« ワタクシの食器愛 | トップページ | ぽんぽん クリスマス »

2010年11月25日 (木)

ディーゼルとジュンク堂 (時間があったので書いた日記)

およそ、1年ぶりに

電車(ディーゼル)に乗って出かけた



この電車がくせもので、

1時間に1本
もしくは、2時間に1本のみ。

2両編成の車両は
実生活において、
積極的に利用しようとは思えない
代物なのであった。


なにしろ、引越し前には、
(隣町に引越しただけなのに・・)

快速だ、アーバンだ、
新幹線だ、
ようやく便利になってきたところなのに、


それが、いきなりディーゼルとなると、
そのレトロな速度についていけない。



そうとうの鉄オタでも、
そうそう利用しようとは、思わないのではないだろうか・・・



多分、車の個人所有率は
全国の中でもかなり高いであろう

この地方に住んでいると、
電車にのることすら、まれなことなのである


でも、まぁ

その分、その電車に乗ると、

たかが、隣の隣町に行くだけなのに

旅情気分は高まる


時間間隔も狂ってくる。



車内でバスのように、

ワンマンカーです。
 お降り際はボタンを押してください
」 

とかなんとか

電車なのに、アナウンスされている。


(でも、もちろん、誰も押さなくてもきちんと停まる)


う~~ん??
ここは、どこなんだろう??


駅名も聞いたことがないし、

まるっきり知らない土地に
紛れ込んでしまったみたいだ。


いつも車で通っている
 家の近所のはずなのに 


当たり前のことだが、
電車の路線から見る
風景は見たことがない場所ばかり、
目に飛び込んでくる。



なんだか、ひさしぶりに
山陰のほうにでも、

(そう、イメージは山陰)

ひとり旅に出かけたような気がしてくる



あの旅は、楽しかったな。

うとうとと、眠って目が覚めてもまだ
ずっと海岸線を走ったな。。。



東北のディーゼルに乗ったときは、
前の席に座っていた中学生に、
声をかけたら真っ赤になって
かわいかったな。



1泊4日!
飛騨の旅行
行きも帰りも夜行を選んだので、
せっかくのローカル線もずっと寝っぱなしだったな。。。




とか、
今とは違って、超アクティブだった頃の

若かりし、
自分の姿がどんどん思い出されてくる


誰が邪魔しているわけでもないけど、
今の私は、

足かせ??ができてしまったな。。。



でも、それが全て悪いわけじゃない



独身の頃、
ひとり旅が好きだったのは、
多分、
ひとりになりたかったから

誰にも邪魔されない
孤独に浸っているのが
多分、大好きだったから。。。

見たことのない風景の中

私がここにいることは、誰も知らない



まだ見ぬ、
そして出会えるかどうかわからぬ
生涯の伴侶にめぐり合う前、

ひとり寂しいのなら、
もっと孤独の中に浸っていたい。


ひとりっきりで、どこでも生きていける

そんな自信も欲しかったのかもしれない。


(注・ 独身時代は、結婚に対して夢をもちすぎた。

 だんなには、「めぐりあった~」などという
 感動を持ったことは、
 一切なし)



今は、
自分の責任において、
好きにできる
自分の居場所もでき

たかが片道30分の旅でも、

断腸の思いで、別れを告げてきた
愛猫がたった一匹で待っているから
とてもじゃないが、
もうあんな旅はできないと、思う。


(駅まで歩く途中でも、
 もう何度も思い出し、
 心の中で、「大好き~。会いたいよ~」と
 叫んだ。 )


軽く、自由に、好奇心旺盛に動けなくなったが、
それでも、
他に手に入れたものもあるのだから
仕方ないのかと、納得した。




そして、やってきたのは、
本の森。



今年、T市の駅前に、
地味~に、ジュンク堂が出来たのであった。


私は、開店を指折り数え待ち

開店日には、書棚の間を歩きながら、

一筋の涙を流すことを禁じることができなかった




とうとう、

とうとう、

この群馬にも、ジュンク堂が


うれしい、うれしい!!!



本から発せられるマイナスイオンに、

書棚の前に立つだけでも、癒され、

私は一度与えられた
この幸せが再び取り上げられることを
恐怖に思った。



(こんなに空いていて、
 すぐつぶれてしまわないよね~)

↑失礼。

あまりの幸福に、
ついつい疑心暗鬼になってしまうのであった。



でも、2度3度くるうちに、

やっぱり、群馬だな・・・・
都内とは違う・・・

全てが揃うわけではないんだ。。。。


と、どんどん幸福に慣れてしまい、
傲慢になっていく私がいた。



でも、やっぱり、
じっくり本に埋もれてみたいときには、
ジュンク堂にやってくることになる。



ディーゼル電車に、
近所にジュンク堂



2つとも、
今まで私の人生において
全く縁のなかったものだ。



そして、3時間くらいジュンク堂にいたら
ジュンク堂マジックにかかってしまい

他の本屋では買うことを断念した

あれも、これも、
その本も欲しくなってしまい


気づけば、
カートが欲しいくらい抱え込んでいたのであった




そこで、止めておけばよかったのだが、

いつも、ジュンク堂の後は、

ダメ押しのように、


群馬県内で1番の蔵書 と、謳っている

某書店にも寄らずには、おれないのだ

(そして、やっぱり、
 ほれ みたことか!
 ジュンク堂では売っていなかった
 新刊が置いてあったりする)


(更に車の場合だったら、ブックオフにも寄るのだ。)


はぁ・・・・

ここまで書くと、かなりの読書家のように
思われるかもしれないが、


私が買う本は、なさけないことに

生活関係の本




ほっこり~~~って
雑誌や
ビジュアルに力を入れた
写真が多い本ばかり

なのである。


それを大量にレジに運ぶ私

ある意味恥ずかしいよね・・・・・・




そして、およそ、
半月で使う書籍代を

一日で使ってしまった昨日。

Img_2791_2 


少々反省をしましたよ


そして、運びきれず、だんなに迎えを頼み、

(にゃおにも、約束より長く留守番をさせ)

だんなにたくさん、
本を買うところを目撃されてしまったよ。。。



ケンカになると、

『本たくさん買うなよ~!』
『読んでるのかよ~!』

と言われるので、
最近は、こそこそと買うようにしていたのに・・・



えぇ、えぇ、
買った本は、読んでませんよ!


というか、読みきれないんですよ。


でも、買っておかないと、
絶版になったら、手に入らないんだよ。

(今は入手方法が増えたが、昔は 
 大変だった記憶が抜けない)

私だって、大変だよ。
いつも、本に追いかけられてる感じだよ




そう、心の中で、言い訳するが

さすがに、
家中、私の本が山積みになっているので
困っている。

そして、いつも、あせっている。

Img_2789_3   
(リビングの一角にも・・・)



冷静になったら、

あまり役にたたない本を
数冊買ってしまったので

(情報が古過ぎた。
 ジュンク堂には
 バックナンバーがたくさんあるんだもん。)

しばし、落ち込んだ。



やっぱり、ひとりで
ジュンク堂に行く事は、もう止めようと思った



だんなに急かされながら、立ち読みしている方が
必要なものだけ、
ピックアップできるかもねと、

この幸福は、もう手放すことにした。



だってさ!

この本の金額で、欲しかった加湿器が
買えたよ。


本を買ったことで、後悔したのも
生まれて
初めての体験であった。

本さん、ごめんなさい



なんとなく、ヒマにまかせて
だらだらと書いてしまった。

読んでくださった方、ありがとう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックいただけると、うれしいです

Antique Sampler トップページへ



|

« ワタクシの食器愛 | トップページ | ぽんぽん クリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃにゃさん!初めまして
いつも楽し~く拝見しておりますっ!


にゃにゃさんが、←このお名前でなーい某雑誌に掲載されていた頃からふぁんで~すshine

我が家も、インテリア等…お写真の美しさ一番で買った雑誌なんかが溢れていて…個人図書館のよーです(*^m^*) ムフッ

夫が何か言おうとも、むっしぃ~(笑)

器も可愛いものも、そして我が家の愛猫もぜ~んぶ好きです!

奥さん&ママがニッコリ嬉しそうにしているのが、家族円満!日本も円満?な気がしまーす。。。

投稿: akiko | 2010年11月26日 (金) 23時28分

akikoさん、こんにちわ。

はじめまして~ shine
いつもご覧くださって、ありがとうございます。
(某雑誌って何でしょうね?ちょっと気になりますね~)

akikoさんちにも、猫ちゃんがいらっしゃるのですね。
猫はかわいいですよね~
本もお好きなんですね。
写真をみているだけで、わくわくしますよね。

私も引っ越して、最初に手がけたのは、
この家に私の書庫を作ることでした。
ほっこりの本ばかり集めた書庫です。
一応完成したんですよ。
そのうち、記事にしようかなと、思ってます。

でも、強欲な私は、それでもニコニコしてないですね。
少し(少しだけ!)反省です。

投稿: にゃにゃ | 2010年11月27日 (土) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワタクシの食器愛 | トップページ | ぽんぽん クリスマス »