« コットンタイム7月号 に掲載されました。 | トップページ | ナチュラル北欧からの脱却       »

2016年6月30日 (木)

梅雨のガーデン

Img_8148_2


久しぶりの曇りです。


新しい長靴をおろして、ひと頑張りです。










長靴は、クロックスの子供用。


21.5だけど

外国のだから、少し大きめにできているので、

子供用でも、足の小さな私には、とても履きやすい。


色は、かわいい色が多いけどね。

今年の限定色だというので、選んだ赤!!
Img_8145


キルトの教室で、教えてもらったエプロンも

ティルダの赤い布でお揃いにしましたよ~~


ティルダは、布のブランドで

 なんと北欧発です。



でも、ちょっと赤のトーンが違っちゃったかな・・・・







今は、薔薇は鉢植えのものが、ぽつぽつ。

そのかわり、あじさいが全開です。



Img_8151_3


なんという色でしょう!!



こういう色になるとは、想像もしないで買ったのに・・・・


微妙な繊細な秋色アジサイのなれの果て



買った時の、きれいな色は


温室で徹底管理しないと出せないそうな。


(そんなこと、知らなかったよ。。。


 でも、うちのヒトになったからには、仕方ない。

 このショッキングな色を楽しむよ)





Img_8154




Img_8149


休憩は、アジサイの前においた椅子で。

(木の枝に誘因した薔薇の枝でよい木陰になっている)




(私は、いつも夢中になり、

 ほとんど休みませんが、

 主人が庭仕事を手伝ってくれるときは、

 
 大抵、ここに座ってます。

 いつの間にか、いつでも・・・・)





先週は、主人に あるものを作ってもらいました。


1日がかりで。




Img_8155

ぶどうも、また全開です。

手前の大きな実はピオーネだったかな??忘れた。

でも、あまり実がつかない。



しかし、奥の小さな実のぶどう (行者の水)は、年々すごいことになってます。




Img_8157




雨どいをつたって、伸びているのを見て

2階の窓の下に、梯子をつけてもらいました。




Img_8156




どうせ、おねぼうさんの私は、ブドウを食べることはできない。

多分、みんな鳥にやられる。


(ブルーベリーも3つぶしか食べれなかった。

 ジューンベリーは、5つぶ。)


でも

2階の窓から、葉っぱが見えるだけで、すごく満足なのよ~~

梯子を伝って、伸びるかな??
 

 

 

Img_8158_4


本庭のほうは、

薔薇の色がなくなって、寂しい感じだけど


それでも、自画自賛。


いい庭になってきたな~~)


いつも作業に追われて、ゆっくり眺めることなんて

本当は、ほとんどないんだけど、



それでも、自分の好きな植物を

自分の好きなように植えた庭。


私の気持ちのよりどころです。





(ここに引っ越してくるまで、土のないところに

 育った自分なのにね。。。


 草むしりが大変だったから、植物を植え始めただけなのに、


 いつの間にか、こんな場所に来てた。






 たまに作業に夢中になり、

 ハッと気がぬけた時に、

 
 ここはどこ???


 って、一瞬思う。


 よく知っている場所のはずなのに。






  年をとって、体が動かなくなった時、

 戻りたくなる場所、

 想像で戻る場所は、ここだろうと、心から思う。



 庭づくりを本格的に始めて、3年経った。

 もっと、早くから、この場所にきたかったけど

 仕方ない。

 時間が必要だったんだね。


 私の庭になるまでは。)






Img_8163_2


でも、まだまだ、庭づくりは、初心者のわたくし。


まだまだ、勉強しなくっちゃだし、

手を加えたいところは、それこそ端から端まである。

(お金、体力と相談しながら、

 毎日コツコツである。)




今までずっと、アウトドアは、冗談じゃない!!


日に焼ける。
蚊に刺される。

家の中にいるのが一番。


と、思ってたけど、


今は、日に焼けるのよりも、薔薇の水切れが怖い。


こんなはずじゃ、なかったんだけどなぁ~





でも、にゃおと一緒で

今では、とても

愛おしい植物たち。


なるべく仲良く暮らしましょう。





ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックしていただけると、本当にうれしいです。
更新意欲も高まります。

どうぞ、お願いします。

|

« コットンタイム7月号 に掲載されました。 | トップページ | ナチュラル北欧からの脱却       »

ガーデン」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コットンタイム7月号 に掲載されました。 | トップページ | ナチュラル北欧からの脱却       »