« 引越しの記録 ①最初の荷物 | トップページ | 電車の音と、彼の声 »

2009年7月28日 (火)

穴と暮らして ②引越しの記録

60

ガーーーーーン!ショック~~~


これは、我が家にあったアニバーサリー・モニュメント???

『禁酒法令施行敢行の穴』





まだ、新婚の頃、
お酒に酔っ払っただんなとケンカになり、

(私も、自分は酔っ払ったことがあっても、
 飲酒しない両親の元、育ったため
 酔っ払いとはあまり接したことがなかった
 
 酔っ払いの扱いがよくわかっていなかった。)


気が大きくなっているだんなは、
「うるせえんだよ~~~」と、

壁を蹴飛ばした。


そうしたら、壁がバリ~~~~ン impact


『案外モロイもんなんだなぁ~』と、のたまわっただんな。
そして、その後、寝やがった。

(わなわな)



酔いがさめたら、平謝りだったが、
こんな穴が (もう少し小さいが)

結婚生活半年目くらいに集中して、
3~4箇所作られた。。。

(まぁ、だんななりに
 結婚生活に対して、ストレスもあったのかもしれない)


ワタクシは、あまりのショックに
マジで離婚も考えたが、

何でだろう?
離婚もせず、そのままきてしまった。

(ワタクシの心が広いということにしておこう)



でも、それ以来、
我が家で、お酒を飲むのはご法度となった。


私も、酒好きというわけではないが、
独身時代は、
同じ年くらいの常連が集まるお店があり、
みんなでおしゃべりするために
大体、毎晩、お店にお酒を飲みに行っていた。

(お休みすると、電話がかかってくるので、
 休むわけにはいかなかった。泥沼だ・・・)


(まぁ、だんなとも、そんな感じのお店で
 出会ったのだから、
 やっぱり、お酒関係は、私には
 近寄ってはいけない領域だったのかもしれない・・




だから、私は、まるっきり飲めない!!
という訳ではなかったのだが、


『だんなひとりが飲むなと言うんじゃない。

 ワタクシも我慢すんだから、
 だんなも家では飲むな~~~
 
 飲むんだったら、外で飲め~
 うちに帰ってくんな~~ 実家行け~~~ 』

ということになった。



(でも、そのお陰で、
 私は現在、お酒が飲めなくなった

 だんなもほとんど、飲まなくなり、
 健康、ダイエット、家計的には、すごく助かっている。

 そして、今は、私も酔っ払いの扱いが
 少しわかり、
 大人になったね。

 と、思った。) 




でも、この穴と共に暮らして13年。

いつも、何かで隠していたよ・・・・


そして、退出する時、
『不動産やさんに何て言われるんだろう・・・・』

法外な金額を請求されるんじゃないか』と、
いつも、ため息をついていた。

心の中にも、大きな穴ができて、
不安の風がしゅうしゅう、吹き抜けていた。

今回の引越しも、そのことを考えると
取りやめにしてしまいたくもなった。

あぁ~~あ~~~~~



でも、仕方ない。
いくらお金が掛かっても
直さなくてはいけない時がきた!!



へへへ・・・・

でも、大丈夫。

そんな常連が集まる店の仲間であった
そして、だんなの超友達でもある男 『 I 』
(親友ってなんか書きずらいね)

クロス職人さんなのだ~~~


お願いしてきてもらう。



61

①まずは、穴の大きさを測る

 そして、穴のまわりを大きく四角くカット。


(あの~~、穴が返って大きくなりましたが
 大丈夫なんでしょうか・・・)

と、シロウトはちょっとドキドキする。
 



62
② 当て木をうつ。


63

③ ボードを穴の大きさにあわせて、カット





64

④ そして、ビスをうち、完成。


クロスも貼ってもらおうかと、思っていたが、

一部分だけ新しいと、返って変だというので、
補修はここまで。



こんな補修はクロス屋の仕事ではないと
いいながらも、

わずか10分くらいで完成~~~


さすが I !!

お世話になったよ~~~、ありがとう~~~

(お礼は、後で我が家で
 お酒を飲ませてくれればいいそうです。)


そして、先日、
ドキドキの引渡しとなったが、
クリーニング、畳の張替え費用、
鍵の交換代、クロスの張替え代、

なんだかんだと、取られたが
 (本当は払いたくなかったよ~)
 
この部分の費用は、取られなかったよ。

 『ここまで、補修してあれば、OKです』
 
ということになった。


はぁ~~、よかった。
悩んで過ごした10年間は、なんだったんだ。

でも I には、感謝。


そして、その後 I には、軽トラも借りた。

何度も借りた。
 I がいなかったら、
我が家は引越しできなかったかもしれない


というくらい、お世話になった。


そのうち、腰がたたなくなるくらい、
お酒を飲ませなければなるまい。

だんなが飲んで、クダを巻いても
怒らない様に、訓練しておかなければなるまい。


また、穴と共に暮らすのは、もうごめんだ。



65

そして、その日の午後。

第2弾。

まだまだ、楽な中位の家具。
だんなが作った
ガーディニング用の家具が主。





66


これは、確か6月の終わり頃。


5月は、庭の木と格闘。
熱を出し、2週間くらい寝込む。


6月前半は、母の1回忌などがあり
そちらが忙しかった。

更に7月の始めは、
父の介護保険の切り替えなどで
なんだかんだあり、
時間がとれなかったり、

なかなか引越しの方ができなかった。


それまでも、忙しくて、
何が何だかわからない感じだったのに、

これから先、
もっと過酷な佳境に陥っていくのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←クリックして頂けたら、うれしいです。

Antique Sampler トップページへ






|

« 引越しの記録 ①最初の荷物 | トップページ | 電車の音と、彼の声 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

復帰されたのですね。おめでとうございます。一時は心配してしまいました。今度後もまた、お付き合いお願いします。さて、穴の件ですが、どうすれば開くのでしょうか?ケリをいれたと書いてありますが、迫力ある穴ですね。

投稿: ミヨチ、 | 2009年7月28日 (火) 22時11分

お引越しの様子がよくわかります
お疲れさまです
でも・・・
畳の表替えなど自然の経年変化に対しては
費用の請求は「0」じゃなかった?
「穴」ここまで修理をしてあると、あとはクロスやがパテを打って、クロスを張り替えます。なにもなかったようにきれいな壁になります
私、あ~職業がでていやなおばさんになっています。

投稿: kagawa | 2009年7月28日 (火) 23時25分

ミヨチ、さん、お久しぶりです~
ご心配をおかけしまして、ごめんなさい。
こちらこそ、今度ともよろしくです。

穴は、どうしたら開くのでしょう・・・
壁に向かってケリをいれたらあくのです。
中は空洞、スカスカなんですね。
だからといって、開いてしまっても、
仕方ないとは、思えませんが。。。
(壁の穴からドラえもんでも、やってきてくれれば別ですが。)

投稿: にゃにゃ | 2009年7月29日 (水) 15時17分

kagawaさん、ありがとうございます。
そうなんですよね!そうなんでした!

自分でも確か、国土交通省のガイドラインを
取り寄せなければと、少し前まで、頭にあったのですが、
いざ、引越しとなると、徹夜続きで、
そして、この穴のことだけ気になって、
穴がOKってだけで、ホッとして、
その他の費用のことを、つい見過ごしてしまいました。

早速、再検討してもらうように、電話しました。
消費者第10条、今までの判例なども、
ネットで熟読しました。

よかった~~~。書いてもらって。

相手が何て返事してくるかわからないけど、がんばって、交渉してみます。
ありがとうございました。

投稿: にゃにゃ | 2009年7月29日 (水) 15時25分

お久しぶりです(^^)
引越しってほんと、大変ですよね!
でも、にゃにゃさんの日記を見ているとなんだか楽しそうで(本当は大変なのだろうが)読んでいて面白いです。
新居がどのように変わっていくのかが今から楽しみで楽しみで・・・。
また雑誌の取材が殺到しそうですよ!

毎日暑いので、お身体ご自愛くださいね。

投稿: ほへと千鳥 | 2009年7月30日 (木) 19時35分

ほへと千鳥さん、お久しぶりです~

読んでいておもしろいと、書いていただいて、
うれしいですが、
この時は、まだ余裕がありましたね~

この先、どんどん修羅場になっていき、
写真を撮っている余裕は無くなってくるのですけどね・・・

今は、もう何もする気力、体力がなく、
荷物の山の中で、昼寝ばかりしています。
お互い、季節柄、体調には気をつけましょうね。

投稿: にゃにゃ | 2009年7月30日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 引越しの記録 ①最初の荷物 | トップページ | 電車の音と、彼の声 »