« きらきら であれ | トップページ | 薔薇と蕎麦 »

2013年6月 5日 (水)

一週間 (花と音楽と本とおでかけ)

06_01_0620

(たまには、こんな感じで)

写真でつづる、私の1週間。




(ほんとは、写真の順番は、でたらめなところもある。

 

 そして、特別なことなど起こらぬ

 ただ家で過ごす、いつもの毎日なのだけど・・・)








06_02_0609_2

MONDAY


最近、日曜日は、庭の草木を刈ることが多い。


主人は、のこぎり。

私は、高ばさみ。

お互い結構、筋肉痛になるのだが、

それでも、手を加えた後は、庭を見るのが楽しい。





06_02_0612

風のある日は、ジューンベリーと、

柏葉紫陽花が、そよいでいる姿に

うっとりとする。

白と赤の協演



ジューンベリーは、赤い実がゆれているのが、

かわいい。



昨年までは、毎年、実を採っていた。

でも、もう今年は、手の届かないところまで

なっているので、

そのまま景色として楽しむことにする。



06_02_0616_2

柏葉あじさいも、風が吹くと、

その葉っぱまでも、広げて、風をうけて、

上に、飛び立とうとしているかのようだ


何かに似てる。。。



しばらく考えて、


ペンギン???













TUESDAY

05_31_0598

部屋に飾ったバラ達が、どんどん散っていく。



でも、そのベルベットの手触りをいつまでも

味わっていたくて、

そして、その花びらに、まだ

香りが残っているのが惜しくて、

ポプリにしてみようと思う。





06_02_0610_2

おどろくほど、成長してしまった

ミニバラのグリーンアイズ。



今年は、ピンク色になってきたのは、何故??












WEDNESDAY


.05_31_0605_2

咲ききってしまった、つるばら



思い切って、選定することにする。




切っては、ばさばさ

投げ捨てる。







05_31_0606



05_31_0607


退廃の美??

残虐な美しさ。

日本刀で打ち捨てられた

女の(いや女と言うより、美しい男だ)化身のようだ。





こんなことを思ってしまうのも、

最近読み進めている 赤江文学の影響だ。



赤江先生は、薔薇と言うより、椿なのだろうけど。。。







THURSDAY

05_31_0597


久しぶりに荷物が届く。

本ではなく、CD









05_31_0600

これから、赤江文学、読破も佳境に入っていくのであった。


完読まで あと、5冊。



BGMは何も無い方が好きであるが、

キッチンリーダー (キッチンドリンカーと、かけて)

なので、冷蔵庫の音がたまに耳につくので、

たまにCDをかける。


よりインナートリップに誘うような、

美しく幻想的なものばかり、選んでみた。




宗教音楽や、ヤナーチェック



ヤナーチェックは、例の村上氏の


IQ84

『シンフォニエッタ』

で、有名であるが、



(シンフォニエッタは、

 とっても印象的な曲であるが、

 私は、ティンパニが、うるさすぎて

 ちょっと苦手)


ヤナーチェックは、

ピアノ曲が、結構好きである。




ショパン、モーツアルトのように、

メロディアスには、歌わないが、

同じフレーズの繰り返しが、



ピアノに聞き入っているのか、

それとも、もう音など、耳に入っていないのか、

どちらか、わからない。


また、どちらともいえる世界に連れて行ってくれる。





FRIDAY


06_04_0608_2


赤江本、読破は続く。

最初は、何の気なしに、読み終わった本を

順番に、階段に重ねて言ったのだが、


今は、その塔は高くなり、

ゆらゆらしている。




あと、この上に、5冊のせなくては、ならない。



粗忽モノの主人が、塔が完成する前に

くずしてしまわないかが、心配。


(にゃおは、できるヤツ。そういったミスはしない)




アマゾンなどで、

赤江先生最後の単行本。


プレミアがつき、

5000円。

その前作 2500円。 


の値段のしていた本を、

少し探して、

それぞれ1500円ずつで、ゲットする。

しかも、美品。


05_28_0592_2



こうしたものを探して、コレクションする

楽しみも、もう終わり。




でも、読み終わったあと、 この本の塔は、

どこへ移動するのだろうか?



建立地は、見当たらない。












SATURDAY

06_01_0617

午後3時。

こんな時刻からは、普通

人は、遊びにでかけないような時間だが、

車の試乗をかねて、軽井沢へ。






お花やさんへ向かうが、

欲しかった花は見当たらず。

(完売だそう)



せっかく行ったのに、

たった一株だけ買って帰る。



06_01_0621

葉っぱのせいかな、

名前はノコギリソウ





ハルニレの丸山珈琲に寄って帰る。


ここは、結構私の癒しスポットみたいだ。



ここにいると、のんびりして、

いつもは、カフェに行っても、

周りやお店の人を気にして、

すぐに帰ろうとする私だが、


ここは、気がつくと、1時間以上経っている。




まわりは、新緑、川も流れ、

お店は、薄暗く、テーブルの上だけが

本を読めるようにスポットがあたっている。



いつも、人の行かないような時間に行くので、

お店も空いている。




そして、帰ろうと、外にでると、

いつの季節でも、思っていたより、ひんやり寒くて、



違う土地に来ていたのだと、思い出すのである。






SUNDAY


昨日買ってきた、お花を植える。


06_02_0615

あぁあ~~~、せっかく軽井沢まで行ったのに、

たったこれだけ!!

後悔先にたたず。




ハルニレの北欧ショップにも、寄りました。



今回は、絶対に寄らないと、決めてたのに、

主人が、お店の人と目があって、

会釈をしてしまった。




あの笑顔に弱い。


06_01_0623


06_01_0624


今回は、食器などには、ご縁がなく、

なぜか、この季節なのに、

毛糸!!


スウェーデン製。




袋から出してみたら、毛糸の匂いが

ぷんぷん。香る。




後で、よくよく考えてみると、

自分の想定外に、高かったこの毛糸。


また、冬がめぐってきたら、大切に使おう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

いつも、クリック下さる方、ありがとうございます

クリックいただけると、

読んでいただけたとわかって、本当にうれしくなります。

|

« きらきら であれ | トップページ | 薔薇と蕎麦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃおさん、後ろ姿もステキです(゚▽゚*)
猫背じゃない背中に、哀愁漂ってます。

本が倒れそうで怖い!
私は家が傾きそうなくらいに、
本棚に本を入れてるのが好きだったけど、
最近は「モノ」は持たない!と決めてから、
思い入れのある本だけは手元に置いてます(゚ー゚)
でも、それをまた選別するのも難しいし、
また買っちゃったりするんだよね・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: けろ | 2013年6月 7日 (金) 13時42分

けろさん、こんにちわ。
にゃおは、まだまだ赤ちゃんで、
実は哀愁が漂うことなど、
全く無い甘ったれです。

断舎離は、一種憧れですね。
私も、要らないものは、直ぐ捨てたい。

でも、本だけは、なかなか思うようになりません。

投稿: にゃにゃ | 2013年6月 7日 (金) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きらきら であれ | トップページ | 薔薇と蕎麦 »