« よせばいいのに・・・又出かけ | トップページ | なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 »

2013年4月12日 (金)

春樹祭りに参加

わたしは、それを知っていたが、

敢えて、知らぬ存ぜぬを貫き通すつもりでいた



今日は、大人しく

ミシンカケをしていようと思っていたのだが、


だんなから、お昼に電話があった。








村上春樹の新刊、今日出たんだってね。

 東京の書店は、開店を3時間早めたんだってさ。


 初版で50万部だってさ」


と、わざわざ知らせてきた。








春樹の新刊が出ることは知ってたさ。


でも、あまりの狂乱振りに、

(どうせいつかは、山積みになるさ。


 騒いでるのは、発売当初だけ。)




と、クールにやりすごすつもりであったが


やはり、


「いや、ワタクシは、こうみえても、

 春樹の新刊は、『羊をめぐる冒険』より、

 ずっと初版で読んでいる身の上だ。


やっぱり、今回も、初版で読まなければいかんだろ 」




と、近所の本屋に行く事にした。






いつもは、目もくれない近所の田舎の本屋だが、

ここは、田舎過ぎて、こんな時は、

ねらい目。盲点。







普通の本屋では予約しなければ買えない本も、

ここでは、割とあっさり買えることを

ワタクシは学習していた。







やはり、あったよ。


せっかくの春樹の新作なのに、

ハルキコーナーも作らず。

ポスターさえも、貼らず。

普通に新刊コーナーに平置きになっていた。




都内では、昨晩の12時から並んで手に入れている人も

いるという。



それに比べて、なんて、有り難味のないことだろう。










それでも、こうして、

わたしも今日は、ハルキ祭りに参加することができた。

考えてみると、30年来のハルキファンなのであるが

(年がおのずと、わかりますね)


昨今のハルキブームは、全く理解できない。





でも、確か、私も、

10代のキラキラした感受性を持った時に、

ハルキを読み、

どっか~~んと、共感し、心を奪われたはずであったが、


最近は、なんなく、




読めばいいんでしょ。

読んどかないとね、世間の話に載れないし。


って、感じで、義務になっておる。




昔は、ハルキの新作、(『ノルウェーの森』だった)が

出たときに、

最高のシチュエーションで読みたいと、

信州のペンションを予約して、(11月)

ひとり出かけ、暖炉の前で、

読書にふけったこともあったけ。


(自分の世界にいっちゃってるというか、

 変わり者。

 そんな熱きワタクシがいたこともあった。)




でも、ここ数年の

『ノルウェーの森』の再評価?

『IQ84』 の異常な人気がよくわからない。


(そりゃあ、楽しく普通に読ませてもらいましたが)


ハルキは、若い感性のままだが、

ワタクシがおばちゃんになっちゃったのか?






まぁ、いろいろあるが、

今日は、全てをほっぽって、

ハルキワールドに身をゆだねた。




オチがつかないだろうことは、

これまでの作品でわかっているが、


それでも、どうなるのか、

ぐいぐい370p一気に読ませるのは、

やっぱり、ベテラン。



何かを比喩しているのか?

暗示しているのか?

私には、深読みはできないが、



意味を求めたい人、深く理解できる人は、

語るべきところがたくさんあるのだろう。

哲学的内容。




私が春樹を好きなのは、

春樹の書く異世界。




(昔は、新しい文体にも惹かれたさ。

 でも、今は、ハルキチルドレンも多数生まれ、
 
 新しくはなくなっている。)



今回は、現代日本。


異世界に旅たつ話ではないが、

それでも、


ある情景の描写にからめとられ、

その描写を思い出すと、

今いる世界と、違う、

その世界にいけることができた




村上春樹のその世界が私は好きなんだなと、

思い出した。




今回は、癒し、救いのあるお話だなと感じた。




ラスト10pくらいで、

なんだか、今までとは、違う試み。

違う文体を試しているんだろうか?


と、個人的には、感じた。




もう、お話はおしまいなのに、

これから、新しく物語がはじまるような描写。



主人公の何かが始ろうとしている比喩なのかな

とも感じた。






まぁ、発売日に読めて、

ハルキ祭りに乗り遅れなくて、良かった。



細かな分析は、興味ない。

難しすぎるし、

私は、時々読んで、

村上春樹の異世界を想像するだけで、満足である。


ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリックありがとうございます。

クリックいただけると、本当に、励みになります。

Antique Sampler トップページへ

|

« よせばいいのに・・・又出かけ | トップページ | なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

私も一時期(初版ではありませんが『羊を~』を読んでから、
村上春樹サンに嵌っていたことがあります。
ある日「あれ?このエピって彼の別の小説にあったような・・・」って思うようになってからは、
『ノルウェーの森』を最後に一切読んでおらずゞ(´Д`q汗)+・.
ここ最近の「春樹祭」はもはや、ペーパーレス社会と化した現代の、
出版業界やら印刷業界やら書店やらの喘ぎにしか思えず・・・
とは言え、私、本好きなので常にバッグには、2~3冊入れてますよ~♪
何かオススメの小説などあったら、教えてくださいませ(*'-'*)

投稿: けろ | 2013年4月15日 (月) 12時22分

けろさん、こんにちわ~

けろさんも、本がお好きなんて、とってもうれしいです。

私も是非、けろさんのおススメを教えて欲しいですが、
わたしのおススメは、むずかしいですね~
どんな系統の本がお好きかによりますものね~・・・ bearing

私が好きなのは、春樹だったら、やっぱり
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』と、『雨天炎上』かな。
当時一度読んだだけなんだけど。

図書館では、いつも軽いものや、流行の作家なんかを借りてます。

個人的に収集しているのは、耽美、幻想、系の作家です。

けろさんは、どんな感じがお好きなんでしょうかね??

投稿: にゃにゃ | 2013年4月15日 (月) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よせばいいのに・・・又出かけ | トップページ | なんちゃって『ミナ』コーナー と 赤江爆 »