« ひとり おでかけ記 | トップページ | 思っていたのと違った »

2012年7月17日 (火)

リビング改装 その5 出窓2

Rimg5307_2


久しぶりとなりましたが、リノベーションの続きです



塗装がくっつき、片方にしか開かなくなった


この出窓。




ペイントした後、


出窓部分の木に私は、タイルを貼ることにした。







簡単に白くペイントしてもよかったのだが、


なにしろ、キッチンがせまいもので、


このキッチンにも続く、出窓を


一部、キッチンの延長として使いたかったのだ。





(例 タイルの上に、クロスをひいて、

    大きな食器を乾かす。


    更には、ていねいな暮らし~~

    野菜なども干してみたかったのだ)



すっかり、

にゃおの『 猫草 食べ処 』 となってしまったが・・

(ネコ草を日に当ててやらにゃあ、いかんから)



でも、このタイル貼りがまたもや、


大、大、大失敗・・・・・・







なんで、ワタクシがやると、

なんでも、失敗になるのでしょう・・・・




インテリアの雑誌など、とっても簡単に

タイルくらい貼っているのに。

『なんで、失敗例を載せてくれないのだ!』


と、思ったものの、

失敗する方が、めずらしいのでしょう。。。。







それでも、これからやろうと、している方の

なにかの足しになればと、


っていうよりも、



『こうして、ワタクシは失敗を重ねるのだ。』



世の中には、こういう人もいるのだと

認識していただくために、

記しておこうと、思う。





でも、もし、運がよくて、

巡りあわせが良かったら、

ワタクシは、失敗してなかったかもしれない。。。。







(良かれと思ってなのだが)


タイルの接着剤を、

大きな大きなホームセンターに買いに行った事が

間違いだったのだ。



(あっ、タイルは、ネットで

 多分、一番小さい1cm角を注文していた。)





今思えば、

クラフトコーナーに行っていればよかったのだが、

ワタクシは、職人さんが、買い求めるような

本格材料コーナーへ向かっていた。



そしたら、


タイルの接着剤は、いくら探しても無くて、

セメントしかなかったのだ。




仕方ない・・・

セメントでやるか。。。。


(これが、大きな間違い)





セメントを平らに敷くことなんて、できるわけない。



しかも、最初はそれでも、どうにか

セメントを均して、その上にタイルを敷いていったのだが、


そのうち、硬いセメントを平らに均していくのが

大変になったワタクシは


少々、水の分量を増やしてしまった。


ちょっとくらいゆるくなっても大丈夫だろう・・・・



(ばか、ばか、ばか~~~~~

 なんで、ここで大丈夫なんて考えたのだろう)




少しゆるくすると、セメントは、広げやすくなった。





そこにタイルのシートを乗せる。










そう、そうなんですよ。。。。。



タイルのシートの重みで、

セメントの中にタイルが

ずぶずぶと沈んでいくのであった!!!






ぎゃぁあああああ、どうしたらいいのこれ?

こんな場合、どうすれば!!!



助けて~~~~





途方に暮れ、呆然とふぬけになったものの

このまま放置しておけば、

固まってしまう。






私は表面に浮いてきたセメントをぬぐい始めた。




しかし、どんどん固まり、剥がれにくくなっていく。






作業を続け、

表面はとれたものの、

目地にもセメントはびっしり。


このままでは、白い目地剤をいれることができない。



ワタクシは、目打ちで、固まりかけたセメントを

こそげ落とした。。。。




しかも、初心者がいきなり、

難関の1センチメートルのタイルにしたものだから、

そりゃあもう、

大変。


目地の部分は、かなりある。





徹夜ですよ。


しかも、少しでも、置いておくと、

固まって取れなくなってしまう!


という、恐怖に煽られ、



休憩も取らず、


14時間くらいぶっとおしで、作業しましたよ。。。。。




目打ちも、そのうち、

持ち手から、先端部分が取れてしまった。






そして、この時のにゃおは、

まだ、生後半年も経っていない頃。。。。




ちっとも、大人しく寝てくれないで、

騒ぎまくっている。



にゃおが近寄れないようにと、

やはり、ダンボールなどで、バリケードを作ったが、


幼かった分、容赦ない。



そのバリケードに、

ジャンプして、体当たりで挑んでくる。




そのバリケードが倒れぬよう、

足を延ばして、支えながらの作業。



修羅場だった。

今、思い出しても・・・・


こっちに来たくて

にゃあにゃあ、鳴き続ける猫。

固まり続けるセメント。



夕方から作業を始めたのに、

しらじらと明けていく空。

近所からは、朝ごはんの支度の音。



思い出しても、ぐったりだ。




それなのに。。。。


それなのに。。。。。




ワタクシは、まだこの先、


全部貼りきってなかったタイル貼りで、


バカな思い込みから失敗を繰り返し、



またもや、

同じような、修羅の朝を迎えることと

なってしまうのであった。





Rimg5317_2


(つづく~~)

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックありがとうございます。


クリック頂けると、更新意欲も湧きます~



Antique Sampler トップページへ

|

« ひとり おでかけ記 | トップページ | 思っていたのと違った »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

我が家にするまで」カテゴリの記事

コメント

申し訳ないけれど、笑って暑さが少しとびました。
私もタイル貼りしたいと思っていたので参考になりました。とっても。
クラフトコーナーへ行きます。
有難~い、教訓です。

投稿: puentopuenta | 2012年8月17日 (金) 12時37分

puentopuenta さん、こんにちわ~

遊びに来てくださって、ありがとうございます。

まだまだ、私のタイル貼りの失敗は、続くのですよ。

でも、タイル専用のボンドを買えば、簡単に上手につくと、思いますよ。

暑いですが、頑張ってくださいね。

投稿: | 2012年8月20日 (月) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとり おでかけ記 | トップページ | 思っていたのと違った »