« 『雑貨と暮らすインテリア』 | トップページ | 勝手なワタクシの本日の試合感 »

2010年8月31日 (火)

アンティークリネンのワンピの思い出

Img_1160

ずっと前からやろうと、思っていたことを
ようやく着手した。


もう6~7年近く前になるかなぁ~??

ほっこり服が流行る直前。


私は、
アンティークリネンのワンピに凝っていて
何枚か買っていた。



そのとき、お店の方が
これは、クラフト用に安くしますよ~』と、

おっしゃったので、
たしか2500円で、このワンピを購入した


(今の値段は知らないが、このときでも 

 すごいお買い得。
 クラフト用といっても、ちょっと汚れているだけで
 着れないわけではないのだ)



Img_1161

少し前に、洋裁のお教室に通ったことがあるのだが、

(アンティークリネンのワンピは
 ワンピというよりは、本当は寝巻きなので
 相当、ぶかぶか

 外で着れるサイズにリメイクしたかった

洋裁教室の先生に見せると、感心していた。



『おもしろいね~。布が無駄にならないように
 直線で布を組み合わせてるね~』

など、よく見ると、みんな
とってもおもしろい布の合わせ方をしている。


このワンピースは特に、
ほどくと、長方形の布になりそうなので、

私は、アレにしよう!!

と、ずっと思っていた。




(またしても、長い寄り道になりそうなので、
 読み飛ばしていただいて OKなのだが


イマドキ、洋裁教室などなかなか見つからなかった。
ようやくネットの電話帳で、
うちから1時間以上かかるところに
発見したのだが・・・


畑だらけのところに
ぽつんと、レトロな建物が。。
(文化住宅風)
 
そして、

 この洋裁教室の先生様が、ものすごい
 パーソナリティの持ち主だった!!



 先生は、
 70代生涯未婚 乙女

洋裁も、昔ながらのやり方を堅持する。
 
(縫い線はチャコなどで書いてはいけない。
 糸で縫って印。
 
 しつけ糸は捨てないで、とっておいて
 再度利用すること

 ミシンももちろん、昔ナツカシ足踏みだ)


 バリバリ彼女ワールド
 とにかく頑固で口が悪い。

 
ここに、来てるってことは、
 何を言われても OKってことだろう
』って
自分でも言っていたが、

大抵の人は、彼女の言葉に、
頭にくるらしい。
だから、
彼女に何か言われても、怒りださないで
教室に通っている人は、
 
彼女にとっては、
何を言われてもいいと、
認識した人と 扱われる。



授業も、大音量でTVのワイドショーをかけながらだ

テレビに向かって、
ずっと、出演者の悪口を言い続けている。

例えば、当時、
森進一のおふくろさん騒動  があったのだが、

Wikiより
おふくろさん騒動(おふくろさんそうどう)は、
作詞家・川内康範が作詞した楽曲 『おふくろさん』の歌詞を、
同曲の歌い手である歌手・森進一が勝手に改変したとして、
2007年平成19年)に発生した騒動である。


ずっと作詞者にむかって

嫌なじじいだ
 嫌な顔してるね。

 半分どころか、ほとんど棺おけに入ってるくせして
 歩くのもやっとじゃないか、ヤダヤダ。

 こんなに耄碌しても、生きていたいかね。
 
 じじいのくせに、いばりやがって、こいつ
 
 森進一に歌わせろ!ばか!」

とか、真剣にテレビに向かって怒っているのだ。


私は、人前で、そのような暴言をはく勇気は無い。

そして、そこまで他人のコトに真剣になれる
純粋さはない。




ちょっと前なら、ナンシー関

今なら、有吉弘行

のように、
人はどこかしら、

自分にはできぬこと、
ズバッと、何もおそれず、
毒舌を吐く人間には
一種カタルシスを感じるのかもしれない

(まぁ、その毒舌?が的を得ていないと、
 カタルシスを感じることはできないが)


私は、森進一はどうでもいいが、
その先生の態度には、目を見張るものがあった。



 
なんか、ものすごい処に来ちゃったなぁ~

と、思いつつ、続けていたのだが・・・・


私は、先生自身はそんな嫌いじゃなかった



でも、習いにきているおばさんが、
ちょっと意地が悪くて、

それにひきずられて、
先生も悪くなっちゃうのが、
耐えられなくなったんだよね。。。

教室の終わりには、いつも憂鬱な気持ちになった


教室がない日も、いつも考えるくらい
憂鬱な気分が続いたので、あるとき、
勇気をだして、

そんなことを言われると
 傷つくので、止めてください


といったら、
今度は、おばさんから
『こんなことをいうと、
 また傷つくって言われるよ~』とか

その抗議の言葉をからかわれるようになった時、

もう、教室を辞めようと思った



先生も、たしかに
頭にくることを言うことがあるが
心根は意地悪で言っているのでは
ないと思い、

私は好きなところもあった


アンティークリネンのぶかっとしたワンピも
ジャストサイズに直したいといったら、

この大き目のラインがいいんじゃないの』とか、


当時、スパッツを履いていったら

次の時、

真似してみたよ。』なんて、
どこかでスパッツを買ってはいていたりして、

70代乙女にしては、柔軟性もあり、

先生と2人だけの時は、
楽しい時もあった。

(でも、必ず一言は、ムカッとくることも
 言うことを忘れない。。ふふ) 



意地をはって、強がって、悪口をいうんだろうなぁと、
思っていた。

私が辞めるといった時、寂しそうだったが、

今は、どうしているんだろう。。。



たまに気になる。

生涯独身、一人暮らしだけど、
兄弟がたくさんいて
仲いいみたいだから、大丈夫だろうけど・・・

元気でいてほしいな。 


リネンのワンピを見ると、いつも
洋裁の先生を思い出す)




と、やはり寄り道が長くなった。


まぁ、とにかく
このリネンのワンピと、

前の家で、カーテン代わりにつかっていた
薔薇の刺繍のクロス

Rimg2712

Photo_3



これをあわせて、縫うことにした。


ワンピをほどく時は、多少
勇気がいった。

そして、根気もいった。

昔のものは、針目が超細かい。



それで、縫った物は・・・・


簡単な ○○○○





以下、つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックいただけると、うれしいです。

Antique Sampler トップページへ


|

« 『雑貨と暮らすインテリア』 | トップページ | 勝手なワタクシの本日の試合感 »

手作り 」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え~なになに?
何を作ったのか気になる~

それにしても強烈な個性をお持ちの先生ですね。
単なる悪口は嫌だけど、筋の通った毒舌(うーん…上手く言えないけど…)は好き(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: はぐ | 2010年8月31日 (火) 15時12分

はぐさん、こんにちわ。

大したものではないですが、
長くなったので、ちょっと勿体つけてみました。
次回もご覧あれ。

あまりテレビを見ないワタクシですが、
それでも、有吉やマツコ・DXさんが
出るとついつい見入ってしまいます。
さらっと、毒舌が言える人に
案外憧れがあるのかもしれません。。。

投稿: にゃにゃ | 2010年8月31日 (火) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『雑貨と暮らすインテリア』 | トップページ | 勝手なワタクシの本日の試合感 »