« 3回目のディスプレイ大賞 | トップページ | キッチンのビフォーアフター 2009年6月の頃 »

2011年2月24日 (木)

第14回 私の古民家ビフォーアフター ~再開~

本当に久しぶりの

古民家ビフォーアフターです




ここに、よく来てくださる方でも、

こんなカテゴリーがあったのを
ご存知の方も

あまりいらっしゃらないのでは。。。?


というくらい、久しぶりです。





実家の


築100年以上。ただし、古きよき100年経過でない。

まさしく、テレビのビフォーアフターにでてくるような

変な間取りの築100年


片づけを書こうと、思って

実は、始めたこのブログ。



(第1回 ゴミの山 
http://old-new.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_5780.html  )

書き始めた途中で

母の死があり、

話の流れの途中で、書かずにおれず、



そのうち、父の介護日記??のようにも
なってしまった

このカテゴリー

第1回~第8回は片付け 
 
 第9回~第13回が介護かな・・・)


(その後の話の流れは『我が家にするまで』の

 『あの家』のこと 第1回 
http://old-new.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-32fd.html






母のお葬式や

父の在宅介護のあいだ、


実家のご近所から、色々苦言を呈され、


自分的に、深く落ち込んでしまい、

しばらく、

実家に近寄ることもできなくなってしまったのでした







でもね、母の死から2年半。

父が介護施設に入っても1年半。



少し、自分的にも気持ちが落ち着いたのか、

また、今の生活の中で、


何があっても、帰れる

自分の居場所を作りたいという思いが勝ってきたのか。



それに、春になったら
いったん、(3ヶ月間)

父は介護施設から、出なくてはいけない



ということになり、

自分の家に置くより、
実家に帰りたがるであろう、父のため、



また、実家の片づけを再開する気になったのでした




そして、ひさしぶりに、実家へ行ってみたら、


大変なことになっていた!!




そのことは、まぁ、うすうす知っていたけど、

私は、この間まで

もう実家に住むつもりはなかったので、

見てみぬふり、

どうなっても、関係ない。


なんて、思っていたのだが、


これから、やっぱり、
実家も直して、住んだり、

お店をしたいなんて、思ってきたもんだから、

さぁ、大変!!

雨漏りがして、天井が
水が溜まっているのか?

大きくベコ~~ンと、たわんでいるのだ。。。




その下の床も、ぐずぐずになっている。



はぁああああ、どうしたらいいんだ。


天井が抜けたり、腐ったりしたら
どうしよう。。。。




業者に頼めば、いくらかかることか。



(今の家の住宅ローンを払いつつ、
 実家に業者をいれるなんて。。。。

 どう考えても・・・・大変

 思わず、途方に暮れる)


しかも、頼むとしても、どこへ頼んだらいいのやら???

(もちろん、古い瓦屋根だ)





応急処置的に、(ムリヤリ)

昨日、だんなに頼んで、

屋根に登り
ビニールシートをかけてもらった。


屋根が抜けたらどうしようかと、
すごく怖かったと言っていた。



小雨くらいなら、大丈夫だろうが・・・


早急に、業者をみつけ、見積もりをとるのが
最善だろうな・・・・





ゴミも、まだまだ出る。


燃えるゴミ 大4つ

燃えないゴミ 1つ



今まで、散々捨てまくって

残されているもののほとんどが、衣服と家具

私の漫画本。文庫本。になった。




漫画雑誌などは、ゴミの山にしか見えぬのに、

まだまだ、諦めがつかない私。



でも、夢がぱぁ~~、(妄想が広がる)


この古い漫画本を閲覧できるカフェを

 ここに作れたら、どんなに楽しいだろう。。。』



(でも、実際は、
 どんな漫画好きでも
 
 こんな汚い本を手に取ることはしないだろうな。。)




でも、私が半生をかけて、守り抜いた

知的財産だ。


なにか、よい活かし方がないか、

いつも考えている・・・・



(よいアイディアをお持ちの方
 是非、ご助言下さい)





追記

この記事を書いてから、何日か経った。

その間、
大雪があり


おととい実家にいってみたら、

ビニールが敷いてあったので、雨漏りはしなかったものの

とうとう、天井の板が割れて


ビニールに雨がたまって垂れ下がっているのが、
部屋の中から見えた。。。


他の箇所の天井も沁みているところがあったし、

もう、時間の問題。


どうにかしなくちゃ。

(どうにかできる・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックして下さる方、ありがとうございます。
クリックいただけると、大変うれしいです

Antique Sampler トップページへ

|

« 3回目のディスプレイ大賞 | トップページ | キッチンのビフォーアフター 2009年6月の頃 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

古民家ビフォーアフター」カテゴリの記事

コメント

にゃにゃさん
お久しぶりですね (*^_^*)
人の住まない家は あっという間に…

屋根が雨漏りしているのは目に見えますが
見えない床下を、チェックされた方がいいと思います。
シロアリ 腐れなど 思いもかけないことが起こっているかもしれません
それに 壁体内が痛んでいることもあります
ここが無事だったら
次に 給排水をチェックして…と
それからは比較的 自分たちでプランを立てて やっていけると思います。
時間があまりないようなので
少し プロの手を借りたほうがいいかもしれませんね。

投稿: kagawa | 2011年2月24日 (木) 16時42分

kagawaさん、こんにちわ。

すご~く判ってはいても、やっぱりプロの力を借りるのは、心の準備ができません。。。


雨漏りがひどくならないのを祈るのみです。

投稿: にゃにゃ | 2011年2月25日 (金) 12時57分

覚えてますよ~おそらく、このカテゴリーでこのブログに辿り着いた気がする。
なんだか、いろんなことがあったなぁ~って、自分の人生でもないのに、そばにいるわけでもないのに、すっかり気分はnyanyaさんのそばで見守っていた感覚です。
屋根は大変だねぇ。。でも、屋根がないと家で無くなるから、屋根はどうにかせねばだね。でも、お金はかかるし、大変だ。
何かいい方法はないだろうか。。。ゆくゆくはカフェになるなら、なお更どうにかしたいね。

投稿: chico | 2011年2月25日 (金) 16時13分

そっか~、そうだったよね。
これまでにも随分とゴミ片づけてたよね。

うちも築100年まではいかんけど、
築23年。
そろそろここらで手を入れとかんといけんのだけど、
その資金は?
この先、義母はうちに来る気満々なんだけど、
バリアフリーにするには大掛かりなリフォームも??
一体いくらで???
耐震にもしなきゃだろうし。

結局はお金の事考えるとどうしたらいいんだろ?って
思うよね。(苦笑)
にゃにゃちゃんとこの実家はうち以上の
手入れせんといけんみたいだし、考えるだけで
ちょっと嫌になっちゃうかもね。

お父さんのためにもどうにかしたい、って思う
にゃにゃちゃんの気持ち、どうにかいい形で
進むといいのにね・・・。
(なんかごめんね、なんのアドバイスもできんで・・・)

投稿: もも | 2011年2月25日 (金) 18時09分

chicoさん、見守っててくれて、ありがとう。
ホントに!
なんか、その言葉だけで、癒された!
chicoさんとは、特に、遠~く離れてるのにね。
パソコンだと、あまり距離は関係ないのかもしれないけど。

本当に、どうにかできるといいんだけど、
結局は、お金の問題になっちゃうのかな・・
でも、私にとって、今色々とあり、今後のことを考えると
実家は必要な場所だと分かったので、
どうにか解決していきたいんだけどね。。。
まずは、出来ることから
(って、まだ、ゴミの片づけから)

投稿: にゃにゃ | 2011年2月25日 (金) 19時31分

ももちゃん。

ももちゃんちの築23年と、実家の築100年は、
全然比べられるレベルじゃないよ~~

それこそ、今住んでいる旦那家も、築16年。ボロがめだってきて、困ってるよ。
ローンもまだまだというのに。
(ガス給湯器が壊れそうで、これも頭痛い!!30万円以上だって。。)

結局は、急場しのぎ。
いつの日か・・を夢見て、とりあえずを
対処してくしか、ないんだけどさ。。。

宝くじよ当たれ!(って、買った事も無い)

ももちゃんちは、確か、ももちゃんのお母さんがそばに住んでいるんだよね??
そして、義母さんも同居希望とな・・

それも、大変だよね。
でも、親のことは、その時になってみないと、対処できないよね。
私もそう。

そして、ももちゃんは、父のために、実家を直したいと、書いてくれてるが、
これは、全て『わたし』のためよ~~

実家がないと、だんなとケンカした時、
帰るところなくなっちゃうからさ。。。

投稿: にゃにゃ | 2011年2月25日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3回目のディスプレイ大賞 | トップページ | キッチンのビフォーアフター 2009年6月の頃 »