Post card

2013年12月 6日 (金)

クリスマスのコーナーに模様替え

13_12_06_1076


少しずつですが、

部屋を クリスマス風に飾りつけしていきたいと

思います。










まずは、このコーナーから。

03_28_0533









アァルトの棚の下の、ストーブを移動します。




13_11_12_1034_2
















続きを読む "クリスマスのコーナーに模様替え"

| | コメント (2)

2009年2月 3日 (火)

イギリス犬


Photo

とうとう、2月だ。

2月8日にスタートしたこのブログ。

(ここでは、2月18日からになっているが、
 実は、他のプロバイダーで
 2月8日に始めて、引っ越してきたのだ)


無事、1周年を迎えられそうである。



最近は、以前、記事で書こうと思って
忘れてたものなかったけ?

と、過去ネタより、ひっぱりだすことが多い。

(カメラの調子が悪いので
 写真をアップするがめんどくさい・・・)



そしてね~~

( イギリス猫 )のことを書いた後、
すぐ、イギリス犬』も書こうと、思っていたんだけど

もっとたくさんあったはずのイギリス犬の
材料がみつからなかったのだ。。。。

今も見つかんない。

でも、いいのだ。
もう、待ってらんない。
今日は、イギリス犬。


続きを読む "イギリス犬"

| | コメント (12)

2009年1月 6日 (火)

雑貨10連発 その①

Rimg4200 

実は以前から、ちょっと悩んでいた。

このブログ・・・・


いったい何のブログ何だろう????


自分で書いていて分からなくなってしまった

続きを読む "雑貨10連発 その①"

| | コメント (14)

2008年11月12日 (水)

字の下手な人からのお願い ~アンティークカードに寄せて~

Photo_10

結構、箱好きなのかもしれない

昨日は、布で作った箱でした。
(→    久しぶりに古いものを買った )

(他 → プチドリーム箱化計画 )


今日は、市販の木の箱をペイントし
切り抜いた紙を張っただけの
簡単ボックスなのだけれど

中身は濃い~い。




『コレクターになるのは、止めよう。』

今まで何度も、
色々な物にハマリ、
そのたび、コレクションを揃えることに
夢中になってきた。

その結果。。。。


その波が去った後の
モノの置き場所を考えると、
もう、どんなものでも、コレクションするのはやめようと、
さすがの私も懲りていた。



でも、これだけは、
集めようと思ったわけではないのに
いつのまにか、集まってきている


箱の中身   じゃ~~ん。
        ↓



Photo_11


アンティークのポストカードたち。
別にもう1箱ある。



たかがカードであるが

めずらしい柄は
 

(特にエンジェルがついていると高値)

なんと
1枚7000~8000円くらい

安いもので1500円くらい。

平均、3000円前後のものが多いであろうか



費やした金額の事は、考えたくもない。

(たかが、紙一枚。
 でも、欲しくなるのは何故だろう???)



そして、もちろん、未使用のモノのほうが
価値はあり、値段も高くなるのだが
私は、断然 
使用してあるハガキのほうが良い!


でも、使用済みと未使用品
持っているのは、未使用のほうが多いかな。


中には、表より(厳密には多分裏)
美しいものもある。



これなんて、どう?

Photo


結構、上手なほう。

お店の人がお話していたが
この時代はやっぱり、
美しい字を書くことが教養、ステイタスだったそうで
字の練習はたくさんしたそうな。



一番、素敵だったのはこの人。

Photo_2

インク自体も、鉛筆に近い色というか
普通のペンの色より、シルバーに近い色で書かれている。



ポストカードを見始めるといつも
私は遠いところへ旅立ってしまう。

大体こういったカードは、
大体1900年初頭のものが多い


100年以上は経っている。


誰かに当てたメッセージ。
受け取った人も、送った人ももう、確実に
生きてはいない。

それなのに、このカードをながめていると
書いた人のペンをもつ横顔、
当時の部屋の様子まで
浮かんでくるような気がする。

(その手の才能があるわけではないので
 浮かんでくるような 気 がするだけで
 本当に映像を受け取ることは皆無ではあるが)

あて名を見ているだけで、しばらくは遊べる。


あっ、こんなヘタクソ?な人もいるよ。

Photo_3

これは、読めない。
読めないのは、
私が英語がわからないせいじゃないもん。
読みずらいからだもん。

と、言い訳できそうな人。
親近感湧くなぁ~~

よく、アンティーク好きな人が言うが
『年代、国を飛び越えて
 そのものが自分の部屋にあることが不思議だ』
というが、本当にそう思う。


100年前の人よ!
もしかしたら、
会えぬ恋人にあて
愛しい恋心を溢れるほどの情熱で、したため
涙をインクに溶かし
書かれたハガキかもしれない。


字が下手といわれた人よ!
もしかしたら、
年老いた母親が
都会に離れ住む娘を心配して
震える手を懸命に抑え、やさしい気持ちをこめて
書かれたハガキかもしれない。


そして、一番素敵な文字の方よ!

もしかしたら
没落しかけた家を救うために、泣く泣く
政略結婚をしなくてはならぬ相手に向けて
ご機嫌を伺うために
社交辞令的なハガキを書いたのかもしれない。

あぁ~~~、よかった。
私、英語が堪能でなくて。


いくらでも、楽しめる。



しかし、もし万が一、遠い将来
私が過去、友達などに書いた絵葉書が
何かの偶然で、ずっと現存し続け
販売の波に乗ってしまう という事態が起こったら
お願いですから、
日本語のわからない人のところへ
渡ってくださいますように


切実にお願いします。


今度から、
アンティークのハガキを見るときは、
このことを思い出して、
いちいち、お願いすることにします。

それとも、ここで
他人のカードを「へたくそだねぇ~」と
あくまでも、ほほえましく
笑った報いを受ける日はくるのでしょうか?


でも、私本人が
読まれたことを知る日はないから、
まぁ、お互い様。
良しとしよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

. Antique Sampler トップページへ

| | コメント (10)

2008年11月11日 (火)

久しぶりに古いものを買った (10分のおよそ1)

Photo

私、本来は、こーゆーのが大好きな人間である。

花柄、レース、エンジェル
繊細なものが好き



(繊細モノ好きが、性格や行動にも
 現れればいいんだけど・・・)

(でも、レースひらひらのワンピや、
 花柄フレアのスカートが好きって訳でもない。)


いつも名前負けしているブログ
全然、『アンティーク・サンプラー』になっておらん。

超久しぶりにアンティーク
(これってアンティークかな??)
をご紹介できて、ホッとしてます。

(自分に言い訳がついた感じ~~)



見つけた時、最初はクロモスに目が行った。
かぁわぃ~
(そして、お買い得値段だった。)

            *******************

クロモスとは、
クロモ(色)リトグラフ(石版印刷)の略

現行品でも、アンティークの柄を利用し
復刻されているのを、たまに見かけるけど
本来は、切手シートのように、
小さなモチーフが何枚か繋がっており、
1枚の紙になっている。            

           ********************

(おぉお、アンティークを紹介する
 ブログらしくなってきたではないか!)


でも、せっかくだからと、
ちょっと高いかなぁと思ったけど、
ポストカードも買うことにした。

お店の方も、このカードは
(人気だけど、なかなか見つからない)
と言っておられたので
この値段は仕方ないだろうな。


このカードが欲しかった。
だって。。。。。

続きを読む "久しぶりに古いものを買った (10分のおよそ1)"

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

し お り 

Photo

そういえば、こんなものも買った。


国立新美術館のSHOPで


なんだろう??


って、思った。


しおりだって。



実用にはどうだろう?と、思ったが買った。
こういうのは、結構好き。

紙モノ大好き。


そして、取り出したもうひとつの紙。

Photo_2

生ハムの絵かな?

なにに使うのだろう?

お店のディスプレイ、子供のおままごと?

わからなけど、買った。

今まで、何の役にもたったことはない


なぜ、こんなものを買ったのか、

自分でもわからない。

(一応、イギリスの古いものである。
 スーツケースに入れ、
 まがらないようにして、持ち帰った)



Photo_3

そして、例のしおりをおいてみる。

なんてことは、ないけど

なんとなく満足。

あとは、しまっておくだけ  なのだけど。



おまけ

他にも、使わないけど、もっているしおりが
いくつかあった。


雑貨屋さんで、たまに見かけますね?
東欧だっけ??のしおり


Photo_6

ティーポット
Photo_7



こちらは、始めて
実用しようと思って、買ったのに。

使ってみたら、
挟む部分が厚くて
本に跡がついてしまう。
本を偏愛する私には許せない。
もう、使ってない。
Photo_8 


一番、しおりに便利なのは、
好きなブランドのお洋服のタグ


傍から見ると、貧乏くさそうだけど
私にとっては一石二鳥。

だって、好きなブランドのものは
タグだって
捨てられないんだもの。


ヒモもついてるし、便利です。



ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

Antique Sampler トップページへ

| | コメント (2)

2008年8月 6日 (水)

長年の悲願、ボタンシート

Photo

やろうと思いつつ、何年も。
始めてしまえば、簡単なことなのに、
取り掛かれない。

そんなことってありますよね。
特にわたしは
めんどくさがり屋なので、
その傾向が激しい。


でも、先日とうとうやりましたよ
誰もが思いつくようなこと!

ボタンシートを作り、ボタンを縫い付けること
とうとう実行しましたよ。


こんなことでも、
自分の不器用さ、最大発揮

厚紙にアンティークのカードをコピーしたものを
貼り付けていくのだが、
台紙がそっていく。


でも、まぁいいや。
気にしない。

ボタンが一目でわかればいいのだから。


『このカードには、このボタンにしよ~~』

ちょっと、その辺は楽しい。


でも、5~6枚くらい作ったところで飽きた。
結構時間も掛かった。

長年の計画を達成でき、満足だが
これだけは確実にわかる。


『これらのボタンたちは
 半永久的に使われることはないな。』

せっかく縫い付けたのに、
外すようなことは、きっとできない。

やっぱり、自分の性格にあわないことは
(きっちり、きれいに収納)
するもんじゃないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ ランキング、参加しています。
        ←1クリックよかったらお願いします。

. Antique Sampler トップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

乙女の文通

Photo_6 

実家を片付けていたときに、
出てきた手紙の束。
50通くらいあった。

消印は大体、
昭和28年から32年
(なんと、最古のものは55年経っている。)

もう、孫がいる叔母が
お嫁にいくなんて、まだまだ先。
まだ、若かりし高校生の頃、
文通していた人からきた手紙だ。

文通、この響きだけで
  なんて、乙女なの。きゅんとくる。)


手紙の中身をみることは、はばかれるので
封筒やハガキだけ眺める。

山口縣都濃郡都濃町
山口縣下松市花岡大黒町
高知県中村市
和歌山県有田郡箕島町

地名だけで、うっとり
もう、現在では残っていないような地名。
(現存しておりましたら、すみません)
同じ日本ではなく、物語に出てくる町みたい。


男の人とも文通していて、
まぁ、なんておませな叔母 !
と、思うものの、
暑中見舞いのハガキの内容は

思うように勉強がはがどりません。
 お互いにこの夏休みを健康で明るく過ごしましょう


との事。
あぁ、これはこれでたまらないな。
清く、正しく、美しく

切手はみな、同じ。
ワントーンなのが、とってもレトロ。
そして、封筒の宛名は、万年筆で縦書き。
サイズはとても小さなものもある。
そして今では考えられないほど、かわいい

Photo_7

Photo_8

こんなかわいいものが
本当に日本で
普通に流通していたのでしょうか?

(雑貨屋さんなど、もちろん無い時代。
 町の文房具屋さんで売っていたんだよね?)


乙女な女子に健全な男子が暮らす国。
あぁ、行ってみたいなそんな国。
(特に、山口縣花岡大黒町あたり)

これから、夢見心地に妄想にふけります。

遠い空の皆様、御機嫌よう。
左様奈良

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ よろしかったら、1クリックお願いします。

Antique Sampler トップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

イギリス猫

Rimg11879_5 

最近、気に入って読んでいるのが、この本。
イギリスについての本だ。
とっても、
ガーリーで岡尾さんチックな本である。
(スタイリスト・岡尾美代子さん)
寝る前に、大切に1ページずつ、眺めている。

その中に『イギリス猫』 のページがあった。
私も真似して、
イギリスであった猫たちをご紹介します。

Angel_5
Angel_6 
『Angel』という、骨董市にいく途中であった猫ちゃん。
毛がふかふかしていて、とてもかわいかった。


Londonから、電車で2時間くらいだったかな??
Bath(バース)の町。イギリスの有名な観光地。
barh=バスの語源にもなった処で
古代ローマ人が温泉を発見し、
大きな入浴場を作ったあとがあります。

The_3 

Photo_7  

この街角を歩いてきた
バースの猫。

 




Photo_20
Photo_19   
かなり、お愛想を振りまいてくれて
こちらが恐縮してしまうくらい、触らせてくれた。
猫に飢えていた私は、
彼(?)のおかげで旅行中乗り切れた。

Photo_14 



バースにあった
アンティークレースのshop



そして、こちらが連れ帰った猫ちゃん。

Photo_15
ポストカード。
他の国のものより、こっくりとした色合いに感じる。
クリスマスカードみたいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ よろしかったら、1クリックお願いします。

Antique Sampler トップページへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)