« なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 | トップページ | 前からやろうと思ってたことと ベルバラ »

2013年4月23日 (火)

今週の東京お店めぐりと しつこく赤江瀑

04_16_0557


ばかだ~~、ばかだ~~

ばかなわたしである

のんびりと、出かけた話を書いていたのであるが、

また、思い立って、

この間の日曜日、出かけることになった。




代々木上原の古本屋さん、アゲイン







このあいだ、この店で

買ってきた赤江瀑を一冊読んでみたら、


(最初の1冊ほど、心は震えなかったが、)

まぁ、好きな部類のお話だった。




よく見ると、100円で買ったその本は、

初版(昭和55年。何年前だ?)で

帯びつきなのですよ。





私は、古本好きなくせに、

潔癖なところがあり、


図書館の本などの

ちょっとだけ古い本を読むのはつらいのだ。


(大抵、図書館で借りるのは、新しい本ばかり。

 1番のりできる本を主に借りる)




でも、古本は、古過ぎて、かえって、

人の手が入らず、

余計な汚れを年月が洗い流してくれて、

清らかになっているような気がする。




買ってきた100円の赤江瀑は、中身もきれいだったのだ。


本来本屋さんがぬくはずの、スリップまで

ついているのがある。





あぁ~~、あの時!!


100円コーナーの赤江瀑。


10冊近くあったのに、本が増えるのが嫌さに、

5冊しか買わなかった。



なんで、全部買っとかなかったんだ!



と、自分をせめた。




思いついて、お店に電話してみたが、

赤江瀑は、あと7冊あるという。



しかし、残念なことに、

お取り置きは、してもらえないし、

発送もしてもらえない



ということだ。。。。。。





あぁああああああ





仕方ない。

だんなに頼み込んで


100円の本のために、

またも高速にのり、出かけることにしましたよ。






そして、無事手に入れ、ついでだ==と、

他の本も買いましたよ。







これで済めば、ただのばか?で済んだのだが、

昨日、赤江瀑の作品年表をメモっとこう、と

いろいろネットを検索していたら、


アマゾンで、赤江瀑



安く売ってたよ。。。。



ばかばかばか~~~




(晩年の本は、プレミアがついているものがあったが)



やっぱり、古本屋さんは、プロだ。



赤江瀑は、コアなファンを持つものの、

それは、一握りで、

もういきわたっちゃったのかもしれないね。





日曜の労力。資金を考え、がっくりくる。




が、

しっかり、

アマゾンで買い足すことは、忘れないワタクシであった。




でも、またもや、本の山が。。。。




とりあえず、買ってきた本の山は、

例によって、階段に積むが、



そのうち、多分、また

新しい本の山がやってくるだろう。



その前に、

どうにか、処理をしなければならないのであった。










まぁ、仕方ない。

出てきたついで。


今回は、ほそぼそと、身の回りのものを

買って買えることにした。




代々木上原より、千駄ヶ谷へ。



どうしても、ジューン・テイラーのジャムが欲しかったのだ。




輸入元に行けばあるだろうと


千駄ヶ谷の、


中原(ランドスケープ・プロダクツ)帝国へいくことにした。



プレイマウンテン

パヒエラボ


TENGU

タスヤード


COFFEE KIOSK





PMで買おうとしたら、ギフト用で、

箱つきだという。



仕方なく、タスヤードの小屋までむかう。



思い切って

3つゲット~


(思い切っても3つ。

 なにしろ1つ2000円のジャムだからね)




『タスヤード』を見たら、なにやら禁煙になっている様子。


ずっと、入ってみたかったが、ここは、喫煙フリーなカフェ。


ちょうど、この4月から、土日祝は、禁煙なそうな。




誰かがいってた。

タスヤードのカレーは、長尾智子さんプロデュースだと。




入って、名物カレーとハンバーグを食べたら、

つけあわせのポテトのピューレ、

含めすべておいしかった。



あなどるべからず、料理研究家。



なにかのスパイスが効いていて、(ハンバーグ種にも)

そのレシピが欲しくなりました。






それから、時間があったので、

『KITTE』へ向かう。

東京駅前、日本郵政省経営のショッピングモール)




オープンより、1ヶ月経っているから、

大丈夫だろうと、思っていたが、

エスカレーターに乗るにも、

5分くらい行列して、待たねば乗れぬほどの

混雑だった。





(自分のことは、さておき、

 そんな広い施設でもないのに、

 なぜに、皆ここへむかう?)


(わたし?

 わたしは、こういう新しいモールが好きな

 だんなの意向で来て見たの)





でも、『CLASKA』 が入っていたので、それが楽しみ。


コップ?キャニスター?を買う。

04_15_0559







それ以外のお店も覗くが、

何しろ混んでいて、じっくり選ぶ余裕は私にはない。






4Fのブックカフェに空き席を見つけ、

ようやく人心地。




窓際のカウンターに座る。

ちょっと無い、眺め心地。



目の前は、20階だか、30階だかのビル。

ビルの谷間からまた、ビルが見える。


こういうの嫌いじゃない。




藤子F先生の21世紀にこれた様で、

超近代設備にぼぉ~とする。



やっぱり、ここは、21世紀。

子供の頃に憧れた、未来の国。




窓の外を見つめながら、

しばし、現実から離れられる。

周りは混んでいても、

不思議に落ち着く、空間でした。


未来の国の至福を少し味わった瞬間でした。




『kitte』の売り物

全国うまいものの店は、

思ったより数が少なかった。



鹿児島のさつま揚げを買ってかえる。




それから、KITTEから、ずっと八重洲の方まで、

地下街が続いてたので、


八重洲の古本屋さんへ。



(あまりにも、高級感あふれる、

 ギャラリー、

 古美術商のような、お店で、

 わたしのような浅学、軽薄なものは、

 お呼びでない、古本屋さんでした。)





それからついでに、

ジャムを買ったので、

『エシレ』のバターも買うことにする。

東京スクエアガーデンに向かう。



店の周りに、もう濃厚な香りが溢れかえっている。

その香りに少々、

(カロリー高そう~)と、びびってしまったが、

せっかくなので、

やはり、焼き菓子も買った。

04_15_0558

1つ300円以上。

小さいのにちょっと高い (がやっぱり、濃厚だった)




よく歩いた1日だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記

あれから、赤江瀑様に、はまりまくっている。




ようやく、10年くらい前に、

最初に

飲み込んだ毒が回ってきたようだ。



これから先、何があってもいいように、


早急に、

全作品を読んでおかなければという

覚悟で取り組んでいる。





いやぁ、上で、アマゾンで安く売っていて、後悔した

ワタクシは、なかったことにしていただきたい。




アマゾンでも、安いのは、ぼろぼろな本。

状態がいいのは、1000円くらいしているだろう。




私が買ってきた100円の赤江。

美品も美品。



読んでないんじゃないかって、ほど、美品だった。

こんな状態で、よく手に入ったというくらい。



赤江マニアとなった今では、

美しい本をこれから先、保管できることは、

とてもうれしく


(誰も羨ましがらないであろうが)

自慢なことである。



やっぱり、本は、本屋で直接めぐり合ったほうが、

感動は深いものだなぁ~


ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックありがとうございます。

クリックいただけると、本当に、励みになります。

|

« なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 | トップページ | 前からやろうと思ってたことと ベルバラ »

おでかけ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

にゃにゃさんの影響か?赤江爆サンを読んでみようと思ってます(*'-'*)

ところでこの階段もにゃにゃさんが、
ペイントされたのでしょうか?
可愛い!
私も我が家の階段を白く塗りたい!
でもその前に階段上の砂壁をどうにかしたい・・・
いやいや、その前にキッチンを・・・
ウロウロ・ゴソゴソ・・・

こうしてけろの一日は無駄に過ぎて行くのであったゞ(´Д`q汗)+・.

投稿: けろ | 2013年4月24日 (水) 10時40分

けろさん、こんにちわ~

そうですか!
ちなみに、(勝手におススメ)
私の今のところ好きなのは、
『星踊る綺羅の鳴く川』、『海峡』です。
両方とも、長編なんだけどね。


階段、もちろん塗りましたよ~

でも、にゃおがふんでしまい、
上段の方に足跡が残ってます。
それを消すのが惜しくて、2度塗りできてません。

私もそろそろ又、壁塗りを始めなければ。

投稿: にゃにゃ | 2013年4月24日 (水) 17時27分

こんにちは♪
にゃにゃさんオススメの『星踊る綺羅の鳴く川』『海峡』と、
個人的にストーリーに惹かれた『オイディプスの刃』をアマゾンで注文しました~(*'-'*)
届くのが楽しみで~す!
ホンヤクラブで注文しようとしたら、絶版・・・お取り寄せ出来ません・・・
ますます興味が湧きました~!
GWは読書三昧します(*'-'*)

投稿: けろ | 2013年4月25日 (木) 13時19分

けろさん、こんにちわ。

お勧めを早速読んで下さるのは、うれしいけど、
ちょっと責任感じます。。。

幻想的なお話って、好きな人は、すごく好きだけど、
そうでない人には、
『なにがおもしろいのかちっとも理解できない』
って、世界なので、
私にとっては、おもしろくても、けろさんはどうでしょうか?

(でも、山岸涼子を読んだ人なら、好きかも?)

でも、もし、お読みになっておもしろかったら、
是非、感想を聞かせてね。

私は、『オイディプスの刃』は、まだ読んでないです。
でも、1日1冊赤江爆を守ってます。
そのうち、読んでみます。

投稿: にゃにゃ | 2013年4月25日 (木) 21時43分

多分・・・にゃにゃさんは『京極夏彦』とか好きでしょ?違うかな~!
私は好きです!
『魍魎の箱(字が違う)』『姑獲鳥の夏』とか。
感じないはずなのに、血なまぐささを感じつつ読んでました。
幻想文学って突き詰めて行くと、泉鏡花まで行き着くのかなと思いますが、
泉鏡花はまだ1冊も読んだことがありません。
最近は横山秀夫さんとか誉田哲也さんの警察モノに嵌って読んでました。
気持ちがスッキリしたいときは、伊坂幸太郎さんかな~!読後は爽やかになれます(*'-'*)

投稿: けろ | 2013年4月26日 (金) 08時59分

けろさん、こんにちわ~

京極夏彦、読んだことないです。
多分、好きな世界なんだろうなぁ~と、
想像するけど。

大人になってから、血なまぐさいのが
気になりつつも、苦手になり
今も、赤江系でも、血なまぐさいのは辛いなぁ~

でも、子供の頃は、乱歩とか夢野久作とか
おどろおどろしいのを読んでたよ。

どっちかというと、幻想的で文が美しいのが、好きなのです。

恥ずかしいけど、一番好きな作家は、
『谷崎潤一郎』
澁澤も好きで、そっち系から、
赤江爆が好きになったかな。

泉鏡花!! 赤江文学と切っても切れませんね。
私も読んだことないけど。

『64』は、読んだよ。
伊坂は読んだことありません。

でも、好きな作家って、人それぞれだね。
おもしろいね。

でも、けろさんも赤江さん、
多分?気に入ってくれそうなので??
よかったです。

(勧めたのは、血みどろ系の赤江じゃないけど。)

投稿: にゃにゃ | 2013年4月26日 (金) 11時45分

にゃにゃさん、こんにちは~。
相変わらずたくさんの本を読んでるんですね~。
これはもう、壁一面天井から床まで本棚、左右にスライドする梯子を取りつけた、自宅図書館が必要ですね!
ミナなんとか(ごめんなさい、馴染みがなくて名前全然覚えられないです)のクッションがとってもかわいくてツボ!
見れば見るほど愛着の湧く形ですね。
にゃにゃさんの家にとってもなじんでますね~、かわいい♪

投稿: AKI | 2013年4月26日 (金) 12時55分

AKIさん、こんにちわ~

ご無沙汰してます。
私もどうしていらっしゃるかな~
伺ってみようかなと、思ってたところです。
でも、アドレスがすぐ見つからなくなっちゃって、(ごめんなさい)
ちょうどよかったです。


リビングがひと段落したので、
ようやく、好きなものが飾れます。

と、思ったら、どこへ行っても本の山。
ひと部屋、本の部屋にしているのに、
お風呂、トイレ以外の部屋
全部本だらけ。(洗面所も)

インテリアも何もございません。

図書館のような棚ほしいなぁ~

投稿: にゃにゃ | 2013年4月26日 (金) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 | トップページ | 前からやろうと思ってたことと ベルバラ »