年6月 5日 (金) 18時18分

おぉ、ももさん。
ようやくはじめの一歩を踏み出せたよ。
ももさんちの枝垂れ梅はどのくらいの高さ?
(桃は、植えないの??)

今は、ももさんみたいに、
庭に鳥がやってくると、めずらしくて
『ウェルカム』なんだけど、
そのうち、戦いが始まるらしい。

ブルーベリーが色づいてくると、
ヒヨドリが食べちゃうんだって。
食べられないように、あの手この手を考えなければ。。。
生ブルーベリーを食べると、(大量に)
やっぱり、目にいいよ~~
パソコンやるのが、楽になるよ~

頑張ってるっていってくれて、ありがとう。
にゃにゃと、お母さんは、守ってくれてる感じだけど、(えんじも)
だんなは、守ってくれてるかどうかはイマイチ・・・不明
と、言ったらバチが当たるだろうか。

木と共に、うちのだんなも
たくましく成長してもらいたいもんだよ。

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 5日 (金) 20時07分

昔 むかし 近所のおばさんから聞いた話
①南天の木が100本になったら天下を取る???
南天は下から立ちになるからでしょうけど
100本とは
②南天を鬼門に植えるとよい
 ナンデかな
③「?」を玄関に植えると魔除けになる
 今玄関で鉢に植えてあるけど、名前が思い出せません
その他いろいろ 
大部分は忘れてしまいましたが

この木 櫂の木でしょうか?
お庭が広くて 木ものびのびしてうれしそうです

ゴミの量凄いですね
片付いていく毎に
ご自分の家として愛着が生まれますね
大変でしょうけど
無理をしないように片付けてくださいね

投稿: kagawa | 2009年6月 6日 (土) 23時49分

kagawaさん、こんにちわ。

南天の木もかわいいですね。
ナンデかな・・(洒落ですか?ちょっとうけてしまいました)

姿形が好きで選んだのに、
魔よけにもなるなんて、ラッキーでした。

ブルーベリーもこの写真から、
5日くらいしか経っていないのに、
いきなり、色づいて、もう10粒くらい食べてしまいました。

今は掃除中で大変ですが、より愛情が湧くと思って、
がんばってやってます。
ありがとうございます。

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 7日 (日) 17時16分

サッカー勝ったね♪
「平成のゴン、岡崎」って言われてるだけあって、
なんか執念(偶然?)のゴールだったよね♪

あ、さすがのにゃにゃさんも毎日のゴミ掃除で
疲れて寝ちゃってたかな?

投稿: もも | 2009年6月 7日 (日) 22時10分

わぁ~~、ももさん。
ありがと!!
サッカーの話題降ってくれて。

もちろん、見ましたよ。見ましたとも!!
リアルタイムで。


そして、ブログに(誰も期待していない)
お約束のサッカー記事書こうと、思ってたのに、
そのことはすっかり、忘れてたよ。

今日も、掃除、木を抜いてたんだけど、
だんなと二人で、なんか集中できなくってね。
多分、昨日のサッカーの夜更かしのせいだね~
って話してたんだよ。

勝ったからこそ書けることだけど、
昨日の試合で決まらなかったら、
もう一試合、ハラハラドキドキ見れたのにね。

でも、昨日の試合は、熱くなったねぇ~

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 7日 (日) 22時46分

こんにちは!かわいい木ですね~。
えんじというんですね、知りませんでした。
シンボルツリーがあるなんて素敵☆花が咲くのが楽しみですね。

しかし・・・すごいゴミですね!これはストレスたまりますよね。
本当ににゃにゃさんはがんばっていると思います。
私だったらブチきれてますよ(>_<)
私も嫁という立場の人間・・・今は別々に住んでいるけど、
それでも思うところはいろいろあります。
いずれはにゃにゃさんのように向き合わなければならない問題なので
いつも人事と思えず拝見しています。
楽しみのインテリアで息抜きしつつがんばってくださいね☆

投稿: ロリス | 2009年6月 8日 (月) 11時58分

ロリスさん、こんにちわ~
ありがとうございます。

まだまだ、小さいシンボルツリーですが、
来年はどんな風に成長しているのか
楽しみです。

でも、肝心の庭に何を植えたらいいのか、
毎日悩んでいます。

ゴミの山は写真の2倍は、あったのですよ。
(ゴミ袋に出して捨てました)
ゴミより、植わっていた木、部屋中の汚れの方が、
涙でそうでした。(と、言うか出たね!)

でも、昨日、初めて近所の猫が
我が家の庭にやってきてくれました。
10秒くらい睨み合った後、逃げていってしまいました。

コレさえ終われば、動物と暮らせる!!
それを目標にがんばってま~す。

投稿: にゃにゃ | 2009年6月 8日 (月) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私のインテリアとgraf | トップページ | モンブランの乙女 »