« だらだら JUSTインテリア | トップページ | 六本木で買ったもの »

2009年12月15日 (火)

THE ハプスブルク

Photo


日曜日は久しぶりに東京へ行ってきた。




Photo_2

1年ぶり以上の国立新美術館。


ちょうど、その時も

マルガリータ王女に会いに行った

『ベラスケス作 薔薇色の衣装のマルガリータ』

→ 藤子先生、間に合いました(夏休み日記その5)



その時 3歳だったマルガリータも

今度の来日は 5歳。

ごれは是非とも会いに行かなければと
前売り券を買っていた。


この前売り券がですね~~~

プレミア付き!!

この展示会の名前ぞ!!

『THE ハプスブルク』


ハプスブルク家のコレクションの公開なんですね~~

私は、ハプスブルクという名前は
小学生の時に、結構しっかりインプットすることができた

そうさ!

『ベルばら』にて。 shine


マリー・アントワネットの母、
マリアテレジア。


ハプスブルク家の女帝ですね~


私のように、ベルばらでハプスブルクを
覚えた人が
この日本には結構いたのだろう・・・?
(多分)


プレミア付き入場券とは、

池田理代子デザインの入場券がもらえるのだ。

ハプスブルク家の超有名3人の女たち

今回の展示の目玉であろう!!
この3人の中から選べる。


ヨーロッパで一番美しいといわれた
一番人気の エリザベート

そして、若き美しき日の

(ベルバライメージが強いため
『えぇ~~、これが~~』と言いたくなる)
11歳の?マリア・テレジアの肖像

それから、ベラスケス描く
{白衣の王女マルガリータ・テレサ}




私は、ベルバラにあやかり、マリアテレジアと
マルガリータを選んだ。


(もらえた時はうれしかったが、

 選らばれしものだけが、持てる物。

 非売品よ~~~

 と、うれしかったが、
 また捨てるに捨てられぬ物が増えてしまった・・・ )


Img_1066


Img_1063



しかし、前売りを買ったのは
たしか、8月か9月頃だったのに、
なかなか行く事ができず、

最終日前日、最後の日曜日に出かけたため

ものすごく混んでいた。


『牛乳を注ぐ女』どころではない。

(それとも、やっぱりベルバラ効果なのだろうか?

日本人はハプスブルク家が好き??)


入場制限付き。

入場できても、人垣で絵は見えない。

山手線の通勤タイムなみの混みようであった


気長に待ち、
どうにか絵を見ることができても、
こんどはその中から、なかなか抜け出すことができない。


じっくり絵を鑑賞なんて気にもなれず、
最初の1枚を見たところで、帰りたくなってしまった。


とりあえず、遠くから眺めることにして、
有名な画家だけ、
きちんと見る
方式にすぐに変更。




なにしろ、今回の展示は

ハプスブルク家の肖像画以外にも

すばらしい当家のコレクションがやってきているのだ。


あまり美術史に詳しくない私でも知っている 

ジョルジオーネ

ティツィアーノ

デューラー

ムリーリョ

ヤン・ブリューゲル

ヴァン・ダイク

レンブラント

ルーベンス



有名どころがきているのだ。


そして、個人的に大好きな

ベラスケスはもちろん、

私的に一番の目玉
初めてクラナッハの絵にご対面できるのだ。


入場して1分で帰りたくなったが、
音声ガイドも借りてしまったし、

音声ガイドもいつも楽しみ

 最近のガイドは凝っいる。
 説明文を朗読するのが、
 和ものなら歌舞伎役者だったり、
 洋物なら、俳優だったりする。

 今回は 高嶋政宏だった)

クラナッハと、マルガリータにだけは是非とも
根性で会いに行こうと思った。



そして、ついてみてわかったのだが、

今回はマルガリータのほかに

マルガリータの弟君も来日していることが
わかった。



きゃぁ~~~、うれしいよ!!


弟君の絵、『フェリペ・プロスペロ王子』

この絵は、
『 怖い絵 』(中野京子)という絵画の解説本に
紹介されていたので、
その背景などは、よく知っていたのだ。



ハプスブルク家は

『戦いは他にまかせよ。
 汝は結婚せよ。』

という家訓どおり、
血族結婚のくりかえしにより
ヨーロッパを支配してきた一族だ。



その血族結婚の弊害で、跡継ぎは育たず

フェリペ四世の男児はプロスペロ王子しか
残っていなかった。
しかし、生まれた時から病弱で
この絵は2歳の時のであるが、

それより、2年後王子は亡くなることになる


怖い絵の作者によると、


王子は遠くを見ている。
心はもはや、別の次元へと向かってでもいるように


と記している。

幼児が持つはずのない
静かなたたずまいの美があるとし、

ベラスケスは、王子が年をとる事がないと、
感じていたのではないかと、
記していた。



私も是非とも、本物の??王子と対面して

王子の目のみつめる先を見てみたいと思った。




それから、クラナッハ

まだ感受性高き10代の頃、

(ワタクシのバロン様 heart)作家の
澁澤龍彦が紹介しているのを読み、
覚えた。
それからずっと、憧れの画家。

でも、一度みたら、スリムな体に
ミステリアスな微笑をたたえる美女
の絵は
忘れることができないだろう。


澁澤は乳白色の肌の色が美しいと言っていた様な・・・



とにかく、王子、マルガリータ、クラナッハ

だけを目当てに、人並みに押されながら
会場をめぐる。


(絵画以外の工芸品もすばらしかった。
 もっとゆっくり見れたらなぁと言う感じ)


まずは、クラナッハにご対面。

Img_1077_2 


この展示で初めて、絵画の世界に
自分を埋没できた。

体を押されるのが気にはなるが、
ず~~っと、眺めていたくなった。
いくら見ても見飽きなかった。

そして、やはり澁澤のいうように、乳白色の肌が
とてもきれいで、
他の画家では見たことがないような
美しい肌の色だった。


(そして、なんと作品は『サロメ』だった。
 おぉ、こんな有名作品がきてくれたなんて!!)

サロメらしく冷酷で、冴え冴えとして微笑をうかべ
その残酷さに恐ろしいけれど、
直接触れてみたいと思った。

美しかった。

すばらしい!!!


でも、ふと眺めているうちに

『厩戸の王子!!王子ではないですか!』



山岸凉子描いたところの聖徳太子
 『日出る処の天子』

 あくまで漫画好き!!)

『王子、こんなところにいらっしゃったのですね~』

と、思わず、心の中でつぶやいてしまった。



そう、王子がお得意の?女装をし、
まんまと敵をしとめたかのように、感じてしまった。


(でも、まさに王子はサロメの血を汲んでいる。
 『血がみたいぞ・・・』なんて
 セリフなどまさに)

とにかく、今回の展示の中で一番感動した。




それから、マルガリータ。

マルガリータの感動はいまいち。

ただ、いつの日か見れたらいいなと
ずっと思っている、
ベラスケスの超有名作 『ラス・メニーナス』

(やはり、マルガリータが登場)


それと、今回のマルガリータのドレスが似ているので

まだ見ぬ、『ラス・メニーナス』に思いを馳せた。




弟君 『フェリペ・プロスペロ』は、何度も見に行った。

彼の瞳を何度も覗くが、
何をみつめているのかは
私にはわからない。。。。

でも、やっぱり彼の瞳には、
幼児の愛くるしさはないようで、

私にはひとりの大人の目のように見えただけだ。

Img_1075






でも、とにかく、混みすぎていた。

絵の感動より、会場から出られることの方が
うれしかった。


もう少し、空いていたら、
違った感想をもつこともできただろう・・・・

仕方ない。

彼らに会えただけでも、良しとしよう。






帰りは、ミッドタウン。いつものコース

そして、ヒルズに行った。


Photo_3


六本木ヒルズには今更なんですが、
初めて行った。
複合ビルの集まりだとは聞いていたが、

あそこまで巨大だとは思わなかった。

ヒルズと言う地名と一緒ではないのか!


スタバにちょっと寄ろうと思っただけなのに、
見つからず、
(ヒルズには4箇所、スタバがある。
 ヒルズ限定のドリンクもあるそう)

途中で、結局休憩のためお茶をしてしまった。

2時間近くもさ迷ってしまい

もうヒルズにはくるもんか!!

と、思った。


でも、ミッドタウンも、ヒルズも
イルミネーションは美しかった。

更に、本場ヨーロッパのように
両方ともクリスマスマーケットができており

(クリスマスオーナメントを売る市場)

そこだけは、感動した。

Img_1042



イルミネーションもきれいだったが、
こういう写真は
撮る方は楽しいけど、見るほうはあんまり
おもしろくないよね、写真じゃね。

だから、少しだけにしておきます。

本当はもっと、たくさん撮りまくり~~~

Img_1017
エルメスのディスプレイ



続きは
買ったものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ 実は順位はそんなには、気にはならないのですが、
クリックいただけると、
「少しはおもしろかったのかなぁ~?」って思い
ホッとします。
クリックで応援して頂けると、
とてもうれしいです。(コメントもとてもうれしいです)

よろしくお願いします。

Antique Sampler トップページへ

|

« だらだら JUSTインテリア | トップページ | 六本木で買ったもの »

おでかけ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

人気の展示は混んでさえなければ!って思っちゃいますよね。
仕方のないことなんですけど^^
混み合ってなければもっとゆっくり見れるのに〜って。

投稿: 1/5 | 2009年12月15日 (火) 16時35分

ベラスケスが来ていたのですね
遠い昔 プラド美術館で
見た記憶があります。
記憶があいまいなので たぶんですが。
ラス・メニーナス お土産に1000ピースくらいのを買ってきて作りました
日本に来た時は、熱心な方が大勢見に来られるので、おすなへすなで・・・大変
ハプスブルグ家には、物語がいっぱい
想像が膨らんで、しばし 今を忘れさせてくれますね

投稿: kagawa | 2009年12月15日 (火) 17時30分

1/5さん、混んでましたよ~~

あんなに混んでいたのは初めて!
私たちが帰るときまで、(4時ごろ?)
すごい入場制限の列ができていて
コンサート会場のようでした・・・

しばらく美術館に行くのも、うんざりです。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月15日 (火) 18時16分

kagawaさんは、『ラス・メニーナス』
ご覧になったことがあるのですね~~

あの作品こそ、不思議な世界に
入っていってみたいので、
ゆっくり、じっくり、ひとりで見たいものですね~

でも、日本では決して、無理な注文でしょうね。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月15日 (火) 18時18分

にゃにゃさんお久しぶりですー

なんだかばたばたしてしまっていて(師走だから?)
ご無沙汰してしまいました。
毎日寒いですね〜


最初の写真すっごくきれいです!
日本ではないみたいに見えますね〜


私もベルバラでハプスブルグ家を覚えた口です。
そして限定入場券!うらやましいでーす。。。!
もう終わってしまったんですよね〜
うーん残念。。。

最近世の中のチェックも怠り気味です。
にゃにゃさんはえらいなあ。
アンテナは常に張り巡らせていたいと思うんですが
なかなかできなくなってきました。


にゃにゃさんがご紹介してくれた絵は印刷物としては
見た事はあるのですがやっぱり本物は違いますよね。
私もサロメ見たくなりました。
(厩戸の王子っぽいってのはわかる気がします)

それにしても有名どころがきた美術館は
殺人的に込みますよね。。。

投稿: りこ | 2009年12月16日 (水) 15時06分

にゃにゃちゃんの解説読んでるうちに
私もその美術館の中に入ったような気分になったよ!
いつも描写がうまいんだよなぁ~。(マジで)

私も全く詳しくないし雑食なんで、「コレ」っていう
好きなものはないけど、美術館行くのは好き♪
ずっと前だけど、旦那と美術館のつもりで行った建物が
何かの宗教施設だったことがあってビックリしたことが
あるよ!(笑)

あ、いつもにゃにゃちゃんの記事は面白いけど、
ついポチするの忘れちゃうんだよね。(笑)
今日は忘れずポチ!!

投稿: もも | 2009年12月16日 (水) 18時17分

りこさん、こんにちわ~

寒くなりましたね。
今日は1月中旬の天気だったそうです。
寒かったですよね。

まずは・・・・


う、うれしいっ!!!

サロメ=厩戸王子をわかって下さる方がいたとは・・・・


本当に、自然に、『王子~~~』と、
心に浮かんできてしまったんです。

りこさんも、大奥と言い、ベルバラといい
案外漫画がお好きなのですね~??
(うれしいです)


私がハプスブルクの前売りを買えたのは
たまたまです。

久しぶりに六本木に行きたいなぁと、思って、
美術館のスケジュールを調べてみたら、
次回がハプスブルクでした。
理代子先生の券ももっと早くに
紹介してみたかったけど、出かけるまでは、
ただのローソンの予約券でしかなかったんですよ。

高崎の谷内六郎は、行こうと思っているうちに、
終わってしまいました。
残念。
りこさんは、行かれましたか?

投稿: にゃにゃ | 2009年12月16日 (水) 21時54分

いや~、ももちゃん。
褒められると照れますな。

応援、ぽちっも、いつも行ってる所だと
ついつい忘れちゃうよね。
私もぽちっを忘れてごめんね。

宗教団体で、美術館を運営しているところもあるよね~

私は一度、その手の美術館に行ったことがあるよ。
絵のコレクションは素晴らしかったけど、
入る時は少々居心地が悪かったよ。


投稿: にゃにゃ | 2009年12月16日 (水) 21時59分

私も漫画大好き少女だったんですが、ベルバラはちゃんと見てない^^;
東京にいた頃はよく絵画展も出かけたけれど、よく無料のチケットを頂いたので^^;
美術の本などでおなじみの絵を生で見るって、全然違うよね。
音声ガイド使ったことないんだけど、結構有名は人の声で録音されていたりするんだね。
終了日間近って確かに混むんだよね~
私は一番混んでいたのは、京都のお寺の修復工事の関係で、しばらくお蔵入りする為当分見れなくなってしまうというもの。
平日だったんだけど、定年退職後の方たちが多くて、とにかく混んでた(涙)
すぐに帰ろうかと思ったよ。
六本木ヒルズはそんなに行かなかったけど、友達がそこで働いているので、会いに行くぐらい。。。あの巨大な蜘蛛のオブジェはまだあるの?

投稿: chico | 2009年12月17日 (木) 09時33分

今日も寒いですね〜
結露がものすごい事になっておりました。。。


あ、ばれてしまいました?(^^;)
漫画大好きなんです。
時々でてくる漫画のお話ににやにやしておりました。
周りに漫画の話がわかる人がいないので
私こそとってもうれしいです〜


自然と『王子〜』と心に浮かぶなんて!
サロメますますみたくなりました。


谷内六郎展は私も気がついたら終わってました。。。
横須賀に美術館があるそうなので
機会があればいってみたいなあと思ってます。

投稿: りこ | 2009年12月17日 (木) 12時21分

そうか!chicoさんも確か前に
漫画家になろうかと思った?って
書いてくれなかったっけ・・・

ベルバラは、私は友達の勧めで読みました。
「オスカルさま~~」とは、ならなかったけど、
たまに読み返したくなる漫画ですね~

本当にもう、混んでたって
印象しかない展示でした。
もっと早く行っておけばよかったかな・・・

ヒルズで働いている友達!
すごいね~~

くものオブジェ、案内書には
あったみたいですが見る余裕もなし・・・

初めてだったので、迷いまくりでした。
建物の配置がようやく頭に入った頃には、
もううんざり。

今回は疲れにいったようなもんですね。

でも、久しぶりの東京。
それなりに、楽しかったです。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月17日 (木) 14時58分

りこさん、こんにちわ。
今日も引き続き、寒い!!
パソコンの周りにストーブを2つ置いてます。

それは、そうと~~~

うれしいです~~


私もまわりに漫画好きがいなくて、
ブログについつい、書いてしまっても
誰も突っ込みをいれてくれないので、

(インテリアブログで漫画の話をしても
しかたないんですけど・・・)

分かってくださった方がいたのは、
うれしいです~~~


本当は、つっこんで、

『ね、ねっ、りこさん。
 どんな漫画が好き!!
 お勧めはどれ??』

と、聞きたいのを必死に押さえてます。

(って、催促してるようなものか~~

もし、よかったら、コメント公開しないコトもできるので、
時間があるときにでも、ちょっと教えてね。できたらでいいですよ~)

私が今毎月、楽しみにしているのは、
『テレプシコーラ』と、『君に届け』
ちょっと、当たり前ですかね~

なかなか頭が固くなったせいか、
新しい漫画家さんを発見できないでいます。


って、ごめんなさい。
ついつい、漫画のことばかり
書いてしまいましたね~

今日はこれから、
『誰も寝てはならぬ』を読みます。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月17日 (木) 15時07分

今日も寒いですね〜
明け方の地震は大丈夫でしたか?
うちの方は結構揺れました。
群馬に越してきて一番大きい地震でした。


漫画はだいたい何でも読みます。
ダンナも漫画好きなので結婚してからは
量が半端ない事になっております。。。

私は今は大島弓子を読んでいます。
今更ってかんじですけど。
今読むと古い感じもするんですけど
すごくおもしろくて
そしてぼろぼろ泣いてます。

あとジョジョの奇妙な冒険にはまっています。
。。。すみません。
昔は好きじゃなかったのに、コンビニで廉価版の冊子
を何気なく買ってみたらおもしろくて。
とうとう全部そろえてしまいさらに連載中のコミックを
買ってしまっているありさまです。

前の話になりますが池田先生はベルバラよりも
オルフェウスの窓と言う作品が好きでした。
こっちはロシア革命の頃の話でしたか。
やっぱりオスカル様みたいな男装の麗人が
でてくるんですよね。懐かしいなあ〜

私も今時ではないですよね。


テレプシコーラは途中までよんでました。
確か六花がローザンヌコンクールに出場した?
くらいまでです。もうだいぶ前ですよね。
いつかまとめて読みたいなーと思ってます。

そして君に届けは読みたいのですが
まだ読んでないです。
やっぱりおもしろいのですね。
楽しみだなあ。

誰も寝てはならぬは名前だけ知ってました。
確かモーニング連載ですよね。
面白かったら教えてくださいねー

お言葉に甘えて長々と自分の事を書いてしまいました。
すみません。。。

にゃにゃさんのおすすめもまた聞きたいです。


投稿: | 2009年12月18日 (金) 14時43分

りこさん、ありがと~~~

(コメント公開しちゃったけど、大丈夫かな?)

けさの地震は怖かったですね~~
私はずっとこのあたりに住んでますが、
あんなに大きな揺れは生まれて初めてでした。
とにかく、怖かった・・・
りこさんも大丈夫でしたか?


ありがとね~~、ずうずうしいかなと、思ったけど、
お返事いただけてうれしいです。

私も大島弓子大好きです!!

「いちご物語」「綿の国星」「バナナブレッドのプティング」などや、
短編でも、すばらしいものがたくさんありますよね。

うぅ~~~、私も読みたい。
実家に捜索に行って来ようかな。。。
(りこさんが泣いちゃうやつって何かな??)

私は今はやっぱり、「ぐーぐー」が読みたいかな。
持ってないんだけどね。

「ジョジョ」は、読んだことありません。
機会があったら、チェックしてみます。
ありがとう。

「オルフェウス」は、多分??
連載雑誌が変わったり、お休みがあったりで、
自分としてはどこまで読んだが記憶がありません。
あまりにも、内容が、お姉さんすぎてついていけなかったんです。
完結したんでしょうか??
完結したなら、読んでみたいなぁ

私は池田理代子は、短編が好きだったんです
「おにいさまへ」とか「章子のエチュード」とか
ソロリティーズって、言葉も忘れられません。(笑)

(って、結局私も、
小学生や中学生の頃読んだ漫画をひきずていて、その当時のものが、今でも一番好きですね)


テレプシは、まだローザンヌやってますよ。
これからの展開がますます楽しみです~

『誰ね』がモーニングと出てくるところが
もう、りこさん、シロウトじゃありませんね。

絵はいまいちと、思っていたのですが、
じわりじわりと、はまってきて
まったりできて、大好きです。

4コマ漫画のようですが、いちおう
前後のつながりがある漫画ですよ。

猫ネタが特に好きなんです。

懲りずによかったら、また
漫画のこと教えてくださいね~

『読んだことのないおもしろい漫画が読みたい!!』
いつも、願ってます。

でも、読んだことない漫画のコミックスは
買うことができない・・・
いつも、立ち読みしたものを買うばかりで、
最近、ワクワク感が味わえません。

ので、よろしくお願いしま~~す。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月18日 (金) 18時35分

こんばんわ〜
ごぶさたしてしまいました。
実はPCがウィルスにやられてしまって
しばらく使用不可でした。。。
もう大丈夫なんですけどこわいですねー
にゃにゃさんも気をつけてくださいね。


大島弓子、にゃにゃさんもお好きとはうれしいです。
私が泣いてしまうお話は『ダリヤの帯』『ロストハウス』などの短編が多いです。
バナナプティングも綿の国星も大好きです。
まだ大島弓子を良く知らなかった頃
川原泉が大好きだったのですが
今思うと大島弓子の影響がすごく感じられるので
私の好きなテイストなんだなと気がつきました。


オルフェウスの窓はもう完結してると思いますよ。
ユリウスの記憶が戻るんだったかなー
私もおぼろげですが、次の世代の子供達が
またオルフェウスの窓で出会うところで終わったような。私もまた読んでみたいです。
そしておにいさまへ!一気に思い出しました。
ソロリティーズは確かに強烈でしたよね。
う〜ん 懐かしいです。。。


『誰もねてはならない』は何かの雑誌のレビューで知りました。
私も絵が好みではなかったので手に取ってはみなかったのですが、
食わず嫌いはいけませんね。私も今度読んでみます。


ネコネタで思い出したんですけど『みかん絵日記』って
読んだ事ありますか?
ネコが可愛くてちょっと切ないお話です。
同じ作者で『月の船』って作品もいいですよー


なんてながながとまた書いてしまいました。
私は公開でも非公開でも全然大丈夫なのですが
ブログの内容とまったく関係ないので
申し訳ないです。。。

投稿: りこ | 2009年12月28日 (月) 04時12分

りこさん、こんにちわ~~
またまた、ご相手してくださって、ありがとうございます~

こちらこそ、調子にのって、書きすぎちゃったかなと?
少々思っていたので、
お返事いただけて、うれしいです。

ブログの内容とは、違ってきてしまいましたが、
私は全然構いませんです。

やっぱり、ブログ書いているのは、
話し相手が欲しいということもありますし、
過去の記事にも書いたことがあるのですが、
インテリアのブログなのに??
なぜか、漫画の話をしてくれる人も求めていたので、
りこさんのコメントは願ったり叶ったりです。

ウィルス災難でしたね。
パソコンも便利ですが、何かあると、大変ですね。
私は、パソの知識があまりないので、
神頼みで使うばかりです。


大島弓子の短編、すばらしいですよね。
りこさんが書いてくださったものも
読んだことあると思いますが、内容が
すぐに浮かびません。
やっぱり、実家へ行って探してこなければ。。。

私は、『ダイエット』や、宇宙人の「う」さんや、生まれ変わったら、何人かでお姫様になるというお話が好きです。
題名が浮かばないんですが・・

私は川原泉こそ、すばらしい作家さんなんでしょうけど、
食わずきらいです。読んだことありません。
大島さんちっくなら、1度天使のものでも
読んでみようかな

オルフェスもそういえば、読んだことあるみたいです。
友達から借りたので、1度しか読めなくて
記憶がおぼろげでしたが・・・
大人になった今、読んだらもっと深く読めるんでしょうね。
あぁ、昔の漫画は、よかったな~~

(ソロリティーズといえば、私は
『つる姫』がぱくっていた短編を思い出してしまいます。)

『みかん絵日記』というのも、知らなくて、ググッて見たら、表紙だけはみたことあるみたいです。
アニメ化されたんですね~
文庫も出てるし、探してみます。

お正月はいっそ、猫漫画を買いあさってみようかな~~

『くる猫』も読みたいんですが、1巻が
猫が死んでしまうお話があったので、
そうなると、なかなか読めずにいます。
KISSの『猫様のいいなり』も、最近は結構好きです。


りこさん、よかったら、また
『ハプスブルク』へ、
遊びにきてくださいね~~。

私も、何かおもしろい漫画を探してみます。

投稿: にゃにゃ | 2009年12月28日 (月) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だらだら JUSTインテリア | トップページ | 六本木で買ったもの »