« 器 祭り | トップページ | 買いだめの旅 »

2011年8月26日 (金)

今年の夏 

暑い、暑いといいながらも、

もう8月も終わりですね。



キッチンの記事を書かなければと思いながら、

なかなか気持ちの切り替えができなくて。。。

困ってます。




6月からずっと、毎日かかさず、手作りしてました。

昨日、一区切りついたものの、

なんか、まだずっと作っていたい。



ひとつのことを始めると、他のコトが

なんに~も できなくて、


家事もいいかげん。うわの空。



本を読んでも、頭に入らない。(だから読まない。)

お風呂に入っても、ボーっと、作り方の手順を考えている。


更には、夢の中でも、手作りしてる。



そんな極端な感じのワタクシです。




さぁ、そろそろ、気持ちをきりかえるために、

何か、書いてみますよ。












もう、前のことになっちゃったけど、

今年のお盆も、ひとりで、お迎えに行ったっけ。


盆迎えの日に限って、だんなは、仕事になる。



なんか、世間は、家族でお出かけしたり、

実家へ帰ったりして、

楽しそうに見える。


そして、
ワタクシは、非常に、ひがみっぽくなる。






ひとりで、誰もいなくなった実家で、

お迎えする準備したり、


なんか、すごく緊張して、

(お包みはこれでいいか? 作法に間違ったことをしてないか?

 などと、色々考えて)

お寺にお迎えににいったり


お墓参りをすませ、

お寺でもらったお灯りを、実家仏壇にうつすと


いつも、涙が出てくる



なにしろ、私以外、誰もいないのだから、

思いっきり、悲しいワタクシぶれる。



お母さ~ん

おじいちゃん

おばあちゃん



来てくれた?


お父さんのこと、ごめんね。

でも、私も大変だよ~、寂しいよ~~




と、小さな頃は、大家族だった実家が

いまや、空き家となり、



自分ひとりだけで、その家にいることが、

ひとり取り残されたようで、

寂しくて、寂しくて、たまらなかった。



でも、なんとなく、

今年は、寂しいながらも、

(寂しかったからこそ)

みんな帰ってきてくれたと、なんとなく

感じることができて、少しうれしかった。


ここに自分の実家がある。

私の親族がいると。





そして、ひとしきり泣いたら、

ケロッとして、




『おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、

 ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん、

 おかあさん。


 せっかく、来てもらったのに、

 留守番させて、ごめんなさい。


 よかったら、うちに遊びに来てね~ 』



と、声をかけ



(にゃおが待っていてくれるから、帰ろう。)


にゃおが気になり、そそくさと、帰ることにした。






その時、ふと、おじいちゃんたちが帰ってるってことは、

もしかしたら、『にゃにゃ』も帰ってきてるのかなぁ~


と、初めて考えた。







次の日は、だんなは、お休みだった。


そして、お坊さんが、お経をあげにきてくれる日だった。



前日は、簡単に片付けただけだ。

お坊さんが来る前に、掃除機をかけておかなければと、

思いつつも、

なんか、体が動かなかった。





(おまけに、

 前日、お母さんに、

 『よかったら、うちの方に遊びにきてよ』と、

 声をかけたからだろうか??


 その晩、わたしは、金縛りにあってしまった。

 (多分、お盆迎え、その他、父のコトで色々あり、

 とっても、疲れていたからだろう。)


 そして、階段をぱたん、ぱたん、

 降りていく音を聞いて、

 (ほんとに、誰か来た?)と、ものすごく怖い思いをしたのだ。)






実家の掃除は、


前日、私をひとりでお盆迎えに行かせて、

寂しい思いをさせた

だんなに一任した。




帰ってきただんなが真っ先に言うには、


『なんか猫がいる気配がする。


 それで、

 座布団を裏返したら、

 白い猫の毛がいっぱいついてた。


 
 にゃおの毛じゃないよな!』って


事だった。




にゃおの毛はグレーだし、

実家には、1度しか連れて行っていない。


そして、裏側にはつくはずない。




にゃにゃだ~~~~


にゃにゃの毛だ~~~~




にゃにゃ以来、白い毛の猫は飼っていない。


(にゃにゃは、三毛猫だが、

 身体はほとんど、白で、しっぽだけ、三毛ちゃん 

 という、かわいい色あわせなのだ。 )




にゃにゃのいつも、座ってた座布団だったのだ



多分、母は、ずぼらにも、

古い座布団カバーの上から、新しいものを被せるので、



多分、私が前に、

『マリメッコの座布団カバーだ~!』と、

喜んで、はいだ時に、下にあったものが、

表面にでてきたのだ。





私が、前日、

「寂しい、ひとりだ」と、いじけて、

そして、ふと、にゃにゃも帰ってきてるかな~?


と、初めて、思い出したので、

(にゃにゃのことは、いつも思い出しているけど、

  お盆に帰ってきているという、考えはなかった。)



にゃにゃは、『来てるよ!』って

教えてくれたのだろうか・・・・




いつも服について困る猫の毛も、

その猫がいなくなると、自然と、どこかにいってしまう。



にゃにゃも、亡くなってから

もう、17年経つのに、

よく残っていたものだ。




久しぶりに、にゃにゃの毛がたくさんついた

座布団をみたら、

その上に、にゃにゃがきてくれたようで、

胸がいっぱいになった。




その後の、1日は、よい一日だった。


父も久しぶりに、施設から実家に連れてきて、

だんなと3人で、お坊さんのお経を聞いた。



父もその日は、穏やかで、3人で実家にいると、

のんびりとして、

いじけた心がほぐれていくようだった。






まぁ、今年の夏について、書いておきたいことは、

以上。




後は、毎日、手作り、手作りの日々でした。




そろそろ、気持ちも切り替えて、

ブログもがんばりましょ------

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックありがとうございます。

クリックいただけると、本当に、励みになります。

Antique Sampler トップページへ

|

« 器 祭り | トップページ | 買いだめの旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいお盆(?)でしたね
我が家は チビどもが帰ってきて大騒ぎ。
それで、実家にはまだ行けてなくて…
早くいかなくっちゃ!

投稿: kagawa | 2011年8月26日 (金) 16時55分

kagawaさんは、お孫さんがいらしたんですか?
にぎやかにお盆が過ごせていいですね。
羨ましいです。

投稿: にゃにゃ | 2011年8月26日 (金) 19時21分

私の子供の頃も、祖父母や父親の弟たちが同居していたので、8人の大家族でした。
おまけに、商売もしてたので、その頃の母は大変だったと思います。今だから分かるけど、子供の面倒をみるどころじゃなかったでしょうね。
そして、うちも猫を飼っていたんですよ!
なので『お盆に、にゃにゃちゃんが帰ってきてくれた』っていうところ読んだら、私も涙が出そうになりました。
今はまだ母がいてくれるからいいけど、いずれは私も、この家やお墓、親戚や隣り組……苦手です。そうゆうお付き合い…。
自分に出来る範囲でやってくしかないですけどね…

投稿: かこ | 2011年8月26日 (金) 22時21分

かこさんちも、うちと同じような境遇だったのですね。
昔は、大家族が多かったのでしょうね。

親戚、隣組、ほんとそういう付き合い、
苦手というか、
母のお葬式のトラウマか、私にとっては、恐怖です。

実家のほか、自分の家の隣組もあるしね。

私も、びくびくしながらも、
お盆に親戚のうちにまわるのは、パスさせてもらいました。

父の事もあるし、ひとりで、なにもかもできないものね。

悪く言えば、
気を使ってやっても、悪く取る人は取る。
だったら、無理してやらない!
少し、開き直ることにしました。

(にゃにゃの毛を見たら、すごくうれしかったです~)

投稿: にゃにゃ | 2011年8月26日 (金) 22時38分

なんか、このところ、ネットで見るのはやなものばかりになってしまったが。。。この記事?はとてもよいものを読ませてもらった。
私も本屋で孤独死のコーナー横切る時気がめいるような家族構成だから、この記事読ませてもらいながら、自分がそこにいるような疑似体験のような気持ちになりました。実際体験するのと、想像するのは全く違う事だけれど、読みながら、寂しさとか、悔しさとか、静けさとかの感情が流れてそして穏やかな気持ちが流れ込んできました。一人になってもちゃんとお迎えしてくれるなんて偉いなぁ。。。私なら、自分の気持ちにもそっぽ向いて諦めてしまいそうなきがします。

投稿: 小豆 | 2011年9月 1日 (木) 01時30分

「後は、毎日、手作り、手作りの日々でした。」
ここも偉い!私はついに、腱鞘炎になって、おまけに、意地になって節電してたせいで、暑さとの戦いに敗れ、半分熱中症状態になりながら、今年はお昼ねばかりしていたのであります。やったことは、円高に便乗して、洋書漁りをネットでしてたくらいです。観たいなぁ~手作り!

投稿: 小豆 | 2011年9月 1日 (木) 01時37分

小豆さん、こんばんわ。雨は大丈夫ですか?

いやぁ~~ん、孤独死なんて。。。
私も、考えると怖いですわよ。兄弟もいないし。

でも、今すぐ、そうなるわけでもなし、
せいぜい、考えないフリをしていましょう。

私も、お盆迎えは、超大変だ~
お寺、近所、親戚に関係することは、
とてつもなく、緊張するよ。

でも、やっぱ、止めるわけにはいかないよね~
でも、お盆は、お盆迎えで、
遊びにいくなんて、想像もつかないけど、

お盆に遊びに行く人は、どうしているんだろうか??

私はそれが知りたいです。

(これから、ずっとお出かけはできないのかな、
でも、おぼっちゃまがいるから、
どうせ、お出かけできないや。ははは)

投稿: にゃにゃ | 2011年9月 1日 (木) 20時37分

小豆さん!(ポン!)(← 肩をたたく音)

そうか!それがあったか!
私もこの機会に洋書を買いあさりたい!

(でも、どこで買ったらいいのか?
アマゾンでも安い?)

小豆さんが買われたのは、多分、手作りの本??
おすすめありますか?

手作りは、本当は内緒にしておきたかったのですが、
手芸雑誌のコンテストに応募したのですよ。

締め切りがないと、何をするにも、実が入らないわたし。

下手の横好きなので、結果は・・・

せめて、一次審査は通りたいなぁ~


小豆さんの、キルトも見たいです。

師事している先生、憧れの先生はいらっしゃいますか?
よかったら、今度教えてね。

投稿: にゃにゃ | 2011年9月 1日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 器 祭り | トップページ | 買いだめの旅 »