« ビフォーアフター リビング編  引越しの記録⑧ | トップページ | 汚部屋? いざ、新居へ 引越しの記録 ⑨ »

2010年1月27日 (水)

『レプリカ、ビンテージ』合わせて咲いたよ、赤い花

Photo

一応、(一応ね)

このブログは、ブログ村の
『北欧インテリア』に
登録してあるんだけど、

全然、北欧ブログではないですわ・・


(そして、インテリアブログとも呼べるのかどうか・・・
 申し訳ないくらいです・・・)


まぁ、それは、皆様の寛容なお心で
見逃して頂くとして、

一応、
北欧好き!!ということになっている??
ワタクシ。



でも、北欧好きというよりは、

古物好き
その中で、今は北欧モノに夢中といった方が
正しいと思うのだ。




最初に北欧モノに手を出したのは、

『安い!!
 この値段で買えるなら、
 新しいもの買うより、全然いいじゃんね~~


と、あくまで、古物好きの心が動き、

当時、イギリスもの、フランスものが好きだった
ワタクシは、
(これらの国の陶器は、万円台ですわ)

何千円台で、買える北欧ものを

普段使いにすることに決めた。


そうこうするうちに、
どんどん北欧モノが好きになり、
お値段もどんどん上がっていった。


本当のコレクターさんのように、

『絶対ビンテージでなくてはいけない』
との美学を持っている訳ではないのだが、

北欧モノは、あくまで古物好きの一環だった。



だから、今まで北欧陶器の
レプリカで発売されても、

『ふううん、人気なんだね~』

と、思っていたぐらいであったが、


最近の赤い花青い花の発売は、
少々気になっていた。




どうなんだろう。。。

でも、レプリカでも結構なお値段するね~

(コーヒーカップで12,600円)

これなら、私はビンテージ買うよ。



って、思っていたのだが、

C&S(カップ&ソーサー)以外に、お皿!!

更に、ビンテージにはない
大きいサイズのお皿を
無理やり、柄を伸ばし、
作っていると知って
もう、冷静ではいられなくなった。


ビンテージのC&Sは、
待っていれば見つかるかもしれないけど
お皿は今まで見たこと無い。

う~~~ん、欲しい。

・・・・・・・・・・・・



『いいじゃんね!!
 これは、北欧モノのお買い物じゃないの

 普段使うお皿を買うの。

 必要なものだから、決して衝動買いじゃないの。。。』


と、無理やりな理屈を考えた。



『そうそう、うちの食器はみんなバラバラだしね。

 ひとつくらいお揃いは必要だよ!!』


(いつも、いろんな柄が欲しいので、
 大体、1客ずつしか買っていない)


いい理由がみつかったので、
少々、うしろめたい気持ちもしたが、

『必要なもの』なので、買うことに決めた。

でも、
どんな組み合わせで買おうか。。。




ラインナップは、

コーヒーカップ&ソーサー 12600円

ティーカップ&ソーサー 15750円

18センチ皿 8925円

22センチ皿 9975円


(更には、お色がブルーとレッド)



半日くらい、頭の中が赤いお皿でいっぱいになった。

(だって、結構な金額になるお買い物なんだもん)



でも、えぃっと、覚悟を決めて、

レッドお皿 22センチ 1枚
       18センチ 2枚

ブルー  22センチ 1枚


を購入することに決めた。




Photo_2

わぁ、咲いたよ、咲いた。

赤いアスターのお花が。


(そう、スウェーデンは グスタフスベル社

 アスターシリーズ by スティグ・リンドベリ)




コーヒーカップ&ソーサー2客と
ミルクピッチャーはビンテージである。

いいね、いいね、
パッと見、わからないね!



と、思いつつ、ついつい

レプリカとビンテージを比べてみたくなるのは

人情でしょう。


Photo_3


Photo_4


小さい方がビンテージ


同じお花を比べてみたけど

やっぱり微妙に違う。

色がビンテージの方がこっくり。
黒と赤の対比が鮮やか。

そして、表現されてる線もなんとなく
本数が多いような気がする。
(1枚目のお花は特に)


特に、触った時に、ビンテージの方が
何度も色付けを重ねてきたような??
線の厚みが感じられるのだが

レプリカの方は、つるつるといったところ。


でも、いいの
今日から、みんなうちのかわいいお皿ちゃんよ~


Photo_5

ポットはこれかな?

と、ティーマのポットを並べてみたが、
なんか、アスターの迫力に負けてる気がする。



やっぱ、アンティ??

Photo_6

うん、こっちの方がかわいいかな。




と、決まったところで、
すぐにお片づけ。

にゃおさんが他で遊んでいるうちに
仕舞ってしまわなければ・・・・


と、せっかくのお皿なのに、
買ってしまうと使う気ゼロ。

ワタクシのオママゴト遊びのようになってしまう


でも、誰かが遊びに来てくれたら、
このとっておきのセットが出せるよ~
うれしいな

(だんなと2人で使ってもつまらない)




更に、青のワタクシひとりセット


Photo_7


こっちは、ただ置いてみただけって感じだね。


青のアスターは、
パソコンの画像を見てもう、

色が違うな~~


って、思っていたけど、
(カップ、ビンテージ。お皿レプリカ)

和食、お魚とか盛り付けて食べてもおいしそう

と、思って買ったのだけれど、
思っていたより、小さかった。



いかん、いかん。

どうにかして使わなければ。

ただの無駄使いになってしまう。

今晩は、このお皿で食べるのだ。
ハンバーグにでもしようか。。。。



しかし、結局、青のお皿は1枚。
おそろいのお皿で夕飯にはならないのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
いつも、クリックして下さる方、
ありがとうございます。

Antique Sampler トップページへ




|

« ビフォーアフター リビング編  引越しの記録⑧ | トップページ | 汚部屋? いざ、新居へ 引越しの記録 ⑨ »

北欧」カテゴリの記事

雑貨」カテゴリの記事

コメント

素敵です!ポットもとっても可愛い。。。
築100年のおうちも気になります。アタシの理想です。 

投稿: 無花果 | 2010年1月27日 (水) 17時51分

無花果さん、はじめまして~。
コメントありがとうございます。

アスターに赤のアンティのポット
夢でした。
しばらく、白の食器ばかりだったので、
赤の食器は冒険だったのですが、
気に入っています。

100年前の家といっても
一部分だけで、
家中全部100年前で残っていれば、
私も理想なんですけどね~


投稿: にゃにゃ | 2010年1月27日 (水) 19時02分

ヴィンテージとレプリカ
それぞれに味がありますね
確かに色付けの方法は違いますが
それはそれで・・・
にゃにゃさん
いろいろな色のポットをお持ちなんですね
気分次第で
青いポットに青いカップ
深いポットに赤いカップ
素敵過ぎません???
いいな~~~~

投稿: kagawa | 2010年1月27日 (水) 19時45分

あらら・・・
よく考えてみると、お恥ずかしいです。
kagawaさん。

我が家はテーブルコーディネイトどころか、
使ってるお皿は結構、
ばらばらだったり、
気に入っているお皿ばかり使っているので、飽き飽き名状態です。

C&Sやポットばかり揃えてる場合じゃないですよね。

でも、このポットも、北欧マストアイテムなんですよ。
どうしても欲しくて、買いました。

毎日使っているので、汚れてきてしまいましたけどね。

投稿: にゃにゃ | 2010年1月27日 (水) 20時37分

北欧の食器かわいいですよね。
家にはないのですが私も好きです♪

私の家も食器ばらばらで使っていますよ。


一そろいのテーブルウェアは
それはそれで統一された良さがありますが、
いろいろなお皿をその日の気分で使うのもとっても楽しいと思います^^

投稿: 1/5 | 2010年1月28日 (木) 17時28分

わー いいないいなー
アスターシリーズやっぱり素敵です!
赤がそろうと迫力ありますね。
ポットとのコーディネートもグーです〜


ビンテージとレプリカの比較おもしろいです。
年代によってもちがうんでしょうね。

昔の技術が今はできなかったり
逆に新しい技術ができたりして
おんなじものでも微妙に違うのかな

なんて思うと奥が深いですね。

投稿: りこ | 2010年1月28日 (木) 19時30分

1/5さん、私も毎日、朝、
コーヒーをどのカップで飲もうか
考えるのが好きです。

その日の気分によって選ぶカップが
かわりますね。
(だんなは、いつも同じ、ムーミンマグです)

北欧のものは、和の食器とも結構合うので
大好きです。
1/5さんは、どんなカップを使ってるのかな~?

投稿: にゃにゃ | 2010年1月28日 (木) 21時56分

りこさん、こんばんわ~

やっぱり、赤は迫力あるかな・・・
でも、なんだか今年は赤が気になるんです。
ずっと生成りや白などのナチュラル色に
囲まれてきたので、
ちょっと気分転換がしたくなったのかも。

レプリカも昔と同じ製法で作っていると、
案内があったのですが、やっぱり
微妙に違うみたいですね。
それも、また味で面白いですね。

いつかアラビアなどの
バックスタンプも集めて、載せてみようと思ってます。
(いつかね・・・)

投稿: にゃにゃ | 2010年1月28日 (木) 22時00分

比べるとかなり違いますねー!
ビンテージの方が深みがあって好きです。
赤と青の色違いのポットも好きだな~。

私のブログで尋ねられたカードですが、少し破損があります。手に取ってまじまじと見ないと分らない、小さなピースが無くなってしまっています。全体の雰囲気は損なっていない程度だと思います。
封書航空便での送料込みで、2000円くらいの予定でーす。

投稿: AKI | 2010年1月29日 (金) 04時02分

分かる気がする!セットで揃えたいって思う気持ち!
それにしても、すごいお値段なんだね。
私は、基本的に北欧のものはいいなって思っても、買ったりしたことがないから知らなかった。
最近、買おうかと思っているのはティポットとカップ。しかもカルガリー近郊の作家さんたちの作品を集めたお店で!主人が紅茶がすきだからね。今あるのはあの黒いのだけなの。しかもあまり温かさを保たないんだよ。すぐに冷たくなる。
義母が持っているものは30分たってもまだ熱いのよ!だからそのお店で買おうかなって思ってるんだ。
でも、せっかくこんな綺麗なカップとお皿があるんだから、どんどん使わないとね^-^
ハンバーグが美味しく見えるよ~♪

投稿: Chico | 2010年1月29日 (金) 11時33分

AKIさん、ありがとうございました。

検討してみますね~

そういえば、ちょっと前に
ファイヤーキングの復刻版もでましたね。
50周年記念だとかで。

キャセロールを買いましたが、
やっぱり、一度も使わないまま
実家においてあります。

こちらは、色は、ほとんど変わりありませんでした。

投稿: にゃにゃ | 2010年1月29日 (金) 13時50分

Chicoさん、今、北欧ものって人気だから、
同じ品物でも、お店によって
ずいぶん値段に差があるよ~。
ビンテージの場合ね。
(やっぱり、名が知れているお店は
ちょっと高いよね)

私は、美品にこだわるわけではないので、
少々傷アリとかを見つけて
少しでも値段が安いものを集めているよ。

(めずらしいものは、やっぱ高くても
仕方ないんだけどね。)

30分たっても、冷めないポットってどんなだろう??
ぼってりと厚いのかな・・興味ある。
陶器大好き!!

(小学生の頃から、お年玉でカップアンドソーサーを集めていたよ。)

Chicoさんの大好きなだんな様に
またいいプレゼントができたね。
Chicoさんお得意のキルトでティーコゼも作ってね。

今夜は我が家は、本当にハンバーグ。
私だけ、この青いお皿で食べるよ!

投稿: にゃにゃ | 2010年1月29日 (金) 13時58分

家にカップはいっぱいありますよ~。
喫茶店できるくらい。
60とかじゃきかないくらいあるかも。

お皿(プレート)もありますがとにかくカップが多い!!
我が家では毎朝紅茶なので(すし屋なのに・・・)
みんな毎日気分で違うカップで飲んでます。

投稿: 1/5 | 2010年1月29日 (金) 16時10分

1/5さんの
『カップ60個』というのを見て、
うちには、いったい何個カップがあるんだろう??

と、思い数えてみました。
200個以上ありました。
尋常じゃないですね。いくらなんでも。
家族の人数も少ないのに。。。

これを機会に少し処分しよう・・・・・
と、思います・・・・

が・・・・

小学校低学年の頃から、せとものが大好きだったんですよ。
捨てられないな~~~~

(だから、引越しが大変だったんですね)

投稿: にゃにゃ | 2010年1月29日 (金) 17時43分

パッと考えて60個という数字が出たので
実際はもっとあると思います。
にゃにゃさんのお気持ちわかりますよ〜、
捨てられませんよね。

揃ってるカップはまだ良いのですが、
もっか困っているのは
大量のカップだけ&ソーサーだけの
割れちゃった片割れ組たち。

カップを置く穴があいていない
平らなソーサーは取り皿やケーキ皿に使っていますが、
へこみのあるソーサーだけというのは
どうにも使い様が無いですね・・・。

でも捨てられないのですー!


せとものたくさんだと
さぞやお引っ越し大変だったと思います。
お疲れさまでした〜。

投稿: 1/5 | 2010年1月29日 (金) 20時24分

1/5さん、
カップだけ、ソーサーだけになってしまうと、
寂しいですね。

私は、ソーサーだけになってしまったのは、
植木鉢の下にひくとか、
ポットの下にひくとかしてます。

割れても、ボンドで貼って
飾っているものもあります。
なかなか、諦められないんですよね。

にゃおにも、15年使っている
一番の愛用のカップを割られました。
でも、怒れませんでしたね。
悲しかったけどね。

投稿: にゃにゃ | 2010年1月29日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビフォーアフター リビング編  引越しの記録⑧ | トップページ | 汚部屋? いざ、新居へ 引越しの記録 ⑨ »