« 長野記 | トップページ | 冷えとりでしもやけ »

2011年1月15日 (土)

イッタラ鍋、重いったら

Img_3236

去年から、ちょっとハマって
続けていること
をかいてみたいと思う。

(本日はその1)


本屋さんで、この料理本を見つけたとき、

私は、あまりの素敵さ加減に
ぽぉ~~と、なった。



ビン好きを、とても魅了する
活きたビン使い。

保存ビンにいれた、自家製ストック


こんな風に丁寧に生活できたら・・・


私は夢を買った!




自分にはない、丁寧な暮らしぶりに
うっとり。


そして、身の程知らずに、
自分でもチャレンジしてみようと、

ちょっとづつ、
本にあるスープストックを作ったりして、
ビンにいれたりして、
楽しんでいる。

 「にっぽんのパンと畑のスープ」





天然酵母のパンと
それに合うスープの本なのだ。

(更には、完全なるマクロビ)


ルゥを作るのは、一瞬大変だが
一度作ってしまえば、

次に作る時は、それを入れれば
味付け不要でラクチン。


しかし、皆2~3日おいて、
だしやルゥを
熟成させなければ、ならないので、

今晩のおかずに作りましょう!

という時は、間に合わなかったりする。


普通のおかずを作って、
ストックを作る余力はないので、
私は、熟成させずに すぐに使ってしまうが・・・




例えば、ホワイトソースを作るのでも、

バターで小麦粉をいため、
だまだまの小麦にキィ--!! となることなく、

粉と同量近くのなたね油をかきまぜながら、
作っていくので、

粉をふるいにかけなくても、
全然だまだまに
ならなくて、ストレスがたまらない


冷蔵庫の中に、そんな風にして
作った、ストックが2種類くらい入っていると

ワタクシは、


なんて、丁寧に生活しているのかしら~

自給自足だわ~~


(全然、自給自足とは違う!)


と、自分を褒めてやりたくなる。


(だんなに一生懸命、アピールしても
 伝わっていないから)



そうなると、
せっかくだから、玄米もお鍋で炊きましょう!


と、しらばくルクルーゼで炊いていた。




そうこうしているうちに、
また、

ワタクシの悪いくせがでたんですね~!



私はずっと、あの手の鍋!
(おしゃれホウロウ鍋)をもうひとつ買おうかな~と、
思っていたのだが、

なんとなく『是非ともコレだ!』という決め手がなく、

2つめルクルーゼも、
クーザンス
ストウブ
シャスール

買わないで我慢してきた。


結婚当初に買った、
オーバルのルクルーゼ1本でやってきたのだ!!

(まぁ、他にも鍋はありますがね・・)



(私が買ったのは、およそ15年ほど前、
 その時には、
 あんなに、ルクがブレイクするとは、思わなかった

 いまや
 私が住む田舎町の雑貨屋さんでも売っている。

 なぜ???

 あんなにブレイクしたの??

 雅姫さん関係??



 私はそうだなぁ~

 パトリス・ジュアンさんの料理本あたりを
 見てだったかな~??

 よく覚えてないけど)



でも、ルクでご飯を炊いてしまったら、
他のお料理の時に、困るよ~


(本当は困らない)


これは、是非とも、ルクに匹敵する
お鍋が必要だね!!


と、言い訳ができたので、
今までちょっと手が出なかった(お値段の)

(北欧好きのワタクシにとっては、
 憧れの品だった)

イッタラのサルパネヴァの
お鍋を買ってしまった。



サルパネヴァは、なにしろ、
 イッタラのロゴをデザインした人だからね!!


 
敬意を称して、
 お迎えしなければなるまい。)




でも、箱を開けてみて、第一声

『重~~~い!』


15年、ルクを、
しかもオーバル26センチを使ってきたが、
私は、一度だって、

重いなんて、こぼしたことはなかった



鉄鍋を使ったこともあったが、
ここまで重くなかったような・・・


だから、イッタラも甘くみていたが、

なにこれ!!


すんごい、重い。

ルクの2倍くらいの重さに感じられた。。。


もう、持った途端、

『ムリ!これムリ!』


と、思わず、
ものすごく暗い気持ちになり、
『失敗した・・?』

と、脳裏によぎったが、
返品するわけにもいかず、

台所にそのお鍋を飾っておく場所もなかったので
もったいつけずに、即使うことにした。



しかし、ルクはお米を炊いている間、
湯気が漏れるくらいなのに

イッタラは、ずっと

ちょっと吹きこぼれて、
びちびち周りじゅうに、しぶきあげている。



なんてこった!!!


しかも、周りが鉄でも
中がホウロウだから、使いやすいだろう。

Img_3237



と、思っていたのが裏目に出た。



鉄は、空焚きして
乾かしてしまうものなのに、
中がホウロウでは、空焚きできないではないか!!



はぁ~~~~~



ずぼらなワタクシには、とことん似合わない鍋なのである

(ルクはいい子!
 焦がしても焦がしてもすぐとれる。
 水に浸けおき、放置OK)



でも、錆びては嫌なので、
仕方なく
使った後は、すぐに洗って、せっせと拭いてあげる


(当たり前のことです。それができなかった私です。)


まぁ、そうしたら、
手のかかる子ほど、かわいいというか、

だんだんと愛着が湧いてくるようになりました


そして、こんな大きな真っ黒な
存在感のある鍋の置き場所は
考え付かないので、

永遠に使い続けるしかないのかな?
と、思っています。

(いい置き場所がみつかったら、
そこに鎮座したまま、動かないことになるでしょう)



でも、ご飯をこのお鍋から、
茶碗によそる時は、ちょっとうれしい!


またしても、

ほっこりとした生活だ~と、
ちょっとだけ、誇りに思うワタクシだった。



(しかしね、この鍋は売り切れのことが多い

 購入した方は、結構たくさんいらっしゃると
 思うのだが、
 その方たちは、きちんと使いこなしているのだろうか。。

 と、自分を基準にして
 失礼な、疑問が湧くくらい

 とっても、とっても重い鍋なのであった。

 もし、戦時中であったら、
 一番に 没収となってしまう鍋であったろう・・ )





というわけで、鍋の話となってしまいましたが、

今、けっこう ストックに凝っているという話です



次は、めずらしく美容関係です。

また、よろしく~~


ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックして下さる方、ありがとうございます。
クリックいただけると、大変うれしいです

Antique Sampler トップページへ

|

« 長野記 | トップページ | 冷えとりでしもやけ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

北欧」カテゴリの記事

雑貨」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
実は、このお鍋の購入を以前からずっと考えていました。
値段が値段なので、なかなか購入に踏み切れずにいたのですが、
にゃにゃさんのお話を拝見し、かなり参考になりました。(買わなくて良かったかも…と^^;)
私もルクルーゼを使っていますが、あれでも重いな~と思っているので、
それよりも重いとなると、使いこなす自信がありません。
置物化してしまうのは確実だと判断しました。
貴重な情報、ありがとうございます!

でもやっぱり、見た目は本当に惚れ惚れする鍋ですよね~

投稿: chatola | 2011年1月17日 (月) 09時30分

chatolaさん、こんにちわ~
そちらのお天気はいかがですか?

昨日、新潟の方へ行ってみようかと、思ったものの、
あまりの寒さに断念しました。

イッタラ鍋、重いです。
ネットショップの購入者のレビューを見ても、
みな『自分へのご褒美です』なんて感想ばかりで、
使い勝手は??と思わないこともなかったのですが、
やっぱりこのデザインにやられました。

私は買ってしまったので、前向きに使ってきますよ~えぇ
スープとかは、大量に作れるし、
やっぱり手に入れなければ、気が済まなかったので、
気が済んだ分、良しとします。

投稿: にゃにゃ | 2011年1月17日 (月) 12時17分

nyanyaさん

すっごくお久しぶりです。カルガリーのChicoです。覚えてますでしょうか?もう、かれこれ1年くらいのご無沙汰です^^;nyanyaさんのBlogにはたまに遊びに来ていたのですが、コメントを残す時間はなく。。。またBlog復活しました。ゆっくりの更新になるかもしれませんが、これからもよろしくです^^
まずはタイトルから、さすがです。イッタラと思イッタラで、かわいい駄洒落が効いてます!
実は私はイッタラのもので欲しい!どうしても欲しい!と思ったのは過去に二つだけで、一つがTsaikkaのホルダー付きのグラスとこのお鍋です。偶然にも同じデザイナーさんですね。このお鍋、イッタラとは知らずインテリア雑誌の中である素敵なお宅の素敵な女性がお料理を紹介しているページがあって、そこで使われていたんです。一目ぼれでした。でも、個人のものなので商品名は無く。。それが、たまたまイッタラのHpで発見したんです。確かに重いだろうなぁって思ったんですが、そこまで重いですか。。。ルクより重いなら。。私は絶対に無理だな。
ちなみにTsaikkaのホルダー付きグラスは姉の誕生日に2客セットで送りましたよ。ちなみに彼女の誕生日は日本時間で言うと今日です^^先週届いたらしく、非常に喜んでくれてました。
nyanyaさんのところでは、いつもコメントで長々と書いてしまいます^^。
これからも、どーぞよろしくです。

投稿: Chico | 2011年1月18日 (火) 01時34分

にゃにゃさん、こんばんは☆

お鍋、私も憧れてる、イッタラさんだったんですね~

にゃにゃさん宅の雰囲気に合ってる!

ルクなんかの両手鍋とは持ち方がちょっと違う分、重く感じるんでしょうか。。

毎日イッタラで玄米・・・
そこに手の入ったスープストックなんかが加わって・・・
まさに、こだわりの丁寧な生活って感じですよ!
余ったご飯はどうされてますか?
すぐに冷凍とか??

私は以前、ストウブでご飯を炊いたとき、
(水加減も悪かったんですが)
冷めたらポロっとした感じになって、
こりゃ、おひつが必要か?
と悩んだ挙句、その後ストウブでは炊いてないという・・・・・


ご紹介の本もAmazonでのぞいて見たら、
なんかすごくイイ!
私も買って、すこーしづつ、やってみたいと思ってます。


お気に入りのものが側にある生活は、心を豊かにしてくれますよね。


投稿: bee | 2011年1月18日 (火) 19時04分

chicoさん、こんばんわ~

時々、chicoさんのところから、やってきてくれる人がいるな~
(多分chicoさんだろう)と、思ってました。
そして、忙しいんだろうなぁ~って、
思ってたけど・・・

返事書く前にいってみたら、なんてこと!!

もう、イッタラが重いとか、いってる場合じゃないじゃないですか!!

私には育児の大変さはわからないけど、
影ながら、応援しますよ~。(応援だけね・・coldsweats01

まぁ、とりあえず、イッタラ鍋ね。。。
ちょっと、私には今まで高値の花で
(変換間違えだけど、あえてこのままで)
思い切れなかったけど、
海外でもお高いのでしょうか??
(そこに、興味しんしん)

鉄にホウロウがしいてあるから、重いよ~

でも、毎日使ってたら、そのうち、いい点が思いつくかもね・・・

今は、かわいいから いい!!
と、思って使ってます。

グラスもかわいいよね~

投稿: にゃにゃ | 2011年1月18日 (火) 23時22分

beeさん、こんばんわ。

ご飯は1日で食べきってしまいますね~
もちろん、冷凍することもありますけど

どうにも、炊き方を失敗した時には、
リゾットとか、雑炊にしてしまいます。
白米より、おいしい感じです。

私も更に、料理本を買い込み、
毎日、イッタラを活用してます。

重いけど、それも愛嬌のうちと、
ようやく思えるようになってきました。

(鉄にホウロウひきなので、更に
重いと思います。)

投稿: にゃにゃ | 2011年1月18日 (火) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長野記 | トップページ | 冷えとりでしもやけ »