« 岐路にたった、漆喰塗り | トップページ | ソファーの暮らし »

2012年4月23日 (月)

リビング改装 その3 壁の続き

さて、漆喰塗りを始めたワタクシ


『うま~くヌレール』を使っても

うまく塗れないワタクシ。。。。



(そりゃあそうだ!

 使用方法が間違っていた。 )

 



12_03_25_0102 

穴を隠そうと、思いっきり、

厚塗りした壁は、

こんな風に、表面がぼこぼこになった




(間に 『岐路にたった漆喰塗り』の記事がはいりましたが、

 (→ リビング改装 その2 壁 )

 の続きです。 )












説明もよく読まず、塗り始めたワタクシ。。。



1回塗れば、完成だと思っていたことが、

大きな間違いだった。





『うま~くヌレール』は、要は、

下地調整剤がいらないのは、



1度目の塗りが、

うまく、下地調整の役割をしているのだ。



(接着がうまくいったり、

 更には、ボードのアク止めをする効果があるのだった。 )




基本、2度塗り、3度塗りが必要な

漆喰だったのだ。




それをワタクシは、

1度塗れば、OKだろうって

最初から、厚く塗ってしまったのが、

大きな間違いなのであった。




平らには、塗れないし、

厚く塗っても、木のあくが染み出て、

色がうっすらと、表面に浮いてきてしまった部分がある。


12_03_25_0102_2

例えば、右下の方。

少し、黄色っぽいですよね。

目の錯覚ではありませんよ。


あぁあ、











そして、10畳分塗れるはずが

この厚塗りのおかげで、4畳分くらいで終わってしまったのだ





『うま~くヌレール』

結構、いいお値段します。。。




ただの漆喰なら、1/10くらいの価格です。



ワタクシは、ここでようやく、

いろいろネットで調べてみることにした

(実際やってみて、転んでみないと

 わからない性格だったのだ。。。わたしって)




まずは、漆喰と珪藻土



珪藻土ってなんとなく、おしゃれだよね~~)


って、イメージ的に

気になっていた建材だったが



実際に、漆喰と珪藻土、

ググッテ見ると、


それぞれに色々、メリットとデメリットがあり


ちょっと、その説明を全部読むのは、

しんどいくらい、色々出てきたが、



所詮、ワタクシの求めているものなんて、

軽いもの。





求めるものは、

見た目と、天然素材。

ということ。


(あぁ~~、なんて判り易いおバカでしょう。)




しかし、珪藻土は、ちょっと

気になる記載が出てきたので、

特に、こだわる必要もないので、やはり

漆喰で行く事にした




(珪藻土の説明をこの後、書いてはみたものの

 結局、論点となっているのは、


 珪藻土に含まれる 『結晶シリカ』 が

 発がん性物質だという点。

 (人体に影響のない範囲だと言われていますが


 もし、間違ったことを書いて、

 迷惑をかけても、申し訳ないので、

 シロウトの調べたことの記載は、止めました。)




まぁ、私はどうしても、珪藻土にしたいという

熱い思いがなかったので、


どちらかというと、


かのレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画も

漆喰に描かれているという、



事実の方に

ミーハー心が動いてしまいました








漆喰も、まぁ、調べると

いろいろあるわ。






まずは、何も入っていない

ホームセンターで売っている

普通の漆喰


これなら、すごく安く仕上がる!




でも、やっぱり、ダメだろうなぁ~~


袋を開けたとたん、ただの漆喰は、

もぁ~~~と、煙がまいあがるような勢いだ。



だんなが、吸い込むと、体の中で固まるぞとか

脅すのだ。




うちには、にゃおがいる。


にゃおにマスクをさせることは、

どんな努力をしても、達成することができないだろう。



そして、(タイル用セメントを少量練ったときに思ったのだが、)

粉に水を足し、

ホンの1キロ、混ぜるだけでも、重くてちょっと疲れた。



これを何10キロも練り上げるのは、嫌になるかもしれないな。




しかも、普通の漆喰の袋には、

「接着をよくするために、別売りの接着剤を入れてください。」



とか、書いてあり、


普通の漆喰をきれいに塗るにも、やっぱり、

何かプラスしなくては、いけないのだなと、


安い漆喰は、あきらめることにした。



それに、

これから塗りたい場所は、天井近くなので、

タレ落ちるのだけは、勘弁なのだ。



(知り合いの剛の者が

 天井に普通の漆喰を塗ったことがあるが、

 何度も落ちて大変だったと言っていた。 )





あとは、『うま~くヌレール』のような、

最初から練ってある商品だが


タナクリーム

カルクウォール 

しっくのん

塗楽

楽天の漆喰




色々見たが、

購入者レビューで


一部、

『固まりがある』とか、

『穴がぷつぷつ空く』とか、あり 少し心配になったり、



更には、刷毛で塗れるものもあり、

これを利用してみたかったが、



仕上げ圧がどうしても、薄くて、

(もちろん、こて跡は付かない)

汚れを隠せるか、不安だったので、




やっぱり、なんだかんだいいながら、


引き続き、

『うま~くヌレール』にすることにした。




うま~くヌレールは、和室の

 砂壁にも、そのまま塗れるそう。




 和室の砂壁に塗る予定はないが、

 そこまで、接着が強力なものは、他になかったので、

 私は、

 うま~くヌレールを信用することにした。)




それに、1缶 18キロ塗ってみて、

ようやく、ワタクシは、

うま~くヌレールに慣れてきたところだったのだ!





ここでまた、他のものに、変えて

失敗をするのも嫌だし、



多少の金銭の割高さには、目をつぶることにした。




そして、とりあえず、5キロ缶を追加注文した。




フタを空けてみると、


なんてこと!!! annoy





今まで、粘土のように、重く固いと思っていた

うま~くヌレールの

軽くクリームのように伸びること。







そう、18キロ缶を塗り終わって、

底が見えたら、

ビニール缶の底に亀裂が入っていた。




うま~くヌレールを買ってから、2年半は経っていた。


途中から、置き場所がないため、

家の外に置いておいたこともある。



缶が劣化し、ひびが入っていたのだ。



そこから、水分が抜け、

中の漆喰は、硬くなっていたのだ。









そんなことも知らず、

ワタクシは、練ってあるから、これでいいはずと、

何の疑いもせずに、

硬い漆喰を厚く、厚く塗っていたのだった。




もう何重もの、間違い、勘違い。。。。。




きれいに塗れるはずないね。

一番目立つ壁が、なんてこと。。。


落ち込んだね







新しいうま~くヌレールで塗ると

塗りやすいこと、塗りやすいこと。



作業時間も1/4に、短縮された。



12_03_26_0100_3


計23キロ使ってここまで 塗れた。


6畳分くらい塗れたかな~?



更には、ワタクシは、また18キロ缶を追加して、


まだ、塗り続けている日々です。





最初の、でこぼこの壁は、

金属やすりをかけたり、


最終的には、厚めに 3度塗りを果たし、

どうにか、許せる範囲になってきました。




でも、漆喰の2度塗り、3度塗り、を行っていると

なかなか仕上がらないんですよ~~



考えてみれば、もう塗り始めてから1ヶ月。



いつになったら、ダンボールを撤去できるのか

全然見通しがたっておりません・・・





つづく

(そして漆喰塗りは天井へと及んでいくのであった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックありがとうございます。

励みになってます。





コメントは、非公開をご希望の方は、

その旨、お書き下されば、公開いたしません

Antique Sampler トップページへ

|

« 岐路にたった、漆喰塗り | トップページ | ソファーの暮らし »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

今、自分でお店を始めるために改装しようと思っているところです。
壁をうま~くヌレ~ルにしようかどうしようか迷っていたところで、とても参考になりました。
私の場合、天井は大変そうなので、普通のペンキにしようと思ってます。
とっても不器用で、始めたら色々問題おきそーです。
また、情報教えてくださいね。
ちなみに床にはダンボールだけで大丈夫だったのでしょうか。
養生の仕方も気になります。
よろしくお願いします。

投稿: | 2012年11月25日 (日) 19時55分

???さん、こんにちわ。

お店を始められるなんて、素敵ですね。
私も、頭の半分に、自宅でショップをしたいという夢を、
持ち続けていますが、
なかなか実行まで、叶いません。

???さんのショップ開店、ご成功なされますように。
そして、できたら、詳細を教えていただけると、とてもうれしいです。

これから先の記事に書こうと、思っているのですが、
実は、『うま~くヌレ~ル』他、漆喰は、とっても注意しなければ
ならないことが、あります。
今、ここに書けないことが、はがゆいですが、近日中に、ブログに書きますので、
よかったら、お読み下さいね。

養生は、とてもずぼらなので、アドバイスなど、とてもできません。

床は実は、垂れたら、後でペイントすればいいやと、そのままでやってしまったのです。
(もちろん、垂れた後は、へらで剥さなくてはなりませんでした。)

投稿: にゃにゃ | 2012年11月26日 (月) 16時16分

こんにちは~

私も今日チャレンジします!

投稿: | 2013年8月 3日 (土) 15時30分

?さん、こんにちわ。
頑張ってください。
くれぐれも、目に入らないように、ご注意くださいね。

投稿: にゃにゃ | 2013年8月 3日 (土) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岐路にたった、漆喰塗り | トップページ | ソファーの暮らし »