« こねこ古道具店、初開店 | トップページ | 薔薇のはじまり、はじまり »

2017年4月21日 (金)

にゃお、怒る! 

Img_20170323_150606612x816



日曜日、軽井沢にいってきました。






が、


あわや、一大事になるところでした。

 

Img_20170212_131635612x816

軽井沢にお出かけの時は、必ず、

にゃあちゃんと一緒です。



が、、、、、



いつもは、おとなしく待っててくれるにゃあちゃんが・・・・








天気がよくて、

熱いくらいだった日曜日。





私はお花を買いに行きました。


(ガーデニングマニアなら、

 必ず御用達の

 おぎはら植物園。



 上田のお店の方が大きいのですが、

 軽井沢店は、上田店の1/4?くらいの大きさながらも

 社長の奥様がいて、

 色々相談に乗ってくれるので、

 最近は、軽井沢店がお気に入りです。)




途中、おさいふを取りに車にもどったら、

だんなは、車のドアをあけて、

ドアから足をつんだして、寝ている。




ドア開けっぱなしにして、大丈夫?

にゃおは?」



と聞いたら、

「その辺にいるだろう」ということなので、


(いくら、だんなでも、

 自分の前をにゃおが通れば触れるので、

 わかるだろうと)


熱いので、椅子の下にでも潜ってるんだろなと

思って、店に戻ったが。。。。。。





さて、支払って帰ろうと思ったら、


ちょうど、外にでてきた

お店の奥さんが、


「あれ~~、めずらしい猫がいる~」



というでは、ありませんか。

嫌な予感がして、そっちをみたら、







やっぱり、にゃおだ!!

にゃおくんが、車から出て、


道の真ん中を、ゆうゆうと歩いている。




いつも、家にいる時もびびりで、

ひとりで決して外にでない子なのに・・・・・・




あぁ~~~~~~~~~~

こんな軽井沢で捕まらなかったら、どうするんだ。





逃げるにゃおを追う、だんなにハラハラする。





「追いかけると、どこか入っちゃうよ」と、


奥さんが言うので

だんなに

「追いかけないで~~」と、叫んだとたん、


寸でのところでつかまった。




よかった。よかったと、しばらく、みんなで

大騒ぎ。





もし、わからないで、車を出発させていたらと、


ぞぞぞぞぞ~~~~~~

私は、もう軽井沢から一生抜け出せなかったかもしれない。




でも、よかった、よかったと、

にゃおを抱っこすると、ちょっと様子が違う。




私には、「にゃぁ~~ん」と、小さな声で鳴いて、


だんなにむかっては、


「はぁ~~~、はぁ~~~、ふぅ~~~~~」と、

歯をむき出しにして怒っている。




以前、

私が車から降りて、

だんなと二人にさせると、

怒ることもあったけど、

一度、うなったくらいで、おさまった。


(私がいなくなると、だんなのせいで

 追い出されたと、思うらしい。)



でも、今回は、何度も、

「ふぅ~~~はぁ~~~~」と、だんなにむかって

 

抗議している。




多分、私とだんな、お店の人たち、

みんなが大騒ぎしたのが、

怒られたと思ったか


もしくは、

 (自分で帰ろうと思ったのに、

 つかまえやがって)とか、


(にゃにゃを探してたのに)とか、


思ってたのだろう。




捕まえただんなにむかって、しばらく怒っていた。


面子をつぶされたと、思ったのだろうか。。。?





そこで、めでたし、めでたしと、帰ればよかったのに、


つい、いつもの調子で、


ハルニレテラス、

TSURUYA で、買い物。



そして、

軽井沢の骨董の師匠にお菓子を持っていったら、

「この間の話をきかせてもらおうじゃないか!」

(さくら祭りのこと)


と、夕飯を一緒に食べようと誘ってくれたのだ。




(楽しく、お話し、

おいしいお店を教えてもらって、

ごちそうまでしてもらった。)




それから、師匠のお店で、少し話をしていたら




また、だんなだ!!!!!

 

もう、開けっ放しにしないといったのに





運転席の窓全開にしたままで、



また、にゃおが外に出ている。






今度は、18号沿い、


車がびゅんびゅん走っている。



あせった。あせった。




でも、今度も無事つかまった。




もう、だんなめ~~~~~

だんなのやることなので、

(だんなのことは、多少あきらめてはいるが)


いくらなんでも

もう少し、気をつけられないのだろうか。。。。







その日は、家についてからも、

にゃおは、怒っていた。

いつも、いじけたり、すねたりすると、

私のアトリエにある、

にゃおのベッドに、寝てたりするのだけれど、


今度も、ベッドの上、

ひとりで2階にあがったまま、降りてこない。



迎えにいって、下につれてきても、

ソファーの下に入ってしまう。

にゃお~。ごめんね。


師匠との話に夢中になって、

にゃおをちょっと

ほっぽりだしちゃったのかもしれないね。




早く帰りたかったのに、我慢させちゃったね。



ごめん。ごめん。

あのまま、捕まらなかったらと思うと、

ぞっとし、

今いるにゃおにホッとすると同時に、


にゃおがとてつもなく、かわいく思えて仕方なかった。

にゃおは、主張してる!

 

『僕をみてよ!』

 

『僕を勝手につかまえて、大騒ぎして、僕は悪くないよ!』



とか、

こんな風に、私たちと、同じ仲間として


にゃおの意見を、堂々と伝えてくれたようで、

なんか、もお、かわいくて、かわいくて。



(私の言いたいこと、伝わってるかな?

 ひとりよがりで、何いってるか、わからないかな?)




ただの猫じゃなくて、

家族の一員として、意見をいってくれたようで、



やっぱり、にゃおは、にゃおだ。

にゃおという、キャラクターだ。



ただの猫じゃない。



(そもそも、オギワラで買った

 キャットミントでご機嫌をとろうとしたら、

 近づけた途端、顔をそむけた。。。。

 猫じゃない。)

彼はただの猫として、

奔放に生きることを知らないで


飼い猫として、生きるしかなくて

飼い主がすべての猫生を選ばされている。


でも、私に合わせてくれたり、

にゃおの言いたいことを伝えようとしてくれてる。



なんか、

このちっちゃい猫ちゃんに、感情、個性があるのが

ほんと、かわいくて、



ほんとうに、にゃおありがとう。


にゃお、かわいい、ありがとう。

って、思ってる。


もっと、もっと、仲良く、暮らしていこうね。


にゃおのいうこと、もっともっと、話を聞くよ。




追記


夜、私が寝た頃になると、

そっと、くっついてきた、にゃあ子。



照れ屋なので、いつも私が寝入った後、

ひそかに甘えているのを、


私は少し知ってます。

(本当に、熟睡した時のことは、わからないから)




でも、その頃、私は、

にゃおのために、寝たふりをしながら、

だんなに対する怒りのため、

眠りをさまたげられていたのでした。




だんなめ~~~。

1度ならず、2度までも~~~~。




でも、そのうち、にゃあこの重みを感じているうちに

私も寝てしまいましたとさ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックしていただけると、とてもうれしいです。

よろしくお願いします~

|

« こねこ古道具店、初開店 | トップページ | 薔薇のはじまり、はじまり »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こねこ古道具店、初開店 | トップページ | 薔薇のはじまり、はじまり »